名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

青木功の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青木功のプロフィール

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

青木功の名言 一覧

ゴルフをやめるときは死ぬとき。俺にとってゴルフは天職。ゴルフしかない。


みんなが嫌だと思うところにこそチャンスはある。


自分がしたいと思うゴルフをやるための環境は、自分でつくっていくしかない。


サラリーマンも同じだと思うけど、体力がなければいい仕事はできない。


もしうまくいかないことがあったら、それはゴルフの神様が「お前はまだ下手だからもう一回やれ」と言ってくれているんだと思う。


俺は俺の打ち出し方しかできないんだ。どんなフォームで打とうと放っといてくれ。要は結果を出せばいいんだ。


歳だから「まあ、いいや」と思ったら選手としては終わりです。


ゴルフは個人競技だから自分一人が頑張ればいい成績を収められる。そう思いがちですが、ジャンボ(尾崎)や中嶋(常幸)といった強烈なライバルがいたからこそ、互いに技術が磨かれるものなのです。


今年の秋はレギュラー、シニアツアーともに多くの試合に出させていただきました。日本シニアオープンは38位、富士フィルムでは37位。どの試合も出場最高齢ですから、「よくやってる」と人には褒められますが、心の中では「できればベスト10に入りたかった」なんて思っているんですから欲の深いゴルファーです。


勝った喜びを分かち合ってくれる家族、一緒に戦ってくれるキャディーの協力など、ある意味ではゴルフもチーム戦なんです。


いまにして思うと、盗んで学んだものは忘れることがないんですが、一方的に先輩から教わったものはすぐ忘れます。心のどこかに、忘れたらまた聞けばいい、そんな気持ちが働くんでしょうね。


いまでは師匠と弟子の関係は、師匠が手取り足取り弟子に教えてくれるといったイメージがありますが、そのころの先輩プロたちは、「盗んで身につけろ」が当たり前の世界でした。練習場で先輩たちが打つ、その姿を頭に叩き込んだ記憶があります。


ドライバーで遠くに飛ばすのもいいけど、パットやアプローチにも醍醐味があるのを感じられたら、名手の一人です。


私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。


英語もろくにできない俺が海外でやれたのは、とにかく好奇心が強かったから。外国の選手たちのやり方が面白そうだと思うと、俺は自分ですぐに試してみた。すると相手も「バンカーショットを教わりたい」とか言ってきて、そのうち食事やツアーの移動も一緒にするほど仲良くなってね。結局、コミュニケーションは言葉じゃない。気持ちの問題。


俺が指導しているジュニアたちには「自分から先に挨拶するのが基本」だと教えている。たとえ苦手な相手でも、挨拶されて嫌な気持ちになる人はいないからね。


若い頃は自分のゴルフにあれこれ言われるのは嫌だったけど、そういう人ほど自分のことを思ってくれていたということが、いまになってよくわかる。だって、どうでもいいヤツには声もかけないもの。


天気が悪いとゴルフをしたくないなと思う人もいる。雨を味方にするぞとプラス思考で考えれば、それが大きな差になってくる。ビジネスの世界だって、人と同じ事をやっていたら絶対に上には行けないでしょ?


「心・技・体」という言葉は、「体・技・心」という順番が正しいと考えている。まず強い体がなければ、技術も身に付かないし、強い精神力だって生まれないよ。


僕はゴルフが大好きだから、少しでも長くゴルフをやりたいと思っている。そのためにはトーナメントで戦えるだけの体力が必要だし、ちょっとやそっと走っても疲れない体をつくらなきゃ勝つことはできない。


青木功の経歴・略歴

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

他の記事も読んでみる

木村裕一(きむらゆういち)

「あらしのよるに」は寝室の入り口からベッドまでの3歩で構想が生まれ、原稿はファミレスで書いたんです。「あかちゃんのあそびえぼん」シリーズも、ファミレスの紙ナプキンを開いたり閉じたりして仕掛けを考えました。仕事場はちゃんとありますが、テレビやら漫画やら誘惑が多くて。


石田淳(コンサルタント)

現実できる目標の立て方4か条

  1. 本当にやりたいことを目標にする。
  2. 抽象的な目標は数字化する。抽象的な目標のままだと、具体的で効果的な行動に落とし込めない。
  3. あり得ない目標は立てない。大志を抱くことは大事だが、理想が高すぎると現実味がわかないし、日々の行動にも落とし込めない。
  4. 月や週ごとのサブゴールをつくる。1年後だけだと日々のモチベーションが起こりにくい。サブゴールを小刻みに設定すべし。

西田一見

脳を「クリアリング(リセット)」するには言葉とイメージと動作を使う。なぜ言葉やイメージ、動作で感情をクリアリングできるのかというと、脳は現実とイメージの区別がつかないからだ。ネガティブな感情が湧きそうな場面でも、ポジティブな言葉や動作でポジティブなイメージをつくると、脳は騙されて「快」の反応を示す。


大久保彦左衛門

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


石田淳(コンサルタント)

どのような行動が良かったのか、どのような行動が失敗だったのかを振り返ってみてください。振り返りと記録を続けていけば、次に同じような場面で失敗しそうになっても、必ず立ち止まって考えられるようになるでしょう。


鳥原隆志

謝るときは、常に「あなた」が主語である「YOU(ユー)メッセージ」であることが大事。


西田弘次

部下のモチベーションを上げるには、人間関係が築けていることが大前提。人間として信頼も好感も抱けない上司だったら、部下は何を言われても「この人の言うことなんてやりたくない」と思うのが普通です。


牛尾治朗

従業員が多様性を持つようになると、経営者のリーダーシップがますます必要になります。そのためには、やや遠めの10年後、15年後のビジョンを打ち立てることが求められる。さらに言えば、企業のキャラクターも問われる。いってみれば、ビジョンとそのビジョンを実現するための方法論が必要になります。


新宅祐太郎

後発の下位メーカーには、別の戦い方がある。


松井道夫

いまは革命期の真っ最中です。世の中の風景は、大きく変化しています。これに気付いている人と、気付いていない人とでは天と地ほどの差が出てきます。たしかに、過去の延長線上に歴史が続いているのは事実です。しかし、必ず100年か200年に一回、世の中の様相がガラッと変わるエポック・メーキングな時代があるんですね。いま私たちが立っているのは、まさにその地点です。


新郷由起

老年期だからこそ「生きる力」が試される。自分の生き方に納得して生きている人は、本当に強い。


奥山清行

私は、日本の企業から人々を魅了する商品が生まれなくなっている背景のひとつには、「分断」があると考えています。とくに日本企業では、開発、生産、営業、販売の各プロセスが分断されていて、お互いの交流がほとんどないことです。これによって、どういう事態が生じているか。販売の人間は、開発や生産に携わる人たちがどんな思いでその商品を作っているかがわからず、お客さんに商品の魅力を十分伝えることができていません。一方、開発や工場の人間も、販売現場やユーザーのことがわかりませんから、作り手側に都合のいい独り善がりの商品を作ってしまうのです。