名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青谷洋治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青谷洋治のプロフィール

青谷洋治、あおや・ようじ。日本の経営者。「ばんどう太郎」「かつ太郎」などを展開する「坂東太郎」創業者。茨城県出身。高校進学前に母が亡くなり家業の農家を継ぐ。その後、坂東太郎を創業。

青谷洋治の名言 一覧

本気の人には、味方が現れる。


飲食店は食を提供するだけでなく、家族や仲間との絆を深める場としての役割が求められている。


仕事に対して目標や夢を持ちながら真摯に取り組み、周囲に慕われたり、感謝されたりしながら「働く充実感」を味わうことは、何よりの親孝行。


最初の店を出す資金を融資してもらうために銀行に通いましたが断られ続けました。でも、めげずに通いました。5回目に初めて「事業計画書」の存在を教えてもらって、11回目にしてようやく融資が下りるんです。


バブルが崩壊した時、日本中を回って100年、200年も続いている店を見て回りました。そういう店には根っ子があるんです。人間も同じで、人を幸せにするには金銭とかではなく根っ子を育ててあげることだと思ったんです。


青谷洋治の経歴・略歴

青谷洋治、あおや・ようじ。日本の経営者。「ばんどう太郎」「かつ太郎」などを展開する「坂東太郎」創業者。茨城県出身。高校進学前に母が亡くなり家業の農家を継ぐ。その後、坂東太郎を創業。

他の記事も読んでみる

野田真吾(経営者)

飼い主さんは、自分のワンちゃん、ネコちゃんが病気になって病院にかかり、治療費を保険金でもらうより、いつまでも健康で元気に生活してほしいはずです。私たちは結果的に保険金を支払わない保険会社になれないかと考えています。予防に力を入れることで、「涙」を減らし、「笑顔」を生み出す保険会社になりたい。ペットは私たちの心の発電所なのです。


一瀬邦夫

「いきなり!ステーキ」はアメリカ・ニューヨークのステーキ激戦区であるイーストビレッジに出店し、念願の海外初出店を果たしました。これまで日本のステーキ店が、本場のアメリカに出店し、成功した例はありません。だからこその挑戦です。日本で培ってきた経験をもとにすれば、アメリカ人にも喜ばれるステーキを提供することができる。


佐々木正悟

指定した時間に「いまはこのタスクをやりなさい」と通知してくれるのがリマインダです。これを、スマートフォンのアプリなどを使ってしかけるといいでしょう。私の場合は、iPhoneアプリの「Due」を愛用しています。リマインダを活用することで、ついつい脱線しがちな仕事でも、きちんと進められるようになります。毎日必ずやらなくてはいけない仕事をスムーズに進めるのに役立つ方法です。


米内光政

官舎でやもめ暮らしをしている間に、読書の癖がついた。とくに鎮海の閑職時代には書物を読むのが何より楽しみであった。いま、海軍大臣という大事な仕事をするのに、それが非常に役に立っているように思われる。【覚書き|帝国海軍で「島流し」と呼ばれていた閑職である鎮海要港部司令官を務めていたときを振り返っての発言】


山本梁介

感謝は大きな力になる。


和田明広

技術者はとかく、機能を付加することに満足を覚えがちです。足し算ばかりで、引き算できる可能性は、検討すらなかなかしようとしない。いまあるモノをなくすことに、本能的なためらいを感じるからなのでしょうか。


和田完二

我々は一人一業主義をとる。会社と生涯を共にする覚悟をもって、各自の本分に最善を尽くす。


山光博康

毎日ネットサーフィンをしています。出社してから退社まで、商品と関係ないサイトを見ていることもよくありますよ。この蓄積があるからこそ、何が珍しいのか、見わけがつく。また、これまでになかった商品でも、売れる傾向にあるのかどうか、ある程度、判断がつくわけです。


安藤哲也

小さなことからでいいので「いつもと違うこと」を常にやってみる。たとえば、通勤電車は乗る車両や乗車時刻を変える。日頃見かける人たちとは違う顔ぶれや混み具合になるといった些細な変化を受け入れ、楽しむのです。職場でちょっとした提案をして、小さな成功体験を積むのもいいでしょう。


岩崎博之(経営者)

経営者は「目標とする姿を画像化しておく」ことが大事。会社を作る時にはいろいろな計画書を策定するもの。そのほとんどはテキストから成り立っています。これを画像化するとイメージを共有できるので賛同者、協力者を得やすい。今と将来像との違いも明確になり、どの方向に進むべきかの判断が容易にできます。


菊入みゆき

人生は、ある時点だけを捉えて断片的に見るものではありません。長い目で見ると、何がその人にとって良いことなのかはわかりません。


入山章栄

経営学は決して「答えを与える」学問ではありませんが、「考えるための羅針盤」としては役に立ちます。だからこそ世界中のビジネススクールで教えられているのです。このことを意識されて、ぜひ経営学を学んでみてください。