名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青木紘二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木紘二のプロフィール

青木紘二、あおき・こうじ。日本のカメラマン、経営者。大手写真代理店「アフロ」創業者。富山県出身。高校卒業後、ヨーロッパ思想を学ぶためスイスのプライベートスクールに留学。留学中にスキー学校でアルバイトをしたことをきっかけにスキー教師養成コースを受ける。スイスのスキー教師国家資格を取得。その後フリーカメラマンとなり、欧州を拠点に活動。写真代理店「アフロフォトエージェンシー(のちのアフロ)」を設立。スポーツ写真の分野で力を発揮。広告、報道、出版用写真の分野にも進出し、同社を総合写真代理店大手に成長させた。

青木紘二の名言 一覧

仕事は全部楽しいわけじゃないけれど、全部が楽しくない仕事だったら辞めたほうがいい。でないと、お金だけの人生になってしまいますから。


ヨーロッパに長く住んでいると、人生を楽しむという価値観がかなりの比重を占めます。いま、社員たちにもよく、「仕事は楽しくやりなさい」と言っています。


スイスのスキー学校時代、教授に「きみは人生の岐路に立っている。自分が何をやりたいのか見つけなさい。それに忠実に生きることはすごく大事だ」と言われました。


同業他社は、バブルがはじけて売上が落ちてくると、営業の人間を減らして人件費を削っていました。でも当社は、せっかく評判が上がってきたのだから営業を強化しようと、逆に人を増やしました。それによって、当社だけ業績が伸びていったのだと思います。


一緒に仕事をしたい相手には、ただお願いしてもダメ。「この相手と仕事をしたい」と思わせることが大事なんです。


私は若いカメラマンには「現場で喧嘩するな」と教えています。喧嘩をすると神経が高ぶって、いい写真が撮れないからです。


私くらいの年齢になると、長く生活させてもらってきた写真界をよくしたいという気持ちが強くなります。そのためには、度を越した競争はやめて、利益率を上げることが必要です。これは、私と同じカメラマンを守るためでもあります。私たちフォトエージェントが安売り競争をすると、カメラマンが食べられなくなるし、結局はフォトエージェントも立ち行かなくなる。私たちは、絶対に過当競争をやってはいけないんです。ここにこそ、私は今、勝負をかけています。


ふつうは世界的なふたつの通信社であるAP通信とロイター両社の写真を1社のエージェントが扱えることなどありません。でも、私はどうしても提携を実現させたかった。これには、今、写真界で起きている安売り競争に歯止めをかける狙いがあるのです。私が両社に話したのは、「もう価格破壊的な競争はやめたい」ということでした。日本の市場の大きさは変わらない。各社が別々に売れば価格競争になります。でも、もし当社が両社の写真を一緒に扱えれば、写真の質と量で優位に立ち、不当に安い値段で売らなくても市場のシェアは維持できると。大きな賭でしたが、両者は提案を受け入れてくれました。


サッカー・ワールドカップ日韓大会のイングランドとスウェーデンの試合の時の話です。イングランドにコーナーキックのチャンスがめぐってきました。蹴るのはイングランドの主将・ベッカムです。点が入るかどうかという場面ですから、カメラマンの意識はみんな、ゴールに向かうわけです。私は何か勘が働いたのか、あのときベッカム選手の真後ろに移動しました。ベッカムのコーナーキックにソル・キャンベル選手が頭で合わせ、ゴールが決まった直後、ベッカムが私の目の前で、イングランド・サポーターに向かって派手なガッッポーズを決めてくれたのです。私は他のカメラマンのように、ゴールシーンも、ゴールを決めたキャンベルも撮れませんでしたが、翌日、世界の数十紙が使ったのは、私が撮ったベッカムのガッツポーズでした。特にイギリスの新聞は、ほとんど例のない(見開きの)ダブルページで。


失敗を恐れずにチャレンジすれば、新しいものが見えたり、違ったアングルからいい写真が撮れたりします。うまくいかないこともありますが、それぐらいの勇気を持たないとダメ。能力にそれほど差はないはずで、要するに「やったれ!」と思う肝があるかどうかなのです。


私は大学で講義することも多いのですが、「いい撮影ポジションがとれなかったときには頭の転換をしなさい」と教えています。「ポジションが悪いなら、一枚だけでもいいものを撮れ」と。


仕事とは別に、「広告用に売れるゴルフ写真とはどんなものだろう」と考えて、自分なりに写真を撮っていたのですが、その中の一枚が当たりました。緑色の芝の背景の中に、白いティに載せたボールがあるという、今では100円で借りられる写真ですが、当時はそういう写真がなかった。その1カットで1千万円以上は稼ぎました。でも、面白いもので、そういう写真は、すぐに忘れられます。すぐ忘れる写真は何回も使ってくれる。一方、芸術的な「作品」は一度使ったらおしまいです。一度見たら忘れないからです。だから、儲かる写真は作品じゃないんです。


