名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

風間八宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

風間八宏のプロフィール

風間八宏、かざま・やひろ。日本のサッカー選手(MF)、監督、解説者。高校生時代、3年連続で静岡県高校ベストイレブンに選ばれる。FIFAワールドユース選手権日本代表に高校生で選ばれる。筑波大学在学中、スペインW杯アジア1次予選にレギュラーとして出場。大学卒業後、ドイツのバイヤー・レバークーゼンIIとアマチュア契約で入団。ドイツの2部、3部リーグでプレーする。帰国後、日本サッカーリーグ2部のマツダSCに入部。Jリーグ発足時にサンフレッチェ広島に移籍。Jリーグ開幕戦で日本人選手Jリーグ初ゴールを決めた。同チームにてキャプテンとして活躍し、サントリーシリーズ優勝に貢献。サンフレッチェを退団し、再びドイツで1年プレーしたのち引退。サッカー解説者を務めながら、サッカー指導者となる。桐蔭横浜大学サッカー部監督、筑波大学蹴球部監督を経て、川崎フロンターレ監督に就任。そのほか、日本サッカー協会理事などを務めた。

風間八宏の名言 一覧

自分が大切にしているのは逃げないこと、ブレないこと。いまの自分をさらけ出すことを恐れず、いまの自分たちの力で勝負していく。


自分には修正という概念はありません。修正とは現状に戻すだけで横ばいです。目指すのは進化です。


どんな状況でも、どうすれば自分の武器を出せるのかを考える。人とは違うやり方でいい。絶対に揺らがないものがひとつできれば、そこから一気に見えるものが増える。


ふと、自分も周りの常識に流されていないか、と思ったんです。監督になった途端、選手時代に大切にしていたものを忘れてしまったかもしれない、と。自分が本当にしてきたことを思い出して、やってみようと思いました。


西ドイツのレバークーゼン時代、精肉店のサイン会に行けといわれたら行ったし、ドイツ語も本気で勉強した。怖くてもいろんなことをやると、見えてくるものがある。引退後、解説者になってからも頼まれた仕事は基本的にすべてやるようにしました。女子アナチームの監督も引き受けましたからね。


僕に人から学ぶなんて発想はないんです。常に目の前の相手を超えることしか考えていない。名将といわれる人の練習を見る機会があっても、「どうやったら勝てるか」しか考えていません。


練習で追い込んで追い込んで、もう一人の自分を出すんです。子供のときは、重圧で試合前に吐くこともありました。


40代になって思うのは、「40代って楽しいな」ということ。これまで一緒に頑張ってきた仲間が決定権をもつポジションに就くようになったので、「これをやりたいな」と思うと、実現することが増えたんです。ビジネスの世界でも、30代のとき、目の前の仕事に必死に取り組んだ人には、きっと楽しい40代が待っているんじゃないでしょうか。


現役を引退したときは、ちょっと困りました。サッカー以上に本気になれることが思い浮かばなかったんです。そこで、「これからは、とりあえずなんでもやってみよう」と頭を切り替えました。だから、フジテレビから解説者の話がきたときも、「マスコミ嫌いといわれた俺が?」という思いはあったけど、一年契約でやらせてもらうことにしたんです。やる以上はとことんやりたいタイプなので、最初のころは週に12~13本も解説をしていました。さすがに目が悲鳴を挙げましたけど、とてもいい勉強になったと思います。


僕は、何かを始めるとき、実現可能かどうかはあまり考えないんです。むしろ、本気で望んでいることかどうかを考える。本気じゃないと、実現できない壁ばかりに目がいってしまう。逆に、本気で望んでいることなら、「どうすれば実現できるか」を必死に考えるでしょ。


正直、当時のサンフレッチェは戦力が豊富なチームではありませんでした。でも、本気で勝つことにこだわったら、94年のファーストステージで優勝することができた。


Jリーグがスタートしたとき、僕はすでに31歳。普通、サッカー選手で30代というと、あまりいいイメージがありませんよね。でも僕は、20代に5年間プレーしたドイツで、素晴らしい30代の選手をたくさんみてきていました。彼らは経験だけでなく、フィジカル(肉体)でも決して若手に負けていなかった。だから、年齢のことはあまり気にしていませんでした。それより、「サンフレッチェを勝たせるにはどうしたらいいか」ばかり考えていましたね。


