名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青山祐子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青山祐子のプロフィール

青山祐子、あおやま・ゆうこ。日本の女性アナウンサー。広島県出身。筑波大学卒業後、NHKに入局。高校時代は新体操、大学時代は弓道(三十三間堂弓道遠的大会成人女子の部優勝)をやっており、スポーツ万能だったことからスポーツアナウンサーとして活躍。長野放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュース11」「おはよう日本」「サンデースポーツ」「ニュースウォッチ9」などでキャスターを務めた。

青山祐子の名言 一覧

スピーディーで完成度の高い仕事をするためには、やはり、場数を踏んで失敗経験から学ぶのが近道でしょう。「あのとき、上手くインタビューできなかった」。そんな痛い経験が糧となって、現場での瞬時の判断能力を高めてくれたのだと思います。


少しくらい失敗してもくよくよせず、旺盛なくらいの好奇心を持って挑戦してください。そうすることで、仕事はどんどん楽しくなってくると思うし、さらに大きな可能性も広がってくると思います。


スポーツのことだけでなく、言葉づかいや演出の方法、ファッションのことまで、先輩や仲間からいろいろ教わっています。ですから、人から教わることを恥ずかしがらないことも、仕事を速く覚えるコツかもしれません。


アナウンサーとして駆け出しのころは、とにかく目の前の仕事に集中するように心がけていました。休みの日にスポーツするときは、それに集中する。友人と会食しているときは、とにかく楽しむ。新人のころと比べると、かなり気持ちの切り替えができるようになったと思います。以前は、仕事の失敗を休みの日まで結構引きずっていましたから。


スケジュールは休みから立てます。ダラダラと長時間労働するよりも、休みが先に決まっている方が、そこに向かって仕事をしようと努力できますから。それに私の仕事は、ニュースといういわば生き物を扱っていますから、ギリギリまでスケジュールが決まらないのです。そういう意味でも、スケジュールは休みから埋まっていきます。


ほとんどの時間を取材時間にあてています。スポーツニュースの質を決定づけるのは、放送時間よりもむしろ取材時間にあるといっても過言ではありません。取材が不十分だと面白い番組作りはできませんから、そこに手間と時間をかけています。


新人のころは、何をどう聞いていいのかさっぱりわからなかったし、番組づくりのイメージもまったく沸きませんでした。おまけに広島なまりも抜けなかったので、大変でした。最初はインタビューも上手くないし、要領も悪かったのですが、数をこなすうちに速く対応できるようになったと思います。


私はなんといっても現場が好きなんです。現場にいけば、何かしら情報が得られるし、新たな発見もありますから。


活動的かどうかはわかりませんが、頭よりも足で仕事するタイプだと自分では思っています。局にはもちろん自分の机がありますが、そこに1時間もいると珍しがられるくらい、局でジッとしていません(笑)。とにかく、いろいろなところに出かけて、人に会うようにしています。


青山祐子の経歴・略歴

青山祐子、あおやま・ゆうこ。日本の女性アナウンサー。広島県出身。筑波大学卒業後、NHKに入局。高校時代は新体操、大学時代は弓道(三十三間堂弓道遠的大会成人女子の部優勝)をやっており、スポーツ万能だったことからスポーツアナウンサーとして活躍。長野放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュース11」「おはよう日本」「サンデースポーツ」「ニュースウォッチ9」などでキャスターを務めた。

他の記事も読んでみる

桜井弘(櫻井弘)

立派な理論や意見をクチにする若い人が増えています。でも、それだけでは、相手に伝わりません。単に情報や意見が正しいだけでは、人は動かない。それどころか話し下手だと相手を不快にさせて評価を下げるかもしれません。


松本晃(経営者)

交渉を成功させるカギは、「準備8割、実際の議論2割」だと思っています。そこで重要なのは情報です。それも「information」という単なる情報ではなく、労力をかけてこそ取れる真に重要な「intelligence(諜報)」です。それを基に仮説を立てて、相手の本当の目的を考えるのです。


坂之上洋子

誰と付き合うかを意識することも重要です。学生のころ、CNNの番組で「Look at your closest 8 friends, they are who you are.(あなたの一番身近な友人を8人思い浮かべてください。実は彼らがあなたなのです)」という言葉が流れてきて、衝撃を受けたことがあります。人は友人の存在で大きく左右されます。しかし当時、私は身近に偶然いた友人となんとなく楽しんでいただけで、意識して友人を選ぶということをしていませんでした。


瀬戸欣哉

中期経営計画の発表後に株価が下がったのは、投資家の期待と我々が用意した回答が違った、ということでしょう。投資家が期待したのは、いつ、いくら儲かり、コストはどのくらいなのかという情報だと思います。こうした情報は、将来が今のビジネスの延長線上にある時には伝えやすいでしょう。でも、我々がやるべきなのは新しいビジネスや商品を生み出すことです。そのための体制を整備しているという話を投資家に納得してもらうのは、なかなか難しいものです。ある程度の感触を投資家から得ていますが、まだ十分には伝わっていないと思います。モノタロウでも投資家に理解されるまでに何年もかかりましたから。


磯崎功典

品質にこだわり、ものづくりにこだわることは、お客様との絆、すなわちブランド力の強化につながると考えています。


宮崎静花

多くのご縁に恵まれたのも、日本刺繍で一本筋を通してきたからこそ。人間の関係は、ひとつの軸を起点に大勢の人と関わるのです。


斎藤悦郎

顧客の立場に立って物事を考え、いち早く満足を与えることが重要。


石橋正好

経営では当たり前の考え方である「自己資本を増やす」こと。これこそが安定した収入を得て、将来の安心を得る近道です。


塙昭彦

手の中でくじをギュッと握って、「当たりだよ、当たりだよ」と思い続ければ、それは必ず当たりくじになる。しかし、「はずれだ、はずれだ」と思っていたら、当たりくじだったとしても、手を開いてみたらはずれくじに変わってしまう。


澤上篤人

長期投資家にとって大事なことは、3年とか5年あるいはもっと長い期間でも、平気で持ち続けられる銘柄を選ぶこと。3年でも7年でも持てるぞと思うからこそ、低迷相場や暴落相場でも平然とした顔をして買える。


高島徹治

忙しいビジネスマンが資格の勉強をするのにノートを作ってはいけません。すべてカードにして覚えるべき。カードが資格の勉強に優れている理由は二つあります。ひとつはどこでも持ち運べる携帯性。もうひとつは重要なところや苦手なところを並び替えられる組み換え自由なところ。


宮坂学

不便、不安、不満。そんな「不」のつく課題を解決したい。ヤフーにはユーザーと取引先という2種類の顧客がいる。取引先の課題は集客、販売。ユーザーの課題は情報不足。それらをインターネットを使って解決していく。