名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

青山祐子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青山祐子のプロフィール

青山祐子、あおやま・ゆうこ。日本の女性アナウンサー。広島県出身。筑波大学卒業後、NHKに入局。高校時代は新体操、大学時代は弓道(三十三間堂弓道遠的大会成人女子の部優勝)をやっており、スポーツ万能だったことからスポーツアナウンサーとして活躍。長野放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュース11」「おはよう日本」「サンデースポーツ」「ニュースウォッチ9」などでキャスターを務めた。

青山祐子の名言 一覧

スピーディーで完成度の高い仕事をするためには、やはり、場数を踏んで失敗経験から学ぶのが近道でしょう。「あのとき、上手くインタビューできなかった」。そんな痛い経験が糧となって、現場での瞬時の判断能力を高めてくれたのだと思います。


少しくらい失敗してもくよくよせず、旺盛なくらいの好奇心を持って挑戦してください。そうすることで、仕事はどんどん楽しくなってくると思うし、さらに大きな可能性も広がってくると思います。


スポーツのことだけでなく、言葉づかいや演出の方法、ファッションのことまで、先輩や仲間からいろいろ教わっています。ですから、人から教わることを恥ずかしがらないことも、仕事を速く覚えるコツかもしれません。


アナウンサーとして駆け出しのころは、とにかく目の前の仕事に集中するように心がけていました。休みの日にスポーツするときは、それに集中する。友人と会食しているときは、とにかく楽しむ。新人のころと比べると、かなり気持ちの切り替えができるようになったと思います。以前は、仕事の失敗を休みの日まで結構引きずっていましたから。


スケジュールは休みから立てます。ダラダラと長時間労働するよりも、休みが先に決まっている方が、そこに向かって仕事をしようと努力できますから。それに私の仕事は、ニュースといういわば生き物を扱っていますから、ギリギリまでスケジュールが決まらないのです。そういう意味でも、スケジュールは休みから埋まっていきます。


ほとんどの時間を取材時間にあてています。スポーツニュースの質を決定づけるのは、放送時間よりもむしろ取材時間にあるといっても過言ではありません。取材が不十分だと面白い番組作りはできませんから、そこに手間と時間をかけています。


新人のころは、何をどう聞いていいのかさっぱりわからなかったし、番組づくりのイメージもまったく沸きませんでした。おまけに広島なまりも抜けなかったので、大変でした。最初はインタビューも上手くないし、要領も悪かったのですが、数をこなすうちに速く対応できるようになったと思います。


私はなんといっても現場が好きなんです。現場にいけば、何かしら情報が得られるし、新たな発見もありますから。


活動的かどうかはわかりませんが、頭よりも足で仕事するタイプだと自分では思っています。局にはもちろん自分の机がありますが、そこに1時間もいると珍しがられるくらい、局でジッとしていません(笑)。とにかく、いろいろなところに出かけて、人に会うようにしています。


青山祐子の経歴・略歴

青山祐子、あおやま・ゆうこ。日本の女性アナウンサー。広島県出身。筑波大学卒業後、NHKに入局。高校時代は新体操、大学時代は弓道(三十三間堂弓道遠的大会成人女子の部優勝)をやっており、スポーツ万能だったことからスポーツアナウンサーとして活躍。長野放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュース11」「おはよう日本」「サンデースポーツ」「ニュースウォッチ9」などでキャスターを務めた。

他の記事も読んでみる

松沢幸一

お得意先はもちろん、経済人の会や勉強会など社外にも情報収集に行きます。その年にお付き合いする人たちの連絡先は、手帳の住所録に手書きでまとめていて、パッと見て社長が誰で、キーマンとなる常務が誰かわかるようになっています。年末年始に、誰を収載するか、会社別や業種別など、どうまとめるかを考えて住所録をつくることが一年間のタイムマネジメントの準備作業となっています。電子手帳などよりこれが一番早いのです。自分が知りたい情報をいかに早くひっぱりだせるかがこうしたツールの勝負となるところです。


光岡進

自分は夢と目標、計画、実行というふうに分けて考えているんです。夢というのはけっこう遠いところにあるものですが、目標というのは何とか頑張れば達成できるものです。目標を設定して、そして計画を立てて実行する。失敗すれば反省する。そうしてどんどん作り替えながら、夢に一歩づつ近づいていくんですね。技術とはまさしく、挑戦しながら身につけていくものだと思います。


辻慎吾

自分と森(稔)ほどこの街(六本木ヒルズ周辺)を歩いた人間はいない。


村上太一

ウェブ上で集客をし、購買に繋げなければなりませんので、リブセンスアナリティクスの解析が強みとなります。確かにこれまでは求人サービスを中心に展開してきましたが、私たちの事業のコアはやはりデータ解析で、だからこそ不動産情報サイトも上手く立ち上がりました。同じノウハウがECにも適用できますので、実は親和性があると考えています。


正垣泰彦

火事で焼け死ぬ思いをしたことで、自分は何のために仕事をするのか?という本質を真剣に見つめることができました。真剣といっても、平時の真剣さとは全然次元が違います。土台から全部まるごと考えなおすチャンスになったんです。
【覚書き|大学在学中にオープンしたサイゼリヤ1号店が火事で全焼してしまった当時を振り返っての発言】


田中稔哉

アイデンティティを持っていないと環境に左右されるだけのカメレオン的存在になってしまう。


二宮雅也

「義」は私にとって気になる言葉です。例えば経営統合だと何のために行うかという「大義」が大事になります。それをお互いに理解し合えば統合は進みますが両社トップ間の「信義」が大事になります。あとは「正義」の中で物事が進んでいきます。混乱が起きる時、物事がうまく進まない時には「義」に関連する部分で何か欠けているのかもしれません。


山久瀬洋二

片言の英語でもいいんです。重要なのは徹底的に食らいついてくる姿勢。ガッツがあって、ニーズをガンガン言う。英語圏ではそんな人が一番評価される。


菅原勇継

よく「いまの若い奴はやる気がなくて困る」といった声を聞きます。しかし、当社の社員を見ていると、最近の若い人間の方が、昔よりもやる気があるし、きっかけさえつくると、すぐにハートに火をつけてくれます。それも、うちの社員は高卒ないしは高校中退だったり、どこかで挫折を味わったことのある悪ガキと呼ばれる連中ばかりなのです。


江上剛

銀行員時代、支店長として赴任した先の引継ぎで、前任者から「この支店では3人しか仕事をしていない」と言われて驚いたことがあります。確かにその3人は優秀でしたが、前任者は彼らにばかり仕事をさせることで成果を上げていました。これは成果主義の弊害でもあります。そこで私は、男女の区別なく順番を決めて、毎日、一人の部下と一緒に取引先を回りました。ときには、喫茶店に入ってお茶を飲みながら部下と話をして悩みを聞いたりしました。それは、部下の人となりを見つける貴重な時間でもあります。


伊藤秀二

当社の今までを振り返ると10年に1度のビッグヒットと、その間にも小さなヒットを繰り返しています。ヒット商品を生み出すためには、お客様が求めている商品がうまく出来上がって、それがブランドとして認めてもらえるようなレベルに達するという過程を丁寧にやっていくしかないと思っています。逆に、ヒット商品を作るのは10年かかると言ったほうが正しいのかも知れません。


海老根智仁

自分のキャリアの目標をしっかりと持っている人が、やはり仕事ができる人だと思います。目標をしっかり持っている人は、目標と現実にはギャップがあることを常に感じていて、そのギャップを埋めようと必死で努力します。だから成長しますし、問題や課題も成長の糧だと考えることができるんです。