名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青崎済の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青崎済のプロフィール

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

青崎済の名言 一覧

人の目を見て話せば心が見える。


何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。


新しいことに挑戦するとき、完璧を目指しては何も出来ない。「良いものが出来たけど、まだ完璧かわからない」と二の足を踏んでいると、よそから次々に同じようなものが出てきてしまう。


門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


病気になると本人が一番損をするし、家族も路頭に迷うし、さらに会社も損害を被ります。社員の健康は会社の財産なのです。


従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


正直言って、社長とはこれほど孤独なものだとは思わなかった。私はずっと仲間と一緒に歩いてきたので、孤独はこたえます。


リストラで大切なのは、全社を挙げてリストラに集中すること。それから、担当者がプロジェクトの意義をよく理解し、反対勢力や抵抗勢力に飛び込んでいくことです。裸になって話をするということです。


日本は少子高齢化による人口減少の影響で、市場が縮小していく。考え方もそれに合わせてシュリンクしてしまっています。これはもったいない。世界には爆発的に人口が増えている地域もあるので、世界に目を転じれば何の心配もいらないのです。


青崎済の経歴・略歴

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

三谷宏幸

企業によっては、個人の力を前面に出しすぎると疎んじられる傾向がありますから、過度な自己主張は控えるような注意が必要ですね。


渡邉幸義

一般に、就労困難者を採用すると何か会社にデメリットがあると思われているようですが、実はそんなことはまったくありません。むしろメリットのほうが大きいと感じています。たとえば、どの企業もまだできていないことをやることで注目され、社会的に評価されます。メディアの取材を受けることも多い。そのうえ大変優れた「人財」を獲得することができるのです。


瀬戸欣哉

最初のうちは顧客獲得コストが経費のほぼ全てで、調達した資金がいつ底をつくかという、いわゆるバーンレートを計算しながら、黒字化と上場の計画を練っていきました。1件の顧客獲得コストは1万円程度で、1回の平均購入単価も1万円程度。限界利益率はだいたい15%でしたから、1万円ばらまくと1500円くらい限界利益が出る計算です。つまり、1人のお客さんが7回買って初めてペイします。年間の購入回数は3~4回と想定すると、ペイするまでだいたい2年です。そのような計算でいけば、顧客を蓄積していけば必ず利益は出るわけです。サイトのオープンから4~5か月して、「ああ、これは商売になる」と確信を深めました。


磯村巌

トヨタもまだ足りないところが多い。組織改革のスピードだって、もう少し速くてもよかったかもしれない。「うちが1番」と思ったら、トヨタはおしまいです。世間から「強い会社」とか言われる「褒め殺し」が一番怖い。慢心病にならないように、まだヨソの会社に学ぶことはあるぞと社内で言い続けています。


小山政彦

昔から「一人口は食えぬが二人口は食える」ということわざがあるように、独身でいるよりも共働きの世帯のほうが生計は立てやすい。


レイ・クロック

新店舗は、景気の悪いときこそ建てる。なぜ景気が上向きになるのを待たねばならない?そんなことをしたらいまよりずっと金が掛かる。土地を買うに値するならすぐに建物を建て、ライバルより先に店を開く。


佐藤孝幸

ゴール時期が曖昧で、しかも長めに設定したスケジュールでは、計画を実行に移すのは難しいでしょう。


麻野進

上司を見極めるにはいろんなタイプを知っておき、比較できるようにすること。別の部署の上司と食事をしたり話を聞いて、できるだけたくさんの上司と知り合いになることが大切。


澤上篤人

先行して自助努力を重ねた企業は、どんどん成果を上げだす。一方、大多数の企業はただただ口を揃えてビジネス環境が厳しい、政府は何とかしてくれと言う。マスコミはそれを見て景気は腰折れだとか言って騒ぐ。そのうち、先行した企業に煽られてようやく前向きに動き出す企業が増え始める。モタモタしていると、どんどん差をつけられ、下手すると脱落を余儀なくされる。その恐怖感から、しぶしぶ自分も頑張ろうとなる。この段階に入って、ようやく景気上昇のピッチが速まり始める。これまでは他人任せで何もしてこなかった企業が、置いてきぼりを食らってはマズイということで、1社また1社と動き出す。その動きが広がることで、景気全体を大きく押し上げることになる。その辺りからだ、マスコミはじめ国民の多くが景気の回復基調を実感しだすのは。景気回復の初期段階はいつもこんな感じ。そこから先は早い。気が付いたら全員参加型の景気回復となってしまっている。


原田泳幸

世の中が厳しい、厳しいとばっかり言っても何にもならない。その中でどういうチャンスがあるかということをきちっと考えて良い商品を出していく。それが経営の課題。


梅野勉

どんな仕事を与えられても、PDCAだけは意識してきちんとやる。これができるようになれば、将来確実に伸びます。MBAよりPDCAだと覚えておいてください。


西岡喬

原点となるのはお客様です。ものづくりの再生も、その原点に立ち返ることでしか成し遂げられません。