青木豊彦の名言

青木豊彦のプロフィール

青木豊彦、あおき・とよひこ。農機具から高度な航空機・衛星の部品までを手掛ける金属加工メーカーの株式会社アオキ社長

青木豊彦の名言 一覧

ある人に「本業をほったらかしで社員に申し訳ない」という話をしたら、「青木さん、立派に社長業してまっせ。おたくの社員かて社長がどこにおるんかみんなわかってる。それで十分やろ」と言われました。僕が外に行くことで「ああ、あのアオキですか」と言ってもらえるようになればいいのかなと思っています。


現場のリーダーとして大切なのは、嘘をつかないこと。現場に入ること。それから若いころは俺がやっているんやと言いたくなったけれど、それは人が言うてくれることであって、人から見てああよくやっているなと思われればいい。


社員のモチベーションのバロメーターは、社員が自宅で会社の話をするかどうかだと思います。会社の話をすれば、家族も応援してくれるし、家族の力を借りんと何ができますか?それがモチベーションを上げ、現場力になっていくと思います。


青木豊彦の経歴・略歴

青木豊彦、あおき・とよひこ。農機具から高度な航空機・衛星の部品までを手掛ける金属加工メーカーの株式会社アオキ社長

他の記事も読んでみる

西多昌規

ノルアドレナリンが働き過ぎると、脳のワーキングメモリの働きも鈍くなります。ワーキングメモリとは、情報や状況を短時間だけ記憶する部位。その働きが鈍くなると、さっき言われたことが頭に入らなくなったり、瞬時の判断が下せなくなります。ノルアドレナリンは交感神経系の物質なので、落ち着くためには対抗する副交感神経の働きを高めるといいでしょう。具体的におすすめしたいのは深呼吸。普通の深呼吸でもいいですが、おなかに力を入れて、ゆっくり息をはくことを繰り返すと、いい具合に緊張がほぐれていきます。


三原淳

年商は順調に上がり、社員も増えましたが、リーマンショックの影響もあって、なかなか利益が出ない。転機は2013年に出版した自著『はじめてのコインランドリー投資負けナシバイブル』でした。今までコインランドリーは、貸店舗の大家向けに手間のかからないビジネスとして提案されてきた。ですがこの本は、個人投資コーナーに置かれたため、サラリーマン投資家の目に留まったのでしょう。出版後の事業説明会では在職中のサラリーマンが増え、多くが実際に起業。翌年には、売り上げが前年比で倍の6億円に成長し、事業が軌道に乗ったのを実感しました。


ロベルト・シンヤシキ

ブラジル人は早い決定を好みます。決断が早いほど責任を果たしているという感覚があるのです。人生においては、早く決断できることに余計な時間をかけるメリットは何もありません。


岩瀬大輔

古くて変化のない業界だからこそ規制緩和でベンチャーにもチャンスが生まれます。


荻原博子

サラリーマンが資産を増やすには、まず借金がある人はその返済が最優先です。次が貯金。


恵俊彰

もう試行錯誤どころか、僕にとってはMCとかキャスターという言葉自体、荷が重かったです。だから毎回、ゲストにいらした方を家庭教師に見立ててね。疑問をぶつけていくというスタンスでやってみたんですよ。司会進行というよりは、番組を見ていただければわかりますけど、僕、一切台本を見ないでやってますから。立ったまま動いて、瞬時に疑問に思うことをぶつけていくという。


矢野博丈

人間関係にも気を配り、慎重に相手と話し合い、少しずつことを進めてすらも、失敗するときは失敗します。でも、失敗するしか成長する方法はありません。失敗の苦しみや痛みが大きければ大きいほど鍛えられます。


豊島逸夫

私もリーマンショックの時にやられてね。証券会社出身の妻に、けちょんけちょんに言われました。日頃エラそうなことを言うくせにと。でもおかげさまで持っている(資産の)2割の金が3倍になってくれたので、ロスの7割はリカバーできたんです。プロがこう言うのもおかしいけれど、本当に金って、いざというときに役立つなと思った。普段は輝くだけで配当も生まないし、値動きがある訳でもなしと思うけれどね。つまり資産運用では脇役。インカムを生むのが主役だから。なので金は脇役なんだけれども、なかなか渋い味を出すなと、その時、私も実感したんです。


朝田照男

「売り手よし、買い手よし、世間よし」が大切です。商社が自己利益だけを追いかけていたら長続きはしない。


吉田穂波

人は自分が好きなことをするためなら、主体的に動くもの。


釜和明

年末最後の就業日には本社で納会を開くのが習わしになっているのですが、苦境の中でも社長就任1年目から全フロアを回って従業員たちと酒を酌み交わしました。回り終わる頃には記憶があやふやになるほど酔っていましたけどね。全国の事業所にも頻繁に出向き、従業員たちに損失の原因などを説明しました。彼らと同じ目線に立つことで、「社長が苦労しているんだったら、私も頑張ろう」と、みんなに思ってもらえたのではないでしょうか。


カルロス・ゴーン

政治家というのはとかく、建前と本音が違うもの。結論を出すのは時期尚早。我々としては忍耐強く今後を見守るしかない。過剰反応してはいけない。


藤原洋

企業家はどうすれば可能になるかを考えて行動するのみ。「失われた10年」を埋めるよりも「新しい10年」を作っていくべき。


岡村隆史

お笑いの世界って、上の人たちが元気すぎるぐらい元気やないですか。だから映画でもなんでも、上の人たちがやってないところで攻めていくしかないんですよ。


周防正行

最初から自分のやりたいことをわかってる人なんて、ほとんどいません。まずなにかをやることで、これはオレに向いてるかもとか、面白いなと感じるものに出会える。そう思って、目の前の仕事に全力で立ち向かうことが大事。


ページの先頭へ