名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

隅田浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

隅田浩のプロフィール

隅田浩、すみだ・ひろし。日本の株式先物トレーダー。ヘッジファンド「レジェンダ・インベスティメント」代表。極東証券で凄腕ディーラーとして活躍後独立。

隅田浩の名言 一覧

僕はマーケットは常に正しいという考え方を支持します。ファンダメンタルズ分析とマーケットを比較して、両者のズレを考えるのが僕のファンダメンタルズ分析です。


僕は会社から定められたポジションの制限をたった一度だけ逸脱してしまったことがあります。会社からの大きな期待とロイヤリティーで、絶対に負 けてはいけないというプレッシャーの中でトレードしており、本来ならば冷静にカットしなくてはならない状況でポジションを積み上げてしまったのです。この失敗で学んだのは、自分の限界を知るということです。自分で対処できないリスクは絶対に取ってはいけないと肝に銘じました。僕のトレーダー人生の中で最大の勉強となっています。


トレードは確率の勝負です。ぼくの場合は70から75%の確率で勝てると判断したときにポジションを取るようにしていますが、それは自分の中の分析 であって、何か数値を使って75%の確率だからやりましょうというものではありません。自分の中には経験に裏打ちされた勝ちパターンのイメージができてい て、この確率ならば勝てるという意識があります。


(トレードの手法について聞かれて)ぼくはなんでもやります。限られたトレード資金の中で、どれだけ効率よくパフォーマンスを上げるかが重要だからです。つまり、 マーケットに合わせて今はスペキュレーションをする時なのか、それともポジショントレードなのかアービトラージなのかをアレンジします。


株価指数先物などの売買回数が多いため目立っているようだが、あくまでリスクを限定した取引が中心で、相場を一方向に動かすような極端な売買はしていない。参加者の多い先物などの市場では無理だ。とれるリスクや損失など、自分で一定のルールを持って投資するほうがいい。他人のせいにしていては市場では一生勝てない。


日本では、ネット投資家などを見ると投資より投機の比重が高く、賭博のイメージが強い。もっと企業業績や景気動向を踏まえて投資する人が増えてもいい。投機自体は市場の流動性を高めるので悪くない。ただ、ネットの掲示板などを見ると、思わぬ損失を被った時に他人や市場のせいにするなど投機のリスクに無自覚な個人投資家もいる。リスクを踏まえて参加すべきだ。


隅田浩の経歴・略歴

隅田浩、すみだ・ひろし。日本の株式先物トレーダー。ヘッジファンド「レジェンダ・インベスティメント」代表。極東証券で凄腕ディーラーとして活躍後独立。

他の記事も読んでみる

旗持玲子

私は「人間力」とは、「人の役に立てる力」だと考えています。今までに養ってきた知識、技術、経験、考え方、人柄……それらすべてを使って人の役に立つ力。それが「人間力」です。逆に言えば、人の役に立たない知識や技術や考え方は「人間力」とは無縁のものでしょう。ですから「人間力」とは、単に知識でも考え方でもコミュニケーション能力でもなく、「総合的な力」でもあると思います。


鈴村尚久

トヨタで10年ほど、船便で海外に部品を運ぶ仕事に携わったことがあります。そのとき痛感したのが、船会社によって異なる出港頻度の差。仮に週一度の出港ならタイミングが悪くても一週間の待ち時間ですみますが、二週に一度なら最悪二週間待たされる。航路の短さや船の速度より、待ち時間のほうが大きな問題になります。


山田昇(ヤマダ電機)

成果が出るうんぬんというのは、議論する前にまずは現場に出ないといけない。頭だけで考えて、現場に出ないのでは何も進まない。机の上で戦略を立てておしまいではなく、店頭に立って営業した結果を踏まえて初めて自分たちの強み、弱みを知るのであって、現場に立たなければ何にも分かりませんよね。


松本晃(経営者)

世のため人のためになることは必要条件、儲けることは十分条件。


前川孝雄

上司が部下に感謝すれば、部下も上司に感謝するようになる。部下に感謝されれば、上司もやる気になる。感謝は感謝の連鎖を生んで、プラスの循環が起こるのです。


野中正人

一度決めたら徹底的にやります。例外は一切ありません。


茂木友三郎

新しい部署に配属されたら、最初の半年間は自分の時間を相当犠牲にする覚悟を持つことが必要です。スタートの半年間で、その仕事に関する勉強を一気にやり込んでしまうのです。そうやって、その仕事のスキルを相当程度身につけてしまう。ある程度のレベルまで半年で駆け上がるのです。すると、仕事に追いかけられなくなります。これができないと永久に仕事に追われる状態が続きます。


野村克也

「自分は誰かに支えられて生きている」という感謝の気持ちを持つ人間は強い。


森田正光

ウェザーマップの経営については地道に進めてきた面もあります。経営を傾かせる訳にはいきませんから。例えば人を採用する時、急に増やすのではなく、天気解説に加えて、裏方でも活躍できそうな人を見極めて採用したりしていました。


大宮英明

会社全体の総合力を高めるための風土改革を進めています。三菱重工業は多様な事業分野を持つことが強みですが、各事業部門が部分最適を追求してしまえば、効率は落ちます。そこで、技術本部やものづくり革新推進部といった専門部門を設置し、シナジー効果を発揮するように努めています。そして、私自身が文書やスピーチなどを通じて、しつこいくらい何度も改革の必要性を説いています。


奈良雅弘

自分でビジネスを始めようとすれば、誰でも失敗のリスクを考えるでしょう。しかし、行動力のある人なら、不安だからで止めてしまうことはありません。その不安を直視し、リスクを洗い出し、それへの対策を徹底的に考えようとするはずです。


古川裕倫

上司に勝とうとしてはいけない。会社に属している以上、部下が上司に従う指揮系統は、組織の「原理原則」として変えられない。