青山五郎の名言

青山五郎のプロフィール

青山五郎、あおやま・ごろう。日本の経営者。紳士用スーツ専門店大手の「洋服の青山」の創業者。オーダーメイドが一般的だった時代に大量生産制やチェーン店制度を導入。創業5年で売上高1億円を突破。20年で売上高100億円企業に成長させた。

青山五郎の名言 一覧

常識的な考えに染まらない。社員が働いているときには遊ばない。いつも社員と一緒に仕事をする。それが私の信条だ。


青山五郎の経歴・略歴

青山五郎、あおやま・ごろう。日本の経営者。紳士用スーツ専門店大手の「洋服の青山」の創業者。オーダーメイドが一般的だった時代に大量生産制やチェーン店制度を導入。創業5年で売上高1億円を突破。20年で売上高100億円企業に成長させた。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

実際に商売をしながら、潜在需要を発掘・開拓していくことが大切です。顕在需要がなくても潜在需要があれば、諦める必要はありません。


桜井醜

情報は送り手が単に「伝える」だけではなく、受け手に「伝わる」ことが大事です。そのための大きな武器として、当社の全員が一生懸命取り組んでいるのが、読みやすさ、見やすさ、わかりやすさを科学的に追究したユニバーサルデザインです。


藤田弘道

わが社は技術の着想は良いんだけど、それを事業化するのが遅い。それが時々イライラするんだ。上司に挑戦状を叩きつけるくらいのことができないとダメだね。僕はそんなことの繰り返しだったけど「社長、それは違いますよ」と言ってくれるのはいなかった。それはさびしいことです。


茂木友三郎

ビジネススクールに派遣した社員が転職してしまうと、その人への教育投資が無駄になることもあるが、私はそれでもいいと思っている。社内教育の充実は会社の魅力を高め、優秀な人材を呼び寄せることになるからだ。


高田明(ジャパネットたかた)

未来を想像して不安になるよりも今が大切。今をつくることが一秒先の未来を確かなものにする。


諸富祥彦

自分のダメな部分を認めることができると、自分を変化させることができます。一番怖いことは自覚がないことです。


寺尾玄

「夢のために生きる」のは、素晴らしいことだと思います。もちろん、どれだけ努力してもかなわない夢もあります。ですが、自分の可能性を信じ、夢に向かって本気で取り組んでいる人はとても魅力的に見えます。自分らしく、自由な生き方をするためには夢を持つことが大切です。


佐伯弘文

それまで会議当日に配布した資料を、事前に配布するようになりました。事前に読んで来れば、効率的に会議ができる。テレビ会議によってコストが浮くだけでなく、出張に伴う体の疲労もなくなりますし、往復二日かけていた会議が、一時間ですめば、営業マンはその分お得意先に飛んでいけます。営業効率も高まるというまさに一石三鳥の効果があります。


藤井孝一

作業効率が上がる時間帯とはいえ、面倒な仕事だとなかなか手を付ける気にならず後回しにしてしまったり、気が散って目の前のことに集中できなかったりということは起こるものです。そういうとき自分なりのエンジンのかけ方を知っていると、貴重な時間を無駄にせずに済みます。


佐藤優

インプットの時間は一日4時間以上、意識的につくっている。


佐々木正

マザーズやナスダック・ジャパンといった新興の株式市場が誕生し、ベンチャー企業にとっては市場から直接資金を調達する機会が増えました。それはそれでいいのかもしれませんが、日ごろベンチャー企業の育成に努めている者としては複雑な思いです。若い人が金儲けの手段ができたと勘違いして浮かれているという状態は見過ごすことはできません。これでは真のベンチャーは生まれません。


中條高徳

日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


小林一雅(小林製薬)

市場が拡大し始めた際の注意として、ライバルをつぶしにかかってはいけません。特に、いじわるはダメ。問屋を介して圧力をかけたり、原材料メーカーを通じて供給を止めたり、といった妨害は、法に抵触するだけでなく遺恨も生まれます。「窮鼠猫を噛む」というように、いまは小さな存在だとしても、いずれ自社を脅かす存在になるかもしれません。


楠木新

姿勢を切り替えることは、順風満帆な状況では難しい。むしろ挫折や不遇体験の中でこそ起こる。


金井壽宏

育成のためにあえて「修羅場」を経験させるならば、きちんとそのためのプランを設計することが重要です。たとえば、ゼロから立ち上げる事業を、その事業で燃えそうな人にあてることなどは、非常に効果的だと思います。


ページの先頭へ