名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青木定雄(兪奉植)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木定雄(兪奉植)のプロフィール

青木定雄、あおき・さだお。兪奉植、ユ・ボンシク。韓国人経営者。MKタクシー創業者。韓国慶尚道出身。立命館大学法学部を中退し、様々な職業を経験する。その後、MKタクシーの前身であるミナミタクシーを創業。MKタクシーの経営を退いたのち、韓国系近畿産業信用組合の代表理事会長に就任。

青木定雄(兪奉植)の名言 一覧

いま、日本人の間から、かつての質素や勤勉、自立心といった美徳が失われかけている気がしてなりません。不況から抜け出せないのは政治や行政、金融機関が悪いからだというのは簡単です。しかし、資本主義の下で、日本が元気になるにはそれぞれの企業が良いモノやサービスを生み出して競争に勝つしかありません。そのためには苦しみ抜くしかないんです。「苦労は買ってでもしろ」。そんな精神をもう一度、取り戻してもらいたいと私は切に思います。


韓国の慶尚南道で生まれ、15歳で日本に渡った私は、この国で勤勉と質素と自立心の大切さを教わりました。タクシーの仕事を通して、いいものを安く提供すれば、民族に関係なく、必ず受け入れてくれるものだとも学びました。


当たり前のことですが、社員は経営者の背中を見て働くものです。経営者が楽をしようとしたら、そんな姿勢はたちまち社員の働きぶりに悪い影響を与えてしまいます。経営者は率先して苦労しないといけません。


以前、あるインタビューで「一番つらかったのはいつでしたか?」と質問されたことがあります。私は「ありません」と答えました。毎日がつらかったから、いつだとは答えられなかったんです。毎朝、目が覚めた瞬間から苦しみが始まっていましたから。


休みたいと思ったこと?ありますよ。私だって男ですから、遊びたいし、女性を口説いてみたい(笑)。そんな気持ちになったことはないという男がいたら、ええ格好しいですよ。でも、私は闘いばかりでしたから、休む暇も遊ぶ時間も取れませんでした。楽しみといえば、現場に言って夜勤の運転手と話をしたり、ハンドルを握って、お客様をお乗せしたりすることだけでした。お客様から「ありがとう」と言われたりすると、エネルギーが湧いてくるんです。


いま、エムケイのサービスの質は、どこのタクシー会社よりも優れていると自負しています。また、そのようなご評価をお客様からいただいてもいます。もちろん、まだまだ改善の余地はありますが、そこに到達できたのは、30年、いや40年以上も苦労し続けてきたからです。社員の意識を変えるのはそれほど難しいことなんです。


毎日、午前7時に無線室に入り、運転手とお客様に向かって話しかけることもしました。もう40年以上、一日たりとも休まずに続けています。我が家では元日の朝、家族で食卓を囲んだことが一度もありません。


私が10台の車と24人の運転手でタクシー会社を始めた1960年ごろは、タクシーの運転手のマナーが悪く、お客様の方が低姿勢だったくらいでした。何とかサービスの質を上げなければならない。それにはまず挨拶をきちんとさせなければならないと考え、私は毎朝一番に出社してガレージを回り、社員一人一人に「おはよう」と声をかけました。最初は誰も返答してくれませんでした。ようやく言葉を返してくれるようになったときは、ずいぶん月日が経っていました。


青木定雄(兪奉植)の経歴・略歴

青木定雄、あおき・さだお。兪奉植、ユ・ボンシク。韓国人経営者。MKタクシー創業者。韓国慶尚道出身。立命館大学法学部を中退し、様々な職業を経験する。その後、MKタクシーの前身であるミナミタクシーを創業。MKタクシーの経営を退いたのち、韓国系近畿産業信用組合の代表理事会長に就任。

他の記事も読んでみる

ファンキー加藤

プロを目指して音楽に取り組みたい。自分の人生を人様に「どうぞ」と、お見せできるような日々を過ごしたい。2年間一生懸命やってダメだったら諦めよう。ここがラストチャンスだと腹をくくり、モン吉とケミカルを誘って、ファンモンを結成しました。


松本晃(経営者)

経営は必ずしも難しいことをやっているわけではない。基本ができていれば、どんなことでも対応できる。


金川千尋

仕事に誇りを持ち、将来に夢を抱いて生きてほしい。若い人が積極的に仕事に取り組むことが会社の成長にもつながる。


上田準二

私は若いころから「みんなが仕事しやすいよう、職場の雰囲気を良くしていきたい」と考え、行動するように心がけてきました。


此本臣吾

今は本当にチャンスに満ち溢れているし、これから起こることに対して、どれだけ目利きができるか。目の前の変化が激しい分、こういうときこそ将来を俯瞰する。


永野毅

ゆでガエルのように鈍感になってはいけません。しっかりと次の時代を担うポートフォリオに入れ替えないといけません。


竹島愼一郎

プレゼンをする相手が企画書で注目するのは、ずばり「企画内容」と「いくらで」の部分です。それだけ、「いくらで」は重要です。実行計画では「いくらで」を中心に考え、適当な項目だけを取捨選択します。四項目すべてを網羅する必要はありません。


方永義

時代は日々進化しています。チャンスを生かし常にステージを上げて行けば、売上高1兆円は不可能な数字ではありません。宮城の会社や日本の会社ではなく、世界の会社にする。それに向かって進んでいく。


谷井昭雄

松下電器という会社にいると、「こんな商品をつくって、世の中のお役に立たねば」という話題が自然と口から出てきます。私自身、松下電器の社員でなかったら、世のため人のためなんてことは口にしなかったでしょう。その環境に身を置き、いろいろと教えられるから、熱心でない人間でも創業者と同じようなことを語れる人に育つのだと思います。


田路和也

顧客のビジネスを成功に導くことが最大の使命。


森川宏平

収益性と安定性を持続的に維持する「個性派事業」とは、まず「数十億円の利益規模があること」「二桁台の高い利益率があること」、そして「市況に左右されにくい事業」。とはいえ、この3つを備えることが難しい事業もあります。ですから、それぞれの事業で1つでも、2つでもこれらの条件を満たせるようなストーリーを描いていきます。


青木仁志

経営者や上司は、自信不足から進むべき道が定まらず、チャレンジできない若い社員・部下に対し、お説教するのではなく、みずから手本を示すかたちで伝えていくべき。