名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

青木豊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木豊彦のプロフィール

青木豊彦、あおき・とよひこ。農機具から高度な航空機・衛星の部品までを手掛ける金属加工メーカーの株式会社アオキ社長

青木豊彦の名言 一覧

ある人に「本業をほったらかしで社員に申し訳ない」という話をしたら、「青木さん、立派に社長業してまっせ。おたくの社員かて社長がどこにおるんかみんなわかってる。それで十分やろ」と言われました。僕が外に行くことで「ああ、あのアオキですか」と言ってもらえるようになればいいのかなと思っています。


現場のリーダーとして大切なのは、嘘をつかないこと。現場に入ること。それから若いころは俺がやっているんやと言いたくなったけれど、それは人が言うてくれることであって、人から見てああよくやっているなと思われればいい。


社員のモチベーションのバロメーターは、社員が自宅で会社の話をするかどうかだと思います。会社の話をすれば、家族も応援してくれるし、家族の力を借りんと何ができますか?それがモチベーションを上げ、現場力になっていくと思います。


青木豊彦の経歴・略歴

青木豊彦、あおき・とよひこ。農機具から高度な航空機・衛星の部品までを手掛ける金属加工メーカーの株式会社アオキ社長

他の記事も読んでみる

渡辺昭彦(経営者)

重要なのはコミュニケーション。M&Aを進めて新たにグループに加わった会社は、旧来のJP(ジャパン・パルプ&ペーパー)という呼称ではしっくりこないというところも出ています。そこでグループブランドとして「OVOL(オヴォール)」を導入し、新たなステージに向けて踏み出すことにしました。グループブランド導入に当たっては、新しいブランドロゴを採用すると同時に、グループ企業理念を策定し「誠実・公正・調和」という大切にすべき価値観を明文化するとともに、グループとしての使命、そして変革、挑戦、創造という私たちが積極的に実践すべきことを明確にしました。


山村明義(経営者)

地下鉄は人を運ぶだけではなく、東京の魅力を伝える案内役でもあります。また、これからの100年を考えれば、人と人がよりつながりを求めていく時代になっていくでしょう。地下鉄というインフラが、つながりやコミュニティを生み出したり、ストレスを緩和したりする空間になるように、上手に複合化をしていきたいですね。


熊谷正寿

自分でコントロールできないリスクを持ってはいけない。勝負をかけて投資するにしても自分の実力(勝負に使える総額)の3分の1ぐらいに留めておくべきだ。


堤清二

もういっぺん、無印良品とは何かをはっきりさせる必要がある。それは、合理化なのか、新生活運動なのか、それとも消費者の自由を確保することなのか、ファッション・デザイン性なのか。それがはっきりとするまでは、新アイテムの追加はなくてよい。コンセプトが曖昧になったら終わりである。


糸井重里

「しかし、こういう事実があるから」などと言い出せば、全体のバランスを取ることばかりに気を取られアイデアはなかなか形になりにくい。理詰めの思考は、時にアイデアを潰してしまうことがある。


鈴木喬(経営者)

私はPOSデータを見るよりも、店頭に足を運んで、自分の目で見るようにしていました。POSデータは、出てくるまでにタイムラグがありますから、スピードの点でも自分が店頭に行って見たほうが早いのです。店頭の売れ行き動向を知るためには、定時に、定点を、定期的に見るのがポイントです。私は毎週日曜日の午後に、趣味の自転車で50キロメートル近く走り、お店を何軒も見て回りました。売場がだんだん小さくなっているとか、隣のライバル商品のほうが明らかに売れ行きがいいことがわかれば、即、撤退を決めます。


吉井雄一

母親の教育で、子供の頃からいろいろな経験をさせられたというのはあります。例えば、最高級のうなぎを食べさせられた直後に、スーパーで売られているうなぎを食べさせられ、違いを実感させる。そのうえで、「ちゃんと温かいご飯にのせて、みんなで楽しく食べれば、十分おいしいでしょ?」と母は言うんですね。モノ自体の質は大切だけど、それがすべてではない、という具合に。


張富士夫

教育と訓練は違います。教育は本を読み、先生の話を聞いて頭で学ぶことです。訓練は何度も繰り返して体験することです。人を育てるには何よりも実践が必要です。


渡文明

企業も同じだと思いますが、やはり組織が100年も続くというのは大変なことだと思います。企業に創業理念があるように、学校にも建学の精神があります。成城学園ではそれが100年経った現在まで脈々と受け継がれてきたことが大きかったと思います。


岸谷五朗

舞台を観にくるお客さんって、本当にこちらが死に物狂いで演じないと、楽しんでくれない。ギリギリまで頑張らないと感動してもらえないんです。


荒木恭司

当初、社内では「そんなもの(一般家庭向け小口電気工事)は儲けにならん」と、相手にされませんでした。ただ、バブル崩壊とその後の不況で、当時は大口工事が減る一方。何か手を打たなければ会社を維持できない。新しい仕事をつくり出さればという危機感がありました。大口工事は競争が激しく、受注価格を下げないと仕事がとれない。下手をすれば粗利も出なくなります。一方、家庭向け工事は、1件の金額は小さいけれど、適正価格での受注ですから、確実に利益が出ます。小口工事を増やしていった結果、公共工事がどれほど減っても、経常利益率5%を確保する体質ができました。


川上量生

とくに変わったことをやろうと、いつも意識しているわけではありません。僕たちが当然だと思っていることをやっているにすぎない。