風間八宏の経歴・略歴

風間八宏、かざま・やひろ。日本のサッカー選手(MF)、監督、解説者。高校生時代、3年連続で静岡県高校ベストイレブンに選ばれる。FIFAワールドユース選手権日本代表に高校生で選ばれる。筑波大学在学中、スペインW杯アジア1次予選にレギュラーとして出場。大学卒業後、ドイツのバイヤー・レバークーゼンIIとアマチュア契約で入団。ドイツの2部、3部リーグでプレーする。帰国後、日本サッカーリーグ2部のマツダSCに入部。Jリーグ発足時にサンフレッチェ広島に移籍。Jリーグ開幕戦で日本人選手Jリーグ初ゴールを決めた。同チームにてキャプテンとして活躍し、サントリーシリーズ優勝に貢献。サンフレッチェを退団し、再びドイツで1年プレーしたのち引退。サッカー解説者を務めながら、サッカー指導者となる。桐蔭横浜大学サッカー部監督、筑波大学蹴球部監督を経て、川崎フロンターレ監督に就任。そのほか、日本サッカー協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤義剛

今後は光の用途を、「ものづくり」から、「ことづくり」に広げる必要があるでしょう。消費者の方々が求めているのは、照明という「もの」を買って所有することではありません。その照明のおかげで、暮らしがどんなふうに豊かになるか。安全で心地よく過ごせるか。その「ソフト」としての照明を考えていくべき時代に来ていると感じています。


阿部サダヲ

僕は役者に憧れていたわけではないんです。高校を卒業した後、家電量販店に就職して普通に働いてました。だから、「大人計画」に入るまで演技経験もなかった。でも、その「知識も経験もないこと」が、いい意味で僕の強みになりました。


土井英司

自分の専門を突き詰めるのも大切ですが、たまにはそこから抜け出して、視野を広げることも大切なことだと思います。本も人脈もそうですが、未知の分野に接するのは、確かにストレスがたまります。しかし、それを怠っていたのでは、いつまでたってもいい勉強はできないと思います。僕は医学書なども読んだりします。


松下幸之助

経営者の決断ということに関して言えば、とらわれた心を持って事を判断してはいかんということです。名誉欲にとらわれたり、世間の評判にとらわれたりしない。そういうものにとらわれないで、笑えば笑え、自分は正しい道を行くんだという強さが一面になかったらいけませんな。


アラン(哲学者)

怒りと絶望はまず第一に克服しなければならない敵である。それには信じなければいけない。希望を持たねばならない。そして微笑まねばならない。


藤井聡

「協力する力」が進化するには、「裏切り者検知能力」が必須だ。例えば100人の人間がいて、全員協力すれば世の中うまくいくが、1人でも裏切り者がいて、協力する素振りをして裏切り(詐欺)を続ければ、この1人に99人は搾取され、秩序が破壊される。例えば銀行という組織は着服する行員が1人もいないことが前提であって、誰か1人がバレずに巨額な着服をし続ければ、いずれは倒産する。だから協力が進化するには、裏切り者を検知(発見)する能力が不可欠なのだ。つまりイヌが嗅覚を高度に発達させることで生き残ったように、社会的な存在である人間は裏切り者(悪者)を見破る能力を進化させることで初めて繁栄を手にしたのである。


豊田泰光

チームの置かれた状況や、そのピッチャーの将来を考えたとき、140(球)でも150でも投げるべき場面が必ずあると思うんです。そういう「ここ一番の勝負どころ」は、一生に何べんも来るわけじゃない。だから、指揮官はそのとき「今日はお前一人でがんばれ」と言わなきゃいけません。


堤康次郎

考えてみると、自分一人でコツコツと仕事をやっていくのならいくらかずつでも積み重ねていけるが、大きくやろうと思って人を使って事業をやるには自分はまだ資格ができていない。真珠をやろうとしても、御木本(日本の真珠王、御木本幸吉)という長年苦心して築いた人と競争しなければならない。船をやるにしても、砂原で船をこしらえるようでは本格的な造船所と太刀打ちできるわけがない。自分はまだ20歳代で判断力もいかに乏しかったことかと深く反省した。
【覚書き|多くの事業に手をだし失敗した当時を振り返っての発言】


西田文郎

どんな困難があっても「自分はできる」と、そんな楽観的な思考が、壁を楽々と乗り越える原動力になる。否定的な意識をなくすと、壁という認織すらもなくなる。


山中伸弥

初めて米国に行ったのは30歳ぐらいで、もうずいぶん昔になります。「昔取った杵柄」というわけにはなかなかいかず、英語には今も苦労しています。英語を勉強する時はジョギングしながら、NHKラジオの「ビジネス英語」を何度も聞いています。


アンジェロ・ボナーティ

ブランド育成で何より大事なのは一貫性です。一度、こういう売り方をしよう、こういうブランドにしようと決めたら浮気はせず、その方向性を貫くことです。


椙岡俊一

阪急うめだ本店は、顧客ターゲットを「アッパーミドル」に定めています。この層に訴求力のあるイベントを企画して見に来ていただき、さらに商品を求めていただかなくてはなりません。