名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

飯塚真玄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

飯塚真玄のプロフィール

飯塚真玄、いいづか・まさはる。日本の経営者。TKC会長。栃木県出身。早稲田大学商学部卒業後、父の創業したTKCに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。同社を片田舎の会社から大きく成長させた。そのほか、財団法人飯塚毅育英会理事長、栃木県経済同友会副代表幹事、宇都宮大学経営協議会委員などを務めた経営者。

飯塚真玄の名言 一覧

最近つくづく思うのは、晩節を汚してはならないということです。せっかくの偉業や名声も退き際を間違えると、一瞬にして崩れ去ります。要因は、一に金銭、次に異性、そして名誉でしょう。


機構を整えただけでは組織は機能しません。そこに必要不可欠なのは理念であり、行動指針です。


飯塚真玄の経歴・略歴

飯塚真玄、いいづか・まさはる。日本の経営者。TKC会長。栃木県出身。早稲田大学商学部卒業後、父の創業したTKCに入社。取締役、専務などを経て社長に就任。同社を片田舎の会社から大きく成長させた。そのほか、財団法人飯塚毅育英会理事長、栃木県経済同友会副代表幹事、宇都宮大学経営協議会委員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

中畑清

一人の力なんてたかが知れているものです。だから何かを実現するためには、誰かの協力が不可欠です。もし実現したい夢や目標があるのなら、それをことあるごとに語っていかなければ協力者は得られません。


イゲット千恵子

日本企業は決断に時間がかかりすぎますね。日本企業とビジネスをしてもなかなか決まらないため、結局、よその企業と契約してしまう。スピード感がまるで違います。


山口哲史

以前、私の会社はスポーツアイテムが通信販売の主力商品でしたが、他社の参入で売上げが落ちていた。その時期に現在のオーガニック商品への転換を決断したのは、ランニング中の直感があったからこそ。おかげで業績は回復しました。それ以来、走ればビジネスのいいアイデアが浮かぶと思い、週末の習慣になっています。


鈴木あや(IBM)

上司が苛立ちを感じるのは、自分が想定していた期限を過ぎても部下が仕事を終わらせていなかったり、報告をあげてこないときでしょう。このタイプには仕事を割り振る段階で、期限がいつなのかをはっきり伝えておくことです。部下から「そんなに早くですか」と言われることもありますが、そのときはそこで話し合い、期限を決め直すなりすればよいことです。


菅下清廣

初心者の場合、いきなり投資してはいけません。最初は3か月から半年ほどかけ、「投資頭脳」を鍛えます。手始めに、株式投資で成功した人の本を2~3冊読み、投資家の考え方を学んでください。私のお勧めは、アメリカ人投資家のニコラス・ダーバスが書いた『私は株で200万ドル儲けた』という本です。株の知識ゼロだったプロのダンサーが、失敗を繰り返しながらも独自の必勝法を編み出し、成功を収めるまでが綴られています。その他、著名投資家のブログを読むのも勉強になります。次に、本で投資家のものの見方や考え方を学びつつ、自分でもシミュレーションを始めます。額を決め、架空の投資をしてみるのです。何度か試して投資の感覚がわかってきたら、いよいよ実戦です。


真藤昌瑳熙

上司が自立的であればあるほど、部下は上司への依存を強めていきますから、部下は育たない。


田中ウルヴェ京

ストレスはよくないものと決め付けるのは間違いです。ストレスは、人が生き残るための危機管理能力としてあるものです。例えば、原始時代に遡れば、目の前に突然、ライオンが現れたら、怖い、死にたくない、「逃げなければ」と瞬間的に逃走本能が働く。または、怒りの感情で、やられまいと攻撃的な闘争本能が働き、戦うエネルギーがみなぎったりするわけです。


田中良和(GREE)

ユーザー数が伸びるのは良いサービスを作っているからです。そして、売り上げが伸びるのは、そこに価値があるからです。


中村健一郎(経営者)

私は起業を決意するまで、夢を持つことができませんでした。夢や目標を持っている方のエネルギーはときに他を圧倒します。私自身、自分の夢を持った時から、自信のようなものを持てるようになりました。


太田健自

ビジネス英語は、文法を覚えるのが目的ではなくコミュニケーションの道具として活用することにある。そうであれば文法の精度は7~8割で十分。なるべくリアルなシチュエーションを頭の中に描きながら勉強するのが大切で、電話会議やテレビ会議など機会があれば積極的に話してみることです。


高原豪久

オーガニックコットンを利用した紙おむつ「ナチュラルムーニー」は、本来紙おむつが持つべき吸収力や吸収スピードという点では必ずしも優位性はない。その一方で、柔らかさや自然由来の材料を使うといったところに焦点を当てた商品です。地球環境にやさしく、自分の子供に使わせたいという母親の自己実現欲求に沿う商品なのです。そうした商品の重要性は必然的に高まると思っています。


假屋崎省吾

花の修行をしながらマクドナルドでアルバイトをする日々。けれども、将来の望みが見えていなかった一方で、「たとえお金にはならなくても、一生、花の仕事に携わっていこう」という気持ちに迷いはありませんでした。不安であっても、毎日が充実している。そんな不思議な精神状態だったことを覚えています。
【覚書き|修業時代を振り返っての発言】