名言DB

9412 人 / 110637 名言

須原伸太郎の名言

twitter Facebook はてブ

須原伸太郎のプロフィール

須原伸太郎、すはら・しんたろう。日本の経営者、公認会計士、税理士。「エスネットワークス」社長。三重県出身。一橋大学経済学部卒業後、監査法人トーマツ、マッキャンエリクソンを経てエスネットワークスを共同創業。

須原伸太郎の名言 一覧

創業来のテーマとして、クライアントのCFO(最高財務責任者)の役割を、当社として担いながら、当社グループからCFOを多数輩出していきたいと考えています。日本は大企業でもCFOの機能が弱いのが現状です。中小企業ならばなおさらのことです。CFOを育成していくことは企業にとって重要なことですし、日本にとっても必要なことです。個人顧客が相手の「相続ハウス」も、ある意味、個人向けCFOの役割を担うものと言えるかもしれません。


「相続ハウス」に近い業種には近年、急成長した店舗型の保険の乗合代理店があります。これほど普及した背景には、既存のサービスに不満を持っていた人が多かったことがあるのでしょう。相続マーケットも同じです。相続問題は、自分が死んだ後の問題なので、誰しも日常的には考えたくないことです。でも、気になっているので相談はしたいが、相談内容は多岐にわたりますから、どこに行けばいいのか分からない。そこで、すべての相談をワンストップで受け付ける一般顧客向けの窓口を展開すれば、需要はあると思ったのです。であれば、街中の目立つところに路面店の店舗展開をしようと考えました。人の「目に触れること」、かつカジュアルな店舗で入りやすくする工夫を凝らしました。


須原伸太郎の経歴・略歴

須原伸太郎、すはら・しんたろう。日本の経営者、公認会計士、税理士。「エスネットワークス」社長。三重県出身。一橋大学経済学部卒業後、監査法人トーマツ、マッキャンエリクソンを経てエスネットワークスを共同創業。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

本来、投資は未来を創ること。投資することで「どういう社会を創ろうか」と夢や意欲が出てくる。これは事業家が事業を展開することとまったく同じこと。


ベンジャミン・ディズレーリ

逆境に勝る教育はない。


岩野達志

上場はあくまで通過点であり、これからが本当のスタートだ。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

大学時代にはバンド活動や文様研究を一所懸命にやったけれど、やっていたことにリアリティはなかったんです。学生時代って、何をしてもいいからこそかえって自分を追いこめないし、やるべきことも見えてこなかった。そこには必然がなかったですから。


朝倉孝景(朝倉敏景)

人の主人は、不動・愛染のごとくなるべき。
【覚え書き|上に立つ者は不動明王のような威厳と愛染明王のような慈悲を持つべき】


高田純次

人間の欲求もある意味バランスをとるようにできていて、素直にそれに従っていればバランスよく生きられるはずなんだけど、欲求の方向が一方行だけに傾くと、それを達成したときに燃え尽きてしまう危険がある。


サミュエル・スマイルズ

鉄を熱いうちに打つだけでなく、鉄を熱くなるまで打ち続けなくてはいけないのである。


鈴木亜久里

天才じゃない限り、遠回りするのが普通でしょう。遠回りしながらたどりつけたとしたら、それがその人にとっての最短距離だったと思います。僕だって、F1の世界に来るまでの道のりは簡単なものではありませんでした。そのときに大切なのは、定めたゴールから逃げないこと。逃げたらすべて終わってしまいますから。


片山幹雄

指標と数値目標を明確にし、数値の推移を追いかければ、課題も見えてきて、改善策も打ちやすくなる。気合と根性だけではCS(顧客満足度)は向上しませんし、無駄なコストがかさみます。


中西大介

これだけ環境が激しく変わっているので、体系化された学問だけを学ぶだけで通用することはありません。むしろ、環境の変化のスピードに適応していける力が必要。


ジム・ロジャーズ

私は常に、投資で成功したければ学や歴史を学ぶべきだといってきました。いつの時代も根本的な部分で世界には何も新しいことなど起こっていません。過去に成功しえなかった政策というものは、時をおいてもうまくいった試しがないのです。


午堂登紀雄

無謀だと思われるかもしれませんが、目標は高いほうがいい。大学受験で東大を目標にして勉強すれば、そこそこの大学に入れる学力が自然に身につくのと同じ。最初は目標額をウンと高く設定したほうが、稼ぐ力がつきます。


近藤宣之

私が債務超過に陥った日本レーザー再建を命じられたときは、主力銀行からも見放され倒産寸前でした。私自身も日本電子時代には労組執行委員長として1千人のリストラに直面がその後も幹部のリストラ交渉、二度の胃潰瘍と大腸がん、日本レーザー社長就任直後に右腕の常務が部下と独立し、人材と商権を同時喪失、親会社から独立する際は銀行から6億円の個人保証を要求される、といった崖っぷちを乗り越えて今日があるのです。紆余曲折を経て私が辿り着いた結論は、「人を大切にする経営」の実践こそ、会社を再建・成長させるたった一つの方法だということ。


前川孝雄

後輩が自分で考え、やる気を持って仕事に取り組めるような指示を出すのも、リーダーの重要な仕事です。


村上太一

優先順位を決めるときは、本能に従えばいいと思います。「自分は何が好きか」「何をすると疲れるか」といった感覚に忠実になればいい。私は「この新規事業をやるかどうか」といったビジネス上の大きな決断をする際も、本能を信じるようにしています。