名言DB

9413 人 / 110706 名言

隅田浩の名言

twitter Facebook はてブ

隅田浩のプロフィール

隅田浩、すみだ・ひろし。日本の株式先物トレーダー。ヘッジファンド「レジェンダ・インベスティメント」代表。極東証券で凄腕ディーラーとして活躍後独立。

隅田浩の名言 一覧

僕はマーケットは常に正しいという考え方を支持します。ファンダメンタルズ分析とマーケットを比較して、両者のズレを考えるのが僕のファンダメンタルズ分析です。


僕は会社から定められたポジションの制限をたった一度だけ逸脱してしまったことがあります。会社からの大きな期待とロイヤリティーで、絶対に負 けてはいけないというプレッシャーの中でトレードしており、本来ならば冷静にカットしなくてはならない状況でポジションを積み上げてしまったのです。この失敗で学んだのは、自分の限界を知るということです。自分で対処できないリスクは絶対に取ってはいけないと肝に銘じました。僕のトレーダー人生の中で最大の勉強となっています。


トレードは確率の勝負です。ぼくの場合は70から75%の確率で勝てると判断したときにポジションを取るようにしていますが、それは自分の中の分析 であって、何か数値を使って75%の確率だからやりましょうというものではありません。自分の中には経験に裏打ちされた勝ちパターンのイメージができてい て、この確率ならば勝てるという意識があります。


(トレードの手法について聞かれて)ぼくはなんでもやります。限られたトレード資金の中で、どれだけ効率よくパフォーマンスを上げるかが重要だからです。つまり、 マーケットに合わせて今はスペキュレーションをする時なのか、それともポジショントレードなのかアービトラージなのかをアレンジします。


株価指数先物などの売買回数が多いため目立っているようだが、あくまでリスクを限定した取引が中心で、相場を一方向に動かすような極端な売買はしていない。参加者の多い先物などの市場では無理だ。とれるリスクや損失など、自分で一定のルールを持って投資するほうがいい。他人のせいにしていては市場では一生勝てない。


日本では、ネット投資家などを見ると投資より投機の比重が高く、賭博のイメージが強い。もっと企業業績や景気動向を踏まえて投資する人が増えてもいい。投機自体は市場の流動性を高めるので悪くない。ただ、ネットの掲示板などを見ると、思わぬ損失を被った時に他人や市場のせいにするなど投機のリスクに無自覚な個人投資家もいる。リスクを踏まえて参加すべきだ。


隅田浩の経歴・略歴

隅田浩、すみだ・ひろし。日本の株式先物トレーダー。ヘッジファンド「レジェンダ・インベスティメント」代表。極東証券で凄腕ディーラーとして活躍後独立。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

当社は90年代前半、業績が減速した時期がある。いま原因を振り返ってみると、ゆでガエルになっていたんだなと思う。80年代は競争はきつくなく、さほど品揃えの個性を打ち出さなくても、何となく業績を上げられた。しかしその間に想像以上に消費者の好みは高度化し、商品を選ぶ目は肥えていたのに、対応できていなかった。94年頃、やっと気がついて、「我々は何屋になるのか」を明確にした。当社が「ライフスタイル商品」と呼んでいる生鮮品と総菜の品揃えの魅力で来店してもらう食品スーパーを目指したのだ。その後、業績は堅調ではあるが、だからこそ「ゆでガエルになっていないか」と常に自分たちに問いかけている。


坂東眞理子

歴史書を読んだり、話を聞いたりして、名言だと思った言葉はメモするようにしましょう。名言は自分を励まし、戒めるための処方箋になるからです。


新田信行

いろいろな中小企業の社長さんと話をしていると「新田さんは変わっているよな」とおっしゃるので「どこがですか?」と聞くと「金融機関の人にしては珍しい」と言われました。そこで「私を金融機関の人と思うからおかしくて、350人の中小企業の社長だと思ってください」と申し上げました。私のやっていることは社長さん達が普通にやっていることです。おかしいとしたら金融機関の方です。


南壮一郎

三木谷(浩史・楽天創業者)さんに教えてもらったのは、「ビジネスに大義名分があるか」ということでした。この事業があれば多くの人の役に立てる。社会の問題を解決できる。そういうビジネスでないかぎり発展しないと。


森川亮

まずは世界に通用するビジネスの能力を高めることに力を入れるべき。そして、自分なりの強みを持っていないと、成功はできない。


松尾静磨

私は中学時代から長いことテニスの選手生活を送ったが、シングルスでセットオールにでもなると時間を食う。それも、夏のじりじり照る日中の試合は大変だ。ゲームの途中に息切れがしてこれ以上やれるかどうかというヤマが必ずある。だが、自分がくたくたのときは相手もまいっているはずだ。そこで「なにくそ!」という闘志が湧く。それが精神力である。


堀切功章

現地社員の登用も積極的に行ないます。日本からも人は派遣されますが、実際の仕事は現地の人たちとの共同作業です。日本で培われた技術と現地の力が一体になって醤油をつくるわけです。こうして「経営の現地化」を進めることが、何よりもその地域に貢献する姿勢を示すことになるのです。


ソクラテス

知恵の始まりは言葉の定義である。


木村裕一(きむらゆういち)

「あらしのよるに」は寝室の入り口からベッドまでの3歩で構想が生まれ、原稿はファミレスで書いたんです。「あかちゃんのあそびえぼん」シリーズも、ファミレスの紙ナプキンを開いたり閉じたりして仕掛けを考えました。仕事場はちゃんとありますが、テレビやら漫画やら誘惑が多くて。


佐々木典士

企画や新しいアイデアを考えるときは、僕はリュック一つで外に出てカフェなどで仕事をします。以前は、仕事の資料がバラバラに管理されていたので「思い立ったらすぐ」とはいきませんでした。しかし、デスクを片づけると同時に、仕事資料のデジタル化、ツールのモバイル化を進め、思い立ったらすぐ外に出られるボーダブルな仕事環境ができたのです。


津田全泰

旅行というものは行ってみないとそのサービスの価値がわからないので、場合によっては旅行会社の販売をしている方々よりも、実際現地に行って体験した方のほうが具体的で現実的な情報を持っている。


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

多くの人がニセ科学に騙されてしまう理由は、端的に言えば、断言してくれるからです