青崎済の名言

青崎済のプロフィール

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

青崎済の名言 一覧

人の目を見て話せば心が見える。


何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。


新しいことに挑戦するとき、完璧を目指しては何も出来ない。「良いものが出来たけど、まだ完璧かわからない」と二の足を踏んでいると、よそから次々に同じようなものが出てきてしまう。


門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


病気になると本人が一番損をするし、家族も路頭に迷うし、さらに会社も損害を被ります。社員の健康は会社の財産なのです。


従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


正直言って、社長とはこれほど孤独なものだとは思わなかった。私はずっと仲間と一緒に歩いてきたので、孤独はこたえます。


リストラで大切なのは、全社を挙げてリストラに集中すること。それから、担当者がプロジェクトの意義をよく理解し、反対勢力や抵抗勢力に飛び込んでいくことです。裸になって話をするということです。


日本は少子高齢化による人口減少の影響で、市場が縮小していく。考え方もそれに合わせてシュリンクしてしまっています。これはもったいない。世界には爆発的に人口が増えている地域もあるので、世界に目を転じれば何の心配もいらないのです。


青崎済の経歴・略歴

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

カスヤナガト

本はとにかくたくさん読みました。中でも、写真家の星野道夫さんが書かれた『旅をする木』というエッセイが素晴らしくて。その感性を僕の小説に投影したくて、1か月以上欠けて本文をすべて書き写したりもしました。手で書いたほうが、心に馴染むと思ったので。


熊切直美

お客様と接してサービスを提供する現場で、「顧客第一主義」が「本当にできているのか」「どこかに緩みはないか」と、常に確認、検証する。当社では、そうした意識が創業以来、脈々と受け継がれていると考えています。


樋口武男

人様に後ろ足で砂をかけるような生き方をすれば運は逃げてしまう。


河野真矢子

私はスタッフに、昨日のお客様と今日のお客様は違う、日々成長していると伝えています。お客様が成長しているのであれば、私たちもそれを先取りして成長し続けないといけません。


稲垣公夫

パワーポイントで数十ページにわたる資料を作ったら、どこが重要な情報なのか伝わりません。ところがトヨタ式なら、A3用紙1枚なのですべての情報が一目で確認できます。だから、社内で根回しを行うときにも便利。スムーズに情報共有が図れます。


小川賢太郎

企業は人で組織されていますので、問題が起こり得るわけです。起きてしまったことは仕方がありません。それは正直に社内にも社外にも、問題が起きましたと発信する。しかし、その問題に対しては、このように解決していきますと、しっかり伝える。つまり、問題が起きた後にどのような行動をとるかが、とても大事になってくると思います。


片岡聡一

日本の各地域に現在求められているのは何より独自性であり先見性。横並びの意識では生き残っていけません。そう考えたとき、企業というのは常に一歩先、二歩先を考えて他社との差別化を図っている。そうした考え方を市の政策に取り入れていくことは重要です。


江上治

私は有名スポーツ選手から経営者まで、年収1億円超のクライアントを50人以上抱えていますが、彼らは皆ワガママ。同じコーヒーでも、200円のスタバではなくリッツ・カールトンの2000円。この差額は、心地よい空間を提供するサービス料です。そんな環境に慣れている彼らは、「ここまで尽くしてくれるか!」という感動がなければ心を開きません。普段からいろんな人が近寄ってきますから、非常に用心深く、何かを売りつけられるのを強く警戒します。目に見えない金融商品ならなおさら。「こいつに預けて大丈夫か?」という疑いの目で見ます。まず、彼らの心を開かなければなりません。ですから、私は商品の話は一切しません。相手が私にどんなことを期待しているか、何を欲しているかのリサーチとヒアリングを、事前に時間をかけて徹底して行います。秘書や受付、会社のナンバー2らにその人の性格や欲していることを聞き込み、本を出していればそれを読んでおく。こうした一歩目のアプローチで、勝負の9割は決まります。


太田肇

会社経営において、「表彰制度」の導入は非常に大きな可能性をもたらしてくれる。何らかの形で社員の取り組みや成果を表彰すれば、その社員の「承認の欲求」は高いレベルで満たされる。承認の欲求が満たされることで、社員は大きな喜びを得ることができる。この喜びが、個人のモチベーションを大幅に高めてくれるのだ。


イチロー(鈴木一朗)

最初からあるべき姿に到達するのは不可能で、まずはムダな時間を経験して、そこから削ぎ落としていくことによってようやく自分の行きたいところに近づけるのではないかと。合理的に考えすぎてムダの生じないような進み方をしようとすると、結局近づくことすらできない。当然、深みも出ない。


木村尚敬

有事の際には連絡手段にも気を配りたい。平時においてはメールベースのコミュニケーションが便利だが、いざというときにはスピードが遅すぎるし、迫力も出ない。また、際どいことを頼まなくてはいけない場面もあるが、メールでは証拠が残ってしまうため、婉曲な伝え方になって真意が伝わらないこともある。スピーディに、かつこちらの思いを的確に伝えるには、メールよりメッセンジャー、さらにメッセンジャーより携帯電話のほうがいい。これは対部下だけでなく、対上司でも同じだ。ビジネスシーンで電話が使われる機会は減ってきたが、有事にはむしろ威力を発揮するのだ。


鈴木喬(経営者)

市場が成熟して「もうこれ以上はプレーヤーは参入できない」と思われている市場が一番面白いし、美味しい。こういう市場では、「勝つ」よりも「負けない」ことの方が重要で、ちょとした仕掛けで周辺の競争相手を叩きつぶすこともできる。


新美春之

企業ならリーダーは経営者です。昭和シェル石油を例にとりますと、1995年ごろまで石油業界は護送船団方式でやってきたし、当社も例外ではなかった。それで95年ごろから、私はこのままでは会社の存続は危ういと思い始めました。社内では昭和シェルの実態は中小企業なのに動きの鈍さは大企業と説明しました。社員は我が社はまず大丈夫だろうと思っているのです。見かけ上、連結売上が1兆6000億円くらいありますから。しかし売上から揮発油税など税金を引いてみるとどうだ、付加価値という点で見るとどうだ、と問い詰めていく。残りを見れば本当の規模は中小企業ではないかと。


ジェイ・エイブラハム

周りの人や事象、すべてのものに対して好奇心を持つことができれば、マンネリやモチベーションダウンとは無縁でいられる。


佐野陽光

何かやりたいことがあったら起業で形にすることが手段として一番優れていると思います。先人の知恵から学べるし、多くの人が支持してくれます。


ページの先頭へ