名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

青山真治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

青山真治のプロフィール

青山真治、あおやま・しんじ。日本の映画監督、小説家。福岡県出身。立教大学文学部英米文学科卒業。大学在学中に同大学映画研究会に所属。卒業後、フリーの助監督として現場を経験。オリジナルビデオ作品『教科書にないッ!』で初監督。『Helpless』で商業映画デビュー。その後多くの作品を手掛けた。主な受賞に、『EUREKA』でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞エキュメニック賞・高崎映画祭最優秀作品賞、『Helpless』で高崎映画祭若手監督グランプリ、『東京公園』でロカルノ国際映画祭金豹賞審査員特別賞ほか。そのほか、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科教授なども務めた。

青山真治の名言 一覧

成熟した社会では、自分という人間を得意技も欠点も知った上で、同じように他人がもっている可能性と、丁寧に関わり合っていくことが大切思います。


僕は、空気を読めない人は、空気を読めないことに胡坐(あぐら)をかいてもいいと思う。そうすれば、そのうちに空気を読んでくれる人が必ず現われるはずだから、その人に操ってもらえばいいのです。


なぜ僕が監督になれたかといえば、「空気を読む能力」に長けていたからだと考えています。一種の才能といえばそうかもしれません。いまこの場でどんなことをいえば状況がどう動くか、あるいは何を言ってはいけないか、そうした空気を嗅ぎ分けることが若いころから得意でした。よくいえば「気配りができる人」、悪くいえば「計算ずくの姑息な奴」です。でも、すべての人が僕と同じになる必要はない。いやなれないでしょう。


僕のモチベーションの源は「笑い」でしょうか。人と出会ってニヤニヤできればいい。基本的にオタク傾向でウチから出ないほうだけど、やはり人と会うと楽しくなってくる。


仕事を楽しめる人は誰の前でも微笑む人。ニヤニヤしていない人は、人生楽しくないのかなと思っちゃう。笑わせたくなりますね。ニヤニヤすることから仕事は動き出す。


ストレスの連続である撮影中は、ストレス解消と称して酒を呑み、呑みすぎてしばしば身体を壊しています。悪循環ですね(笑)。在宅中は猫と遊んでいればいいんですけど。
【覚書き|ストレス解消法についての発言】


キャスティングというのは、僕個人の好き嫌いで決めるのではなく、その作品自体が求めていることだから、基本的に僕はどんな俳優の挑戦でも受けますよ。そういう意味で、作品の質が映画にとって、やはりもっとも大事なんだと思います。


僕は脚本を書いている段階で、すでにその俳優さんが話しているシーンが見えています。それに今回の映画は、前作から引き続いていることもあり、シナリオ段階からイメージしていた俳優さんに多く登場してもらうことができました。それに僕は、監督の仕事の重心の7割はキャスティングにあると考えています。


映画作りで大切にしていることはいろいろありますが、脚本にはかなり神経を使っています。俳優の才能というのは、ある台詞の語尾を発したときに、心地いいか、肺に落ちるか、といった生理的で曖昧な感覚から立ち上がってくる気がします。その瞬間を「役が上がってくる」、逆に「役が下りてくる」と表現する人もいます。ですから、僕は脚本を書くときに、その役者にとっての「台詞の言いやすさ」を突き詰めて考えています。それは、明確に言語化できるものではなく、不確定で感覚的な部分なのですが、その不確定な要素のやりとりにこそ、人(俳優)と一緒に仕事をする可能性が隠れてい気がします。


自分が、流行りの映画のアンチテーゼをやっていると、殊更に主張するつもりはありません。基本的に、作品のテーマに沿って俳優の皆さんが演じておられることをいかにダイレクトに観客に伝えるかを考えるのが、監督の役割だと思っています。編集に凝っているといわれることもありますが、べつに凝っているわけじゃなく、伝えたいことが一番伝わりやすい編集を行なっているだけです。


青山真治の経歴・略歴

青山真治、あおやま・しんじ。日本の映画監督、小説家。福岡県出身。立教大学文学部英米文学科卒業。大学在学中に同大学映画研究会に所属。卒業後、フリーの助監督として現場を経験。オリジナルビデオ作品『教科書にないッ!』で初監督。『Helpless』で商業映画デビュー。その後多くの作品を手掛けた。主な受賞に、『EUREKA』でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞エキュメニック賞・高崎映画祭最優秀作品賞、『Helpless』で高崎映画祭若手監督グランプリ、『東京公園』でロカルノ国際映画祭金豹賞審査員特別賞ほか。そのほか、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

中島平太郎

CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。


ビル・ゲイツ

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。


佐々木宏

広告をつくることも大事だが、それに賛同する人が多く集まることはもっと大事。


トマス・J・スタンリー

資産形成の第一歩は守りにある。予算を立て、計画を立てることから守りははじまる。お金を使う前に、時間をかけてきちんと計画を立て、予算を組み、出費をコントロールしなければお金は貯まらない。蓄財劣等生はエクササイズに使う時間の3分の1も資産運用計画を練るためには使わない。


神谷一雄

私は毎朝、会社に来る前30分と、家に帰って30分、自転車のペダルを漕ぎます。日曜日は家内と一緒に1時間歩きます。まず頭を使うこと、そして体を動かすこと。それで心身ともに健康を保てる。


仲暁子

本からインプットしたことや、読んで考えたことなどはエバーノートにメモし、いつでも引き出せるようにしています。こうして書き留めた読書メモが特に役立つのは、本の内容を思い出そうとしたとき。一般に大人になってからの記憶の衰えは激しいといいますが、私、身も本を読んだ後、1年もすると細かい内容をすっかり忘れてしまうことがしばしばあります。その時にこのメモが本当に重宝します。


嶋浩一郎

多くの人が陥る勘違いに、「自分の話は聞いてもらえて当たり前」というものがある。しかし、話は「聞いていただくもの」。


西山昭彦

不動産会社の社員なのにある日突然、自社が運営する商業施設の支配人に抜擢された人がいました。商業施設の知識はゼロ。そこで彼は大胆にも、他社が運営する商業施設に電話し、飛び込みヒアリング。普通ならイヤがられるところ、「優れた先輩の教えを乞いたい」と謙虚に事情を説明し、気に入られて支配人としてのノウハウを教えてもらいました。


福井威夫

迷路の行き止まりに突き当たったら、本当に根本的な失敗なのか、それとも方向性は間違っていなくて、やり方に問題があるのか徹底的に解析するのです。そして、それ以上先へは絶対に進めないという確信が持てるまでは、引き下がってはいけません。ここで突き詰めれば、失敗しても新しい方向性が浮かび上がり、価値ある失敗にできるのです。


池内ひろ美

女性の中には命令しかできない人もいますが、これでは物事はうまくいきません。でも覚悟があれば、頭を下げてお願いすることもできます。そんな女性が増えてくれば、日本の社会はもっと素晴らしくなると思います。


井上智洋

製造業では収益構造を表す曲線を「スマイルカーブ」と呼びます。日本企業は収益性の低い組み立て・製造部分は強いのですが、収益性の高い研究開発部門とマーケティング部門は弱く、なかでも自社製品を他社製品と差別化していくブランディングが不得手です。ブランディングもAIでは難しい、感性が重要となる領域です。


鈴木博毅

大東亜戦争当時の日本軍の組織的構造や日本人特有の思考は、現代も変わっていない。失敗の本質を理解しなければ、日本企業がこの低迷から脱することはないだろう。