名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青木擴憲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木擴憲のプロフィール

青木擴憲、あおき・ひろのり。日本の経営者。「洋服の青木」創業者。長野県出身。「洋服の青木」を創業。同社を大きく成長させた。

青木擴憲の名言 一覧

好調なのは一言で言うと、お客様のニーズに各事業が対応できているということだと思います。


人は何があっても、生まれた時には何も持っていなかった。そう思えば、たとえ失敗したとしても次に頑張ればいいさ、と思えるようになる。


経営は継続性がポイント。


私はいつも「死んだと思えば何ということはない。初めから無だと思えば怖いものはない」という覚悟を決めています。


常にニーズとウォンツを考えた経営をしています。


必ずではないところが人生の難しいところ。でも、辛くても努力しなければいいことがあるはずもありません。大事なことは前向きに頑張ることです。


本当に困っている時、人間は、自分が困っているという感覚すらない。苦労していると思うのは、まだ余裕があるということなのかもしれません。


リーダーに向いているのは意欲がある人、自ら燃える人。また今の時代は、明るくて親しみやすくて熱心で愚直な努力を続けられる人。特に、親しみやすいというのは重要な条件です。どこへでも入っていけて、知らないことは「教えてください」と言い「教えてくださって、ありがとうございます」と素直に言える人です。


「ファッション事業」、カラオケと複合カフェを運営している「エンターテイメント事業」、結婚式場を運営している「ブライダル事業」。この3つの事業によるポートフォリオ経営をしています。共通点は「接客力」と「チェーンストア経営」です。接客におけるサービス精神と、チェーンストアのノウハウを生かした経営という点は共通です。


この人物が有能だから引っ張りたいと考えても、他の部署との調和を取るのはとても大変ですし、気に食わないと思ったら周りは悪い意味で足を引っ張ったりするのが人間の性ですから。そこら辺の案配が大事になってきます。


当社の経営理念の一つに「公共性の追求」というのがあって、ビジネス以外でも世の中のためになる生き方を追求することをうたっています。そこで財団をつくって、中学生を対象に奨学金を出したり、様々な学習の機会を設けたりしています。


当社もファッションでスタートしましたが、企業としての継続性を考えた時にファッションだけでは今後どうなるのか分からない。そこで、結婚式場をつくったり、カラオケや複合カフェのようなエンターテイメント分野に進出したり、いまは3つの分野で事業を展開しています。3つの業態を持っていれば、どこがどういう状況になっても補え、継続性が維持できるというポートフォリオ経営です。


縁側で玉音放送を聞いていた時、父がもらした「どうしよう……」という言葉に、母は「そのときは、そのとき」と答えていました。


父は母を結婚相手に選んだ際、小学校時代の学業成績を調べたようです。これから結婚して、生まれてくるであろう子どもを念頭に置いていた。だから、20年戦略で、これから生まれる子どもの20歳の頃の姿を見越して結婚相手を選んでいる。こうした発想は、父から学んだことがとても多いです。10年先、20年先、30年先はすぐ来るから、何かをする時は、先のことを考えてやりなさいと。


青木擴憲の経歴・略歴

青木擴憲、あおき・ひろのり。日本の経営者。「洋服の青木」創業者。長野県出身。「洋服の青木」を創業。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

製品のレベルを高めるために、松下独自の技術でやるか、外国の技術を導入するかの選択を迫られた場合は少なくなかったが、いずれの場合にしても、松下独自の技術を基礎にどの道を選んだら社会のためになり、人々に喜ばれるかということを最終的な尺度にして態度を決めた。


安藤正弘

社長が社員に舐められたらお終いですわ。


モハメド・アリ

チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。そしてその意志力が技に勝っていなくてはならない。


塚越寛

会社のあるべき姿は、いい形で永続させることです。そうすれば社員をはじめ、会社に関わるすべての人が幸せでいられます。幸せの総和が企業価値です。永続させるためには、無理な規模を追わず、身の丈に合った成長を心がけたいものです。


安藤忠雄

いまこそ子供たちへの教育が最重要だと思います。独学で建築を学んだ私の経験からすると、もっと子供たちが本物の刺激に触れ、自ら学べるような環境をつくることが大事だと考えています。昨年、東京の国立美術館で「挑戦」というテーマで展示会を開催しましたが、どれほど多くの来場者に大きな刺激を与えられるかという挑戦でもありました。


佐藤康行

根本原因までさかのぼれば、先の戦争にその原因があると私は考えています。日本は第二次世界大戦で誰も望まない戦争に突入した。望まない戦争に人を送り出すには、命令で従わせるしかない。戦後、そうして人を動かしてきた人たちが、同じやり方で会社組織を運営してきた。そんな時代はとっくに終わっているのに、まだその意識が抜けないのが、コミュニケーション不全の遠因だと思います。


貴志祐介

密室トリックは、そうそう簡単に検証できるものではありません。特に、大掛かりな仕掛けの場合、実際にやってみるわけにはいきませんから、様々な可能性を考えては潰していく思考実験を重ねて、トリックの実現性を検証する必要があります。大変な作業ではあるのですが、楽しくもあります。


北尾吉孝

私は関西生まれで、商人の街、大阪・船場で「商い」の基本を学びました。船場で物を買う時は、まずはこちらから「勉強してや」と言います。「値段を安くして」「おまけをして」という意味です。百戦錬磨の商人を相手にどれだけ値切れるかは、船場での買い物客の腕の見せどころです。ただし、自分ばかりが得をするような買い方をしないことが、暗黙のルールです。例えば、1つの品物を強引に安く買い叩くのではなく、他の商品を組み合わせて買うことで値引きしてもらう。独り勝ちするのではなく、売り手と買い手、双方が満足するような形で買い物を成立させる。利他を考えたお金の使い方ができるビジネスパーソンは、同じ考えをビジネスの場でも生かせるようになります。お互いにメリットのある方法を選択する習慣が身につき、相手からの信頼も得やすくなる。そして、いざという時に相手に動いてもらえる関係を築けるのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

住宅費は月収の20%以内に抑えるのが理想。家計を破壊する力があるので、かけすぎには要注意。


松下元

「五省」
一、至誠に悖(もと)るなかりしか(誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか)
一、言行に恥づるなかりしか(言行不一致な点はなかったか)
一、気力に欠(か)くるなかりしか(精神力は十分であったか)
一、努力に憾(うら)みなかりしか(惜しみなく努力したか)
一、不精にわたるなかりしか(怠けたり、面倒くさがったりしたことはなかったか)


吉田知明

学生時代、家庭教師で担当した生徒の成績が上がったら、保護者が涙を流して喜んでくれた。自分の仕事に対して、他人が涙を流してくれる経験は、そんなにあるものではありません。この仕事をしていると、何度でもその機会があります。


藤田晋

当社は若い人が多い組織ですから、人材の採用や教育にはとくに力を入れています。社員をやる気にさせ、ロイヤリティを高めてもらうためには、仕事をきちんと評価し、成果に対する対価として報酬を支払うことが大事です。