名言DB

9490 人 / 112001 名言

青崎済の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青崎済のプロフィール

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

青崎済の名言 一覧

人の目を見て話せば心が見える。


何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。


新しいことに挑戦するとき、完璧を目指しては何も出来ない。「良いものが出来たけど、まだ完璧かわからない」と二の足を踏んでいると、よそから次々に同じようなものが出てきてしまう。


門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


病気になると本人が一番損をするし、家族も路頭に迷うし、さらに会社も損害を被ります。社員の健康は会社の財産なのです。


従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


正直言って、社長とはこれほど孤独なものだとは思わなかった。私はずっと仲間と一緒に歩いてきたので、孤独はこたえます。


リストラで大切なのは、全社を挙げてリストラに集中すること。それから、担当者がプロジェクトの意義をよく理解し、反対勢力や抵抗勢力に飛び込んでいくことです。裸になって話をするということです。


日本は少子高齢化による人口減少の影響で、市場が縮小していく。考え方もそれに合わせてシュリンクしてしまっています。これはもったいない。世界には爆発的に人口が増えている地域もあるので、世界に目を転じれば何の心配もいらないのです。


青崎済の経歴・略歴

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

森川亮

インターネット業界では、業界自体が速い成長をしているので、前年度比で30%くらい成長しないと成長しているとは言えない。すると、既存事業だけでは達成できないので、新しいことをしなければならない。


森本千賀子

環境が変化した時や新たなミッションを与えられた時にフットワーク軽く動ける人材になるためにも、部署異動や関連会社への出向、海外への赴任などは前向きに捉え、真っ先にチャレンジするべきでしょう。


上西京一郎

ゲストの方はより魅力のあるパークを求めていますので、事業として利益、キャッシュを生み、それを新たな投資にまわすことでゲストの満足につなげていく、そうしたサイクルを大切に考えています。


貞松成

新規開設にあたっては、保育所だけの場合もありますし、介護施設だけの場合もあります。また、これらを複合して出すこともあるので、介護と保育の融合による相乗効果が見込めることが大きな特徴です。たとえば、保育園の子供たちと介護施設の利用者様のライフスタイルはとてもよく似ています。食事、散歩、寝る時間などがほとんど同じですから、一緒にすることで建築費や家賃、人材面などの運営費用がとても効率的になります。ですから、その分だけ、サービスの質の向上に充てられると考えています。


カルロス・ゴーン

長所短所を知りつくし、どこに可能性があるかを指摘できるのは当事者だ。素材はすべてそこにある。


鈴木敏文

なぜ、世の中の変化についていけないのか。例えて言えば、人間は自分の体臭が自分ではわかりません。同じことは仕事のやり方についても言えます。自分の体臭の中に浸って仕事をしていると、変化に対応できていない現実になかなか気づかない。それは創業以来、市場の変化に対応しようとしてきたセブンイレブンについても同じで、私は非常に危機感を抱いています。


カルロス・ゴーン

今でもよく覚えていますが、当時(日産の再建に着手したとき)はこう言われたものです。「あなたは日本にいるのです。ですから、系列は解体できません。過剰投資した工場を閉鎖することはできません。人員削減はできません。よくよく注意してください」と。意見を聞くうちに私は茫然としました。「これは参った。会社を再建するには、やってはいけないと言われたことをすべてやらなければならない。社内だけでなく、日本国内でどう受け止められるだろう」。これは究極の選択でした。


小松俊明

小さなダンドリをしっかりこなせるかどうかを、周囲の人達は注目している。小さなことがキチンとできてこそ大きな仕事もこなせる。


川端康成

人間はみなに愛されているうちに消えるのが一番よい。


城谷直彦

日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。


河瀬誠(コンサルタント)

論点とは議論の単位のことで、議論全体を論点ごとに整理していくと、問題の全体像が見えてくる。ここから解決すべき優先度の高い論点を見つけ出そう。


中村邦夫

社長時代に変革の決断を繰り返すことは、正直に言うとしんどいものでした。ですから、ここぞという大きな決断をする時には、創業者が会長時代にPHP研究に取り組まれた場所、京都・東山の松下真々庵(しんしんあん)に行き、庭を眺めたりしながら、2~3時間ほど身を置くようにしていました。そうすると、創業者のオーラに包まれるような、勇気づけられるような感じがして、決断がしやすくなったのです。そういうありがたい体験をさせてもらったことに、今でも感謝しています。