青木紘二の経歴・略歴

青木紘二、あおき・こうじ。日本のカメラマン、経営者。大手写真代理店「アフロ」創業者。富山県出身。高校卒業後、ヨーロッパ思想を学ぶためスイスのプライベートスクールに留学。留学中にスキー学校でアルバイトをしたことをきっかけにスキー教師養成コースを受ける。スイスのスキー教師国家資格を取得。その後フリーカメラマンとなり、欧州を拠点に活動。写真代理店「アフロフォトエージェンシー(のちのアフロ)」を設立。スポーツ写真の分野で力を発揮。広告、報道、出版用写真の分野にも進出し、同社を総合写真代理店大手に成長させた。

他の記事も読んでみる

清水克彦(報道キャスター)

ドラッカーも「優れた者ほど失敗は多い。それは新しいことを試みるからである」と言っている。恥をかくことを恐れて現状維持を貫くよりも、新たなチャレンジをすることの方が大事だと思う。仕事先での雑談の中で失敗談を話せば、相手との距離が縮まることも多いですよ。


琴坂将大

スタートアップ投資については、現在の価値だけでなく将来の成長可能性を買うという発想が必要だ。こうした発想は日本企業にはまだ少ない。


原田泰造

準備は大事。練習すると安心する。稽古量は裏切らない。


大山健太郎

当社は生活の中での不満を解消することを重視しています。常に生活者目線で家庭の中からの問題提案をしています。


辻村深月

昔の私は、大人の無理解に対する怒りが強すぎて、今読み返すと自分でも引いてしまうくらい相手に猛省を促していたんだけど、『かがみの孤城』に関しては、大人の読者の方から「読み終えて、やっぱり子供を救うのは大人じゃなきゃいけないんだと思いました。なぜなら私達もかつて子供だったのだから」と言われ、私自身も大人になったんだなと感じました。大人に絶望していたと言いながら、私にも信頼できる大人はいて、それが、自分の大好きな本を書いていた作家さん達でした。見えない彼らに手を引かれるようにして書き始めた私の小説が、今、誰かの手を引けるようになっているとしたら、すごく嬉しい。


岩本貴

重症児の保育園開園当初は、親御さんの負担軽減を目的に始めたわけですが、やってみたら、子供自身の成長、発達にすごく寄与していることが実感できたんですよ。体の動きが良くなったとか、笑顔が増えたとか。家にこもるのでなく、多くの人や自然と触れ合えることがプラスに作用しているのでしょう。


堀之内九一郎

あなたには、困ったときにきっと助けてくれる人はいますか?人生で成功する人は、能力のある人ではなく、人に「こいつ、助けてやりたいな」と思わせる人のような気がします。「こいつ、助けてやりたいな」と思わせる人は、どんな人でしょう。それは相手の状況によって、自分の態度を変えない人です


茂木健一郎

現代人は、メールやSNSなどの情報に翻弄され、時間がどうしても細切れになりがちである。そんな中で、まとまった活動の予定を立てることには、いろいろと困難があるだろう。しかし、細切れの時間は、しょせん細切れの結果しかもたらさない。時には思い切って活動時間という「予算」を確保することが、学びの深掘り、出合いの充実につながる。


清宮俊之

儲かるかどうかといった短期的な視点ではなくて、ビジネスで何を実現したいのか、旗印をどこに置くのか、ここが定まっている人は挫折しないと思う。


長島徹

モノづくりやサービスづくりの基盤はカメがつくりますが、時間を買うためにウサギにもお世話になります。技術革新はときにウサギのようにジャンプします。それを追いかけると非常に時間がかかるのなら、小さなベンチャーの買収のようなM&Aやアライアンス(提携)の手を打つ必要があるでしょう。でも、基本はカメです。


ウィル・スミス

人生を通じて、人に対して頭にきたり、人から失礼な態度をとられたり、ひどい扱いを受けることもあるだろう。しかしそれらは神様に処理してもらうことにしよう。なぜなら心に抱く憎しみは、自分をも消耗させてしまうから。


池田潤一郎

小さいかもしれないけど、相対的ナンバーワンである事業の集合体を作りたい。ナンバーワンになるためには、顧客からの信頼を得なければいけない。要するに長期的に付き合いたいと、思ってもらわなければいけない。そのときに鍵になるのは、顧客にとって使い勝手のいいサービス、ソリューションを提供するということ。