須原伸太郎の名言

須原伸太郎のプロフィール

須原伸太郎、すはら・しんたろう。日本の経営者、公認会計士、税理士。「エスネットワークス」社長。三重県出身。一橋大学経済学部卒業後、監査法人トーマツ、マッキャンエリクソンを経てエスネットワークスを共同創業。

須原伸太郎の名言 一覧

1 / 11

創業来のテーマとして、クライアントのCFO(最高財務責任者)の役割を、当社として担いながら、当社グループからCFOを多数輩出していきたいと考えています。日本は大企業でもCFOの機能が弱いのが現状です。中小企業ならばなおさらのことです。CFOを育成していくことは企業にとって重要なことですし、日本にとっても必要なことです。個人顧客が相手の「相続ハウス」も、ある意味、個人向けCFOの役割を担うものと言えるかもしれません。

須原伸太郎の名言|CFOを多数輩出していきたい


「相続ハウス」に近い業種には近年、急成長した店舗型の保険の乗合代理店があります。これほど普及した背景には、既存のサービスに不満を持っていた人が多かったことがあるのでしょう。相続マーケットも同じです。相続問題は、自分が死んだ後の問題なので、誰しも日常的には考えたくないことです。でも、気になっているので相談はしたいが、相談内容は多岐にわたりますから、どこに行けばいいのか分からない。そこで、すべての相談をワンストップで受け付ける一般顧客向けの窓口を展開すれば、需要はあると思ったのです。であれば、街中の目立つところに路面店の店舗展開をしようと考えました。人の「目に触れること」、かつカジュアルな店舗で入りやすくする工夫を凝らしました。

須原伸太郎の名言|すべての相談をワンストップで受け付ける一般顧客向けの窓口を展開すれば、需要はあると思った


須原伸太郎の経歴・略歴

須原伸太郎、すはら・しんたろう。日本の経営者、公認会計士、税理士。「エスネットワークス」社長。三重県出身。一橋大学経済学部卒業後、監査法人トーマツ、マッキャンエリクソンを経てエスネットワークスを共同創業。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