名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

青木定雄(兪奉植)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木定雄(兪奉植)のプロフィール

青木定雄、あおき・さだお。兪奉植、ユ・ボンシク。韓国人経営者。MKタクシー創業者。韓国慶尚道出身。立命館大学法学部を中退し、様々な職業を経験する。その後、MKタクシーの前身であるミナミタクシーを創業。MKタクシーの経営を退いたのち、韓国系近畿産業信用組合の代表理事会長に就任。

青木定雄(兪奉植)の名言 一覧

いま、日本人の間から、かつての質素や勤勉、自立心といった美徳が失われかけている気がしてなりません。不況から抜け出せないのは政治や行政、金融機関が悪いからだというのは簡単です。しかし、資本主義の下で、日本が元気になるにはそれぞれの企業が良いモノやサービスを生み出して競争に勝つしかありません。そのためには苦しみ抜くしかないんです。「苦労は買ってでもしろ」。そんな精神をもう一度、取り戻してもらいたいと私は切に思います。


韓国の慶尚南道で生まれ、15歳で日本に渡った私は、この国で勤勉と質素と自立心の大切さを教わりました。タクシーの仕事を通して、いいものを安く提供すれば、民族に関係なく、必ず受け入れてくれるものだとも学びました。


当たり前のことですが、社員は経営者の背中を見て働くものです。経営者が楽をしようとしたら、そんな姿勢はたちまち社員の働きぶりに悪い影響を与えてしまいます。経営者は率先して苦労しないといけません。


以前、あるインタビューで「一番つらかったのはいつでしたか?」と質問されたことがあります。私は「ありません」と答えました。毎日がつらかったから、いつだとは答えられなかったんです。毎朝、目が覚めた瞬間から苦しみが始まっていましたから。


休みたいと思ったこと?ありますよ。私だって男ですから、遊びたいし、女性を口説いてみたい(笑)。そんな気持ちになったことはないという男がいたら、ええ格好しいですよ。でも、私は闘いばかりでしたから、休む暇も遊ぶ時間も取れませんでした。楽しみといえば、現場に言って夜勤の運転手と話をしたり、ハンドルを握って、お客様をお乗せしたりすることだけでした。お客様から「ありがとう」と言われたりすると、エネルギーが湧いてくるんです。


いま、エムケイのサービスの質は、どこのタクシー会社よりも優れていると自負しています。また、そのようなご評価をお客様からいただいてもいます。もちろん、まだまだ改善の余地はありますが、そこに到達できたのは、30年、いや40年以上も苦労し続けてきたからです。社員の意識を変えるのはそれほど難しいことなんです。


毎日、午前7時に無線室に入り、運転手とお客様に向かって話しかけることもしました。もう40年以上、一日たりとも休まずに続けています。我が家では元日の朝、家族で食卓を囲んだことが一度もありません。


私が10台の車と24人の運転手でタクシー会社を始めた1960年ごろは、タクシーの運転手のマナーが悪く、お客様の方が低姿勢だったくらいでした。何とかサービスの質を上げなければならない。それにはまず挨拶をきちんとさせなければならないと考え、私は毎朝一番に出社してガレージを回り、社員一人一人に「おはよう」と声をかけました。最初は誰も返答してくれませんでした。ようやく言葉を返してくれるようになったときは、ずいぶん月日が経っていました。


青木定雄(兪奉植)の経歴・略歴

青木定雄、あおき・さだお。兪奉植、ユ・ボンシク。韓国人経営者。MKタクシー創業者。韓国慶尚道出身。立命館大学法学部を中退し、様々な職業を経験する。その後、MKタクシーの前身であるミナミタクシーを創業。MKタクシーの経営を退いたのち、韓国系近畿産業信用組合の代表理事会長に就任。

他の記事も読んでみる

福田譲

私が大切にしているのは人間としてのOSを鍛えることです。便利なアプリケーションの獲得には血眼にならない。しっかりしたOSさえあれば、その上にどんなアプリを乗せてもうまく動くと考えるからです。OSを日本語にすると、人間力とか人間としての軸、価値観、人生観ということでしょうか。


ジャン=ジャック・ルソー

ある真実を教えることよりも、いつも真実を見出すにはどうしなければならないかを、教えることが問題なのだ。


小林喜光

私が東大の修士課程を修了後、放射線科学の勉強をしに留学したイスラエルにはシャバットと呼ばれるユダヤ教の安息日があり、毎週金曜日の日没から土曜日の日没まで、人々は一切の労働をせずに過ごしていました。安息日は宗教上の理由とは別に、時間管理の視点から見ると、精神を活性化するための人間の知恵ではないかと思います。というのも、安息日モードのときほど、いろいろなアイデアがひらめくからです。


野坂英吾

高度経済成長時代の延長上にあった大量消費社会では、使い捨てが当たり前。まだ使えるものがゴミになって溢れていて、「捨てるのではなく資源を有効活用した方が良い」と叫ぶ私たちの声もなかなか届かなかった。しかし、その中でも少しずつ啓蒙し、リユース品を売るための仕組みを作り上げてきました。今ではリユース、リサイクルは当然の時代になっています。このように、社会の問題や課題を一つずつ解決していくことで、便利な住みやすい世の中づくりの一翼を担うことができる。企業家冥利に尽きます。


野田稔

生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったものです。アウトプットが同じ場合、インプットが大きくなれば、生産性は下がります。生産性を上げるには、インプットを減らすか、アウトプットを増やすかのどちらかになります。


奥山清行

想像力という点なら、なまじデザインというものを知っている僕よりも、素人のほうがよほど面白いアイデアを持っています。これは決して謙虚でも冗談でもなく、想像力の点では、プロは素人に負けるものなのです。


大嶋信頼

動物界では、弱ったひな鳥を残りの兄弟たちが攻撃してつつき殺してしまう、といったことが起こります。現象としては「弱い個体の淘汰」ですが、同時にひな鳥たちは、母烏の庇護を受け、多くの餌を与えられそうな固体に対する嫉妬に駆られているのです。これと同じ心理が、人間同士の間にも起こります。嫉妬は、発作のようなものです。いったん駆られてしまうと、本人は感情をコントロールできません。特定の部下を執拗に叱責したり非難したりする上司の振る舞いも、そうした暴力的な発作なのです。


寺内大吉(成田有恒)

給料のことを「サラリー」と言いますが、この言葉はラテン語で「塩」を意味し、ローマ軍の兵隊に俸給として塩が支給されていたことが語源になっています。給料も調味料の一つだと思えば、多いも少ないも気にならなくなります。塩というのはごちそうを引き立てるけれど、そのまま食べても塩辛いだけ。あくまで調味料でしかありません。サラリーも人生を引き立てる塩だと考えたらどうでしょう。


見城徹

人と関わるうえで一番大切なのは、義理、人情、恩返し。頭文字をとって僕はGNOといっている。


片田珠美

根も葉もない噂を広める人に対して避けたいのは直接対決。「噂話を流すのはやめろ!」とダイレクトに怒りを表明すれば、妬みの感情を助長して火に油を注ぐようなもの。誹謗中傷がエスカレートする可能性がある。


佐々木常夫

私が課長になって最初にやったのは、まさに仕組みづくりでした。まず部下全員に去年一年間の業務報告書を提出させました。すると、2週間で終えるべき仕事を3カ月もかけていたり、逆に3か月かけてでも完成させなければならない仕事をたった2週間やっただけで中断していたり、とにかく極めて非効率な働き方をしていることが判明していました。そこで、どの仕事にはどれぐらいの時間を費やすという基準を明確にし、さらに仕事に優先順位をつけ、高いものはデッドラインを決めて追い込む、低いものは達成度を6割程度に下げるか思い切ってやめるという仕組みをつくり徹底したところ、毎月平均60時間だった部下の残業が、1年で1ケタになりました。


安藤俊介

シチュエーションや手段も大切。人前で怒ることは、相手のプライドを傷つけるのでやめましょう。また、メールや人づてで伝えるのは不信感を生むもとです。以上を心がければ、相手との関係を壊すことなく、本来の目的を果たすことができるはずです。