名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

風間健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

風間健のプロフィール

風間健、かざま・けん。日本のキックボクサー、俳優、武道教育研究家。愛知県出身。空手、キックボクシング、少林寺拳法、剣道、柔道、棒術など様々な武術・格闘技を学ぶ。キックボクシング東洋ミドル級王者、フルコンタクト空手世界ミドル級王者などを獲得。国士舘大学武道・徳育研究所顧問を務めた。

風間健の名言 一覧

使命は人に与えられるものではなく、自らが判断し、自らに課すものだ。そう思えれば、義に反する行為に対しては戦いも辞さない覚悟ができますし、逆に無益な諍いは避けるようになるものです。


武士道で重視されるものに「義」と「仁」があります。義は道理です。道理は、人の道に照らしてどうかということ。仁は思いやりです。争いごとの仲裁でも、私はこの義と仁の精神がとても大切だと思います。


私は、生きるうえで武士道の精神を信条としています。武士は、社会のなかでの使命を、自ら任じて生きていました。自分の信じることのために行動する。それが原理原則です。


人は、単に指示や命令をすれば動くというものではありません。武道でも、命令されてやる稽古はつらいばかり。「これが正しい。この方法でやりなさい」と一方的に押し付けられれば、弟子たちに鬱憤もたまります。それが会社なら、たまった鬱憤は往々にしてはじけるのではないですか。


争う者の言い分には、それぞれに道理があるはず。それを法律や規則がこうだからといって、○と×で判断すれば、一方の道理を潰すことになります正しいと思うことを否定されれば、人は誇りを傷つけられます。まず、両方の道理を認めることから始めて、両者にとって受け容れやすい落としどころを見出すのが仲裁ではないでしょうか。


揉め事の仲裁には、いわゆる人間力が問われる。両者を理詰めで説得しようとしても無理ですし、押さえつけようとすればなおさら反発する。おそらく誰にでもできるわけではないでしょう。仲裁には経験も人徳も必要です。知識として仲裁の方法を覚えるよりも、人間力という土台づくりに励むことが、他者と軋轢を生まない一番の近道。


格闘技には「捌く(さばく)」という技術があります。相手の攻撃をまともに受けては危険ですから、正対して戦いながらも、攻撃の衝撃を和らげて受け止める。相手の力を半ば受け流すのです。相手の技を捌くには、その動きを見切らなければならず、肉体にも心にもゆとりが必要。仲裁もこれと似ているのではないでしょうか。相手の心のわだかまりやいら立ちを推し量り、思いやるということができなければ、もめ事の仲裁はうまくいかないでしょう。


風間健の経歴・略歴

風間健、かざま・けん。日本のキックボクサー、俳優、武道教育研究家。愛知県出身。空手、キックボクシング、少林寺拳法、剣道、柔道、棒術など様々な武術・格闘技を学ぶ。キックボクシング東洋ミドル級王者、フルコンタクト空手世界ミドル級王者などを獲得。国士舘大学武道・徳育研究所顧問を務めた。

他の記事も読んでみる

永谷嘉男

そのまま下請けで行くか、ブランドメーカーになるかの選択を迫られ、商標登録して後者を目指すことにした。これは難しい決断だったが、経営者とは時々こういう選択肢を意識的に設定し、選んでいくべきだと思う。【覚書き|お茶漬海苔がヒット商品になったころ、一本立ちしていくか、このまま下請けでほかのメーカーの商品を作っていくかの選択を迫られたときを思い返しての発言】


吉江勝

いま求められているのは、最先端の専門知識ではなく、ちょっとした情報や知識。たとえばイカ釣りの知識を伝える本がバカ売れしましたが、著者は漁師でも専門家でもなく、ただ自分が好きだったことをまとめただけ。


永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


堀切功章

わが社の原点はあくまでも日本。国内市場の縮小を補うために、海外を拡大させるわけではない。国内で培った技術やノウハウが、海外市場での競争力の源泉となる。


高橋宏(経営者)

このごろ「小欲知足」ということをよく考えます。釈尊の言葉です。欲を少なくして足るを知るのが、幸福の要諦だと考えています。朝の充実感に身を浸していると、この言葉が浮かんでくるんです。そして、間違った道に踏み込まないでよかった、そうでなければこの充足は得られていなかっただろうなと思います。


水越豊

意思決定や議論の際は、何事も数字で定量化して考えることが大切です。数字で測定できないものは改善できないのです。


泉谷しげる

一時の達観を一生の悟りにするんじゃねぇよ。今この瞬間は満ち足りていても、明日には腹が減るだろうが。波風立てず静かに暮らしたいための身勝手な悟りは、やめた方がいい。いい人って信用されないからね。


澤上篤人

秘訣というほどのことはありません。安いときに買っておいて、高くなったら売る。投資の基本を忠実に実践しているだけのことです。


後田良輔

相手の成長ために褒める・叱るというのは、古くから受け継がれてきた日本人の美点だと思います。「昭和の頑固親父」と言えば、相手の将来を思って、ときに熱く、ときに厳しく育てる姿が思い浮かぶでしょう。それは、正社員ばかりで、終身雇用が保証されていた、高度成長期の話だろう。雇用が流動化している今は、そんな接し方は流行らない。そう思われる人もいるかもしれません。しかし、それは違います。数年後には同僚でなくなっているかもしれない。だからこそ、次の職場で立派に仕事ができるように成長してもらいたい。そう思って部下を育てる。自分の損得を越えた、相手への好意が必要なのです。


鈴木修

スズキではCEO(最高経営責任者)やCOO(最高執行責任者)を置かないことにしました。(長男の鈴木俊宏)社長が言い出したんですよ。チーム・スズキでやると。前代は独裁だったから合議制でやっていくと。会長、副会長、社長と技監の4人の四役会議で決めることになったんです。


柴本重理

理論よりも、やはり実行。これが先に出て、理論というものは後からでもいい。


伊達美和子

商品と販売チャネルが一致すれば、お客様は集まる。