青木功の名言

青木功のプロフィール

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

青木功の名言 一覧

ゴルフをやめるときは死ぬとき。俺にとってゴルフは天職。ゴルフしかない。


みんなが嫌だと思うところにこそチャンスはある。


自分がしたいと思うゴルフをやるための環境は、自分でつくっていくしかない。


サラリーマンも同じだと思うけど、体力がなければいい仕事はできない。


もしうまくいかないことがあったら、それはゴルフの神様が「お前はまだ下手だからもう一回やれ」と言ってくれているんだと思う。


俺は俺の打ち出し方しかできないんだ。どんなフォームで打とうと放っといてくれ。要は結果を出せばいいんだ。


歳だから「まあ、いいや」と思ったら選手としては終わりです。


ゴルフは個人競技だから自分一人が頑張ればいい成績を収められる。そう思いがちですが、ジャンボ(尾崎)や中嶋(常幸)といった強烈なライバルがいたからこそ、互いに技術が磨かれるものなのです。


今年の秋はレギュラー、シニアツアーともに多くの試合に出させていただきました。日本シニアオープンは38位、富士フィルムでは37位。どの試合も出場最高齢ですから、「よくやってる」と人には褒められますが、心の中では「できればベスト10に入りたかった」なんて思っているんですから欲の深いゴルファーです。


勝った喜びを分かち合ってくれる家族、一緒に戦ってくれるキャディーの協力など、ある意味ではゴルフもチーム戦なんです。


いまにして思うと、盗んで学んだものは忘れることがないんですが、一方的に先輩から教わったものはすぐ忘れます。心のどこかに、忘れたらまた聞けばいい、そんな気持ちが働くんでしょうね。


いまでは師匠と弟子の関係は、師匠が手取り足取り弟子に教えてくれるといったイメージがありますが、そのころの先輩プロたちは、「盗んで身につけろ」が当たり前の世界でした。練習場で先輩たちが打つ、その姿を頭に叩き込んだ記憶があります。


ドライバーで遠くに飛ばすのもいいけど、パットやアプローチにも醍醐味があるのを感じられたら、名手の一人です。


私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。


英語もろくにできない俺が海外でやれたのは、とにかく好奇心が強かったから。外国の選手たちのやり方が面白そうだと思うと、俺は自分ですぐに試してみた。すると相手も「バンカーショットを教わりたい」とか言ってきて、そのうち食事やツアーの移動も一緒にするほど仲良くなってね。結局、コミュニケーションは言葉じゃない。気持ちの問題。


俺が指導しているジュニアたちには「自分から先に挨拶するのが基本」だと教えている。たとえ苦手な相手でも、挨拶されて嫌な気持ちになる人はいないからね。


若い頃は自分のゴルフにあれこれ言われるのは嫌だったけど、そういう人ほど自分のことを思ってくれていたということが、いまになってよくわかる。だって、どうでもいいヤツには声もかけないもの。


天気が悪いとゴルフをしたくないなと思う人もいる。雨を味方にするぞとプラス思考で考えれば、それが大きな差になってくる。ビジネスの世界だって、人と同じ事をやっていたら絶対に上には行けないでしょ?


「心・技・体」という言葉は、「体・技・心」という順番が正しいと考えている。まず強い体がなければ、技術も身に付かないし、強い精神力だって生まれないよ。


僕はゴルフが大好きだから、少しでも長くゴルフをやりたいと思っている。そのためにはトーナメントで戦えるだけの体力が必要だし、ちょっとやそっと走っても疲れない体をつくらなきゃ勝つことはできない。


青木功の経歴・略歴

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

他の記事も読んでみる

塚本隆史

場が与えられれば爆発的に持てる力を発揮するケースを、私はこれまでたくさん見てきました。やりたいと思っていた仕事が、実際に辞令を受けてはじめてできるようになると、嬉しいんです。そうすると、ものすごい力を発揮するのです。


苦瓜達郎

変な話、人より10倍先が見える人より、常に半歩先を行ける人のほうが10倍儲かるシステムなわけですよね、株というのは。なんだけど、人より半歩先にいるためにやることってなんだろうという話で。たぶんそれは積みあがらないスキルであって、私とは縁のない世界。


豊田章一郎

設備が同じでも、もっと効率的に作れないのか。それと、腕を磨くことには無限の可能性がある。
【覚書き:太平洋戦争終結10年後にドイツのフォルクスワーゲン社の工場を訪問した時、最新の設備に驚かされ、生産技術向上に力を入れることを決意したときの言葉】


藤岡頼光

大きな会社がどんどん出てきても何も怖くない。大きな会社は取締役が出てくることはあるけど、社長が来ない。日本の大手資本でお金だけ出して、部長にやってこいって、そこに負けるとは思えない。覚悟が違うんだよ。予算決定権を持って現地でやるんだから。


ケビン・ロリンズ

生産方法には、バーチャルインテグレーションや、フルインテグレーションもあるが、ここでも、同様に、利益が出たかどうか、成長につながったかどうかでそれぞれのモデルを評価すべきだと考えている。


田中節三

正攻法の反対側に、意外と答えが隠れている。


中村獅童(二代目)

重要なのは、相手を思いやる心ではないかと僕は思う。「普段から相手に気を使えない人は、いい役者になれないよ」と、叔父の萬屋錦之介もよく話してくれました。


高田明(ジャパネットたかた)

我々が売り上げ1000億を達成して満足したら、そこでもう終わりです。結果よりも常に自分が努力し続けるというプロセスが大事。


天堂きりん

端から見ているとはっきり分かるような選択も、当の本人は分からないものですよね。人のことだったらどっちが正しいとかビシッと言えるのに、いざ自分のことになると一気に分からなくなる。


下村博文

私は自分が経験してきた苦労の中で、逆境を乗り越える力は身に付けることができた。そこが政治家としての私らしさだと思っています。


柴田英寿

副業は自分の得意分野に的を絞るといいですね。私は電機メーカーに勤め、趣味はAV(オーディオ・ビジュアル)なので、電機関連分野のアフィリエイトや株取引に力を注ぎました。得意分野に的を絞ると作業効率がよく、作業自体も楽しく長続きします。勝てる可能性だって高まります。そしてなにより、得意なことや好きなことを出発点にすれば、主体的に行動するようになる。自然と習慣化されていくわけです。


久野康成

差別化要因とは自社の強みであり、会社が持っている製品戦略につながります。強みをさらに深めていくことこそが経営の基本的な方向性であり、経営者が目指している方向が明らかになります。


矢倉英一

世の中が最悪の状況だからこそ、後は良くなるだけと思い、夢だった独立に踏み切った。


手倉森誠

五輪出場も危ないと言われていました。実際、ずっと勝てなかった世代なので、これは普通にやっていてはダメだと思いました。自分のやり方で勝たせるしかない、と。


中野信子

脳を飽きさせないために、複数の本を同時進行で読むというのも効果的。その際は、組み合わせを工夫してみるのも一興。たとえば「殺人の人類史」という本とミステリーを同時進行で読む。内容がリンクするので、相互補完的に興味をグングン高められます。でもそれでは近すぎて新鮮味がないというのであれば、「戦争の歴史」と「子育て」の組み合わせはどうでしょう。全く交わらなさそうな両者ですが、実は子育てをするには食べ物をはじめ十分な資源が必要で、そのために人は争ってきた歴史がある。だから子育てと戦争は切っても切り離せない、と。こちらは、一つのものごとを多角的に見る面白さを味わえます。


ページの先頭へ