名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青木功の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木功のプロフィール

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

青木功の名言 一覧

ゴルフをやめるときは死ぬとき。俺にとってゴルフは天職。ゴルフしかない。


みんなが嫌だと思うところにこそチャンスはある。


自分がしたいと思うゴルフをやるための環境は、自分でつくっていくしかない。


サラリーマンも同じだと思うけど、体力がなければいい仕事はできない。


もしうまくいかないことがあったら、それはゴルフの神様が「お前はまだ下手だからもう一回やれ」と言ってくれているんだと思う。


俺は俺の打ち出し方しかできないんだ。どんなフォームで打とうと放っといてくれ。要は結果を出せばいいんだ。


歳だから「まあ、いいや」と思ったら選手としては終わりです。


ゴルフは個人競技だから自分一人が頑張ればいい成績を収められる。そう思いがちですが、ジャンボ(尾崎)や中嶋(常幸)といった強烈なライバルがいたからこそ、互いに技術が磨かれるものなのです。


今年の秋はレギュラー、シニアツアーともに多くの試合に出させていただきました。日本シニアオープンは38位、富士フィルムでは37位。どの試合も出場最高齢ですから、「よくやってる」と人には褒められますが、心の中では「できればベスト10に入りたかった」なんて思っているんですから欲の深いゴルファーです。


勝った喜びを分かち合ってくれる家族、一緒に戦ってくれるキャディーの協力など、ある意味ではゴルフもチーム戦なんです。


いまにして思うと、盗んで学んだものは忘れることがないんですが、一方的に先輩から教わったものはすぐ忘れます。心のどこかに、忘れたらまた聞けばいい、そんな気持ちが働くんでしょうね。


いまでは師匠と弟子の関係は、師匠が手取り足取り弟子に教えてくれるといったイメージがありますが、そのころの先輩プロたちは、「盗んで身につけろ」が当たり前の世界でした。練習場で先輩たちが打つ、その姿を頭に叩き込んだ記憶があります。


ドライバーで遠くに飛ばすのもいいけど、パットやアプローチにも醍醐味があるのを感じられたら、名手の一人です。


私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。


英語もろくにできない俺が海外でやれたのは、とにかく好奇心が強かったから。外国の選手たちのやり方が面白そうだと思うと、俺は自分ですぐに試してみた。すると相手も「バンカーショットを教わりたい」とか言ってきて、そのうち食事やツアーの移動も一緒にするほど仲良くなってね。結局、コミュニケーションは言葉じゃない。気持ちの問題。


俺が指導しているジュニアたちには「自分から先に挨拶するのが基本」だと教えている。たとえ苦手な相手でも、挨拶されて嫌な気持ちになる人はいないからね。


若い頃は自分のゴルフにあれこれ言われるのは嫌だったけど、そういう人ほど自分のことを思ってくれていたということが、いまになってよくわかる。だって、どうでもいいヤツには声もかけないもの。


天気が悪いとゴルフをしたくないなと思う人もいる。雨を味方にするぞとプラス思考で考えれば、それが大きな差になってくる。ビジネスの世界だって、人と同じ事をやっていたら絶対に上には行けないでしょ?


「心・技・体」という言葉は、「体・技・心」という順番が正しいと考えている。まず強い体がなければ、技術も身に付かないし、強い精神力だって生まれないよ。


僕はゴルフが大好きだから、少しでも長くゴルフをやりたいと思っている。そのためにはトーナメントで戦えるだけの体力が必要だし、ちょっとやそっと走っても疲れない体をつくらなきゃ勝つことはできない。


青木功の経歴・略歴

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

他の記事も読んでみる

馬場彰

若乃花が引退する少し前、7勝7敗で千秋楽を迎えたことがありました。「横綱は15日間取り続けて負け越してはいけない」という不文律がありましたから、それまでの常識では千秋楽は休んでしまうところ、若乃花は土俵に上がり、負けました。それを見て、横綱審議委員会のメンバーが「横綱の体面をつぶした」とコメントしましたが、本当は出場したことを褒めるべきだったのです。困難に直面して逃げなかったことをなぜ評価しないのでしょうか。


宮本彰

市場調査などしている暇はない。真っ先に製品化して市場をつくり、独占する。これが私どもの戦略。


笠原健生

ブランドの浸透はそれなりに年月を必要とするので、粘り強くマーケットに働きかけることが大事。


澤村諭

近年、人類のサステナビリティにかかわる地球規模の社会問題が相次いで浮上してきました。その多くは、従来の考え方や過去の技術の延長では簡単に解決することはできません。こうした状況の中で、企業が果たすべき役割も変わるべきだと思っています。半導体・電子部品メーカーのロームは、「省エネルギー」や「小型化」の技術を追求しながら、様々な形で社会に貢献するつもりです。


知識賢治

「逃げないこと・折れないこと・想い続けること」が大切です。日々のなかで直面するどんな些細な問題にも真摯に向き合うこと。決してあきらめたり、投げやりになったりしないこと。「絶対にこれを成し遂げるのだ」という強い気持ちを保ち、努力を続けること。


似鳥昭雄

社長が常に挑戦的な目標を掲げ、それを実現するために部下が必死になって付いていくのが理想。


坂根正弘

「諦めること」を明確にしないと、集中できない。私は「世界の1位、2位になれない事業や商品は全部やめる」と宣言しました。実際、現在の売上高に占める「1~2位商品」の割合は、全体の9割近くに上ります。


冨田英揮

思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。


武井俊文

企業に限らず、日本の組織は従来なら考えられなかったような不手際を何度も起こしています。個々人がルールを守るという当たり前のところから、仕事のやり方を考えてみる必要があるのかもしれません。


加藤俊徳

脳は単純かつ不器用なので、一つの欲求を止めると他の欲求もセーブしてしまいます。欲求を呼び起こすには、自分の時間を持ち、心と向き合うことが大切です。それだけで眠っていた欲求は目を覚ます。


星野佳路

日本旅館そのものが現代の旅行者のニーズに合わせて進化しなければいけない。西洋のホテルも、日進月歩で進化し、今の形になっている。


メグ・ホイットマン

それぞれの会社が強みのある分野に、経営資源を集中できるようにするためです。おかげで技術開発が加速し、意思決定のスピードも速まりました。私が今トップを務めているHPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)はサーバーやストレージ(記憶装置)に集中したことで、顧客や社員とテーマを絞って実のある議論ができるようになり、満足しています。私は米国のCEOの中で唯一、大きなビジネスよりも小さなビジネスを運営する方が好きな人間と言えるかもしれません(笑)。

【覚え書き|ヒューレット・パッカードを2つの会社に分割したことについて】