名言DB

9419 人 / 110788 名言

青崎済の名言

twitter Facebook はてブ

青崎済のプロフィール

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

青崎済の名言 一覧

人の目を見て話せば心が見える。


何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。


新しいことに挑戦するとき、完璧を目指しては何も出来ない。「良いものが出来たけど、まだ完璧かわからない」と二の足を踏んでいると、よそから次々に同じようなものが出てきてしまう。


門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


病気になると本人が一番損をするし、家族も路頭に迷うし、さらに会社も損害を被ります。社員の健康は会社の財産なのです。


従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


正直言って、社長とはこれほど孤独なものだとは思わなかった。私はずっと仲間と一緒に歩いてきたので、孤独はこたえます。


リストラで大切なのは、全社を挙げてリストラに集中すること。それから、担当者がプロジェクトの意義をよく理解し、反対勢力や抵抗勢力に飛び込んでいくことです。裸になって話をするということです。


日本は少子高齢化による人口減少の影響で、市場が縮小していく。考え方もそれに合わせてシュリンクしてしまっています。これはもったいない。世界には爆発的に人口が増えている地域もあるので、世界に目を転じれば何の心配もいらないのです。


青崎済の経歴・略歴

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

朝長哲

トップバリュの商品開発の歴史は、品質を保証するための試行錯誤の繰り返しの上に成り立っていると言っても過言ではありません。


小林栄三

業務を20%効率化すれば、いまの仕事は8割の力で遂行できます。そして余った2割は、次の成長のために使えます。そのためには個人のレベルアップに加え、ITによるインフラ整備が大切です。ただ、その前提となるのは、業務プロセスの「可視化」です。


笠谷幸生

状況判断と予測が大切です。世界的な大会では80%くらい前日で勝負が決まっています。前日のプラクタスジャンプ(最終練習)で上位の選手は本番でも上位です。10本跳んで6本成功すれば一流。8本成功すれば金メダルと言われるが、要は最低レベルを高めることです。


矢部輝夫

みんな本当にまじめに頑張っていて、まさに爪に火をともして、爪が燃え尽きてしまうほどに(笑)。では、どうやってその努力に報いるか。お金も大切ですが、それ以上に「自分たちの仕事の意義を認識してもらうこと」が大事だと考えたのです。


米田功

もし私がシドニー五輪代表に落選していなけれは、お祭り気分のキャプテンだったでしょう。「カッコよく勝とうぜ」といって、みんなの気持ちを理解しようとしないで終わったかもしれません。


斉藤惇

国を開く話は、常に「弱者が救われない」といった話によってブロックされます。ところが、それを言っている人達が既得権者であることも多い。もちろん、そうした声はある程度聞かなければいけないと思いますが、そうした既得権者の反対だけで前に進めない、国を開かないということをやっては駄目だと思います。


堀義人

企業は、リーダーの器の大きさによって決まります。言い換えれば、リーダーの器が大きいほど、企業も大きく成長できるのです。


市村洋文

夢があるから目標がある。
目標があるから計画がある。
計画があるから行動がある。
行動があるから成果が出る。
成果が出るから自信がつく。
自信があるから次の夢につながる。
その夢は最初に見た夢よりも高く、そして大きくなっている。


田中義信(田中誠文堂)

当時入社後も営業に専念していたこともあり、経営のことはわからないことばかりでした。実際に会社の財務状況などは社長就任後に始めて聞かされるものばかりでした。しかし経営を任せられたからには、トップとしてなんとか社員を引っ張っていこうという気概だけは持っていました。
【覚書き|創業者の父が急逝し、いきなり社長を継ぐことになったことを振り返っての発言】


日覺昭廣

欧米では短期の利益を求めるのに対して、当社は常に長期的な視点に立った経営を意識しています。繊維、炭素繊維、水処理はその代表例で、いずれも短期的な収益を重視すれば、間違いなく撤退していた。事実、欧米企業は軒並み撤退しています。