名言DB

9412 人 / 110637 名言

青山文平の名言

twitter Facebook はてブ

青山文平のプロフィール

青山文平、あおやま・ぶんぺい。日本の小説家。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、経済関係の出版社に18年勤務。その後、作家、ライターとして独立。『俺たちの水晶宮』で中央公論新人賞、『白樫の樹の下で』で松本清張賞、『鬼はもとより』で大藪春彦賞、『つまをめとらば』で直木賞をそれぞれ受賞。

青山文平の名言 一覧

通説を鵜呑みにしないというのは、ものごとをしっかり考える際の基本的な構え。


世界観、つまりは誰のものでもない自分の考えを持っていた方が、ふらふらせずに済んで生きやすいし楽しい。


出口が見えない時代において、何より大切なのは、とにかく自分で考えることです。なにしろ手本がないのですから、自分で考えるしかありません。


私も67歳で、体力的には年齢を感じざるをえません。物理的には、「死」が視野に入る年齢ではあります。2012年に私はステージ3Bの大腸がんの手術を受け、現実的な死と向かい合いもしました。いつ訪れるかわからないその日まで、私は書き続けるつもりです。


頭にあるのは、次はもっといいものを書くことだけです。そのためには殻を閉ざすことなく、世界に対して己を開いて刺激を受け続け、考え続けなければなりません。


コピーライター時代の「絶対に一つだけのアングルから物事を見ない」で考え抜くという姿勢が、小説に役立ちました。「世間に出回っている通説は、すべていったん洗濯してから自分の辞書に収める」ことは、小説の書き手としてのエチケットであり、マナーでしょう。


普通の記事と違って広告の文章は、「読まれない」「信用されない」ことを前提として書く必要があります。広告だから、まず読まれない。なんとか読んでもらっても信用されない。コピーライターのミッションは、このふたつの壁をクリアすることともいえます。


受け売りは禁物。その限りで、判断停止しているからです。現実と正面から向かって考える。とにかく、自分で考え続ける。そうしてのみ、自分ならではの「価値観」が見出されてきます。


青山文平の経歴・略歴

青山文平、あおやま・ぶんぺい。日本の小説家。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、経済関係の出版社に18年勤務。その後、作家、ライターとして独立。『俺たちの水晶宮』で中央公論新人賞、『白樫の樹の下で』で松本清張賞、『鬼はもとより』で大藪春彦賞、『つまをめとらば』で直木賞をそれぞれ受賞。

他の記事も読んでみる

仰木彬

先入観なしに白紙で選手を見るには、結果を出す場をつくるしかない。


辻野晃一郎

日本はもともと鎖国していた国です。だからガラパゴス化しやすいのは当然ですが、小さな世界の中だけで繁栄をエンジョイすることはもはやできません。いままで以上に、グローバルな視点を意識することが大切です。


北野武(ビートたけし)

マイホームパパだかなんだか知らないが、いつもニコニコ笑っていて、子供の気持ちがよくわかる、物わかりのいい父親が理想だなんてことになった頃から、ども教育がおかしくなった。駄目なものは駄目なんだと父親が教えてやらなきゃいけない。父親が子供に媚びを売ってどうする。結局は自分が可愛いだけのことなんじゃないか。父親は子供が最初に出会う、人生の邪魔者でいいのだ。子供に嫌われることを、父親は恐れちゃいけない。


橋本孝之

IBMという会社は、変革を続けてきた会社です。1990年初頭に業績悪化に陥り、大規模なリストラを断行し、さらに、ハードメーカーからソリューションカンパニーへと脱皮してきました。変化することを余儀なくされた結果、いまでは変化が常態化しています。会社も人も変わることができるのです。IBMのDNAは何かと問われれば、常に変革を続けられることであると言い切ることができます。


泉谷直木

営業は、頭と胸と腹の三つの部分でやるものだと思います。頭というのは理屈、胸というのは情熱、腹というのは人間関係の綾(微妙なニュアンス)をのみ込みつつ進める営業です。人間関係と情熱と理論の三つがそろってはじめてソリューション(問題解決)となる。営業も頭でっかちでは勝てません。腹があり、胸すなわちハートがなければ駄目なんです。


桐山一憲

誠実さは信頼関係のベースです。人が人を動かすことで成り立つビジネスは、信頼関係の基盤が何より重要です。


大橋徹二

お客様とのコミュニケーションが大事。いくらいいものを作ったってコミュニケーションが駄目だったら、うまくいかない。


北城恪太郎

20人ほどのチームで2年頑張ったのですが、情勢は厳しく、ときには部下も「選ばれないのでは?」と不安を露わにし、チームの士気が下がったこともありました。しかし、私は「必ず道は開ける」と自分に言い聞かせ、前向きに仕事に取り組みました。最終的にはお客様に選んでいただきました。これが私のキャリアが開けるきっかけになりました。
【覚書き|管理職となってはじめての仕事、大手都市銀行にオンラインシステムを売り込んだ際を振り返っての発言】


宇治則孝

経営トップ自らが強固な意識を持って経営全体の視点で取り組むことができなければ、ワークスタイルの変革は実現できない。


吉松徹郎

ビューティーの領域に関してはユーザーが広げてくれています。私たちが「まずこうあるべき」と提案しているのではなく、ユーザーが登録して下さったアイテムについてメーカーやブランドから情報を得て、それをユーザーに届けるというような相乗関係です。


井上陽介

普段会わない海外の人や異業種・異業界の人に会いに行ったり、国内では見られない海外のユニークなビジネスモデルに現地で直接触れたりすることも、「俯瞰力」を高める大切なポイント。みずからの状況に閉じこもりがちな日常の殻を破り、新たな視点を吸収していくきっかけとなりやすいでしょう。


大橋未歩

先輩社員に「アナウンサーは100用意して1出す仕事」と言われましたが、まさにそうした地道な作業が求められる仕事です。でも、そうした地味な作業が実を結んで、新鮮なニュースや番組中のコメントにつながったときは、やはり嬉しいですね。


柳澤大輔

最終的にはその仕事をやっている「人」に依存してくるとは思います。仮に今はそうでなくとも、オリジナルになろうと思っていれば、段々そうなってくる。うちだと今は、FLASHがそうですね。フラッシュデベロッパーがまだ一人しかいないときにFLASHに強い会社だと最初に言い切って(笑)今は本当に強くなりましたから。


福西七重

飽きられない社内報をつくるコツは、社員を社内報に登場させることです。自分が載っていると、みんな見るでしょう?


手代木功

私にとっては家で過ごす時間が元気の源です。上司が会社にいれば部下も帰りにくいので、39歳で経営企画部長になってからは定時で帰るようにしています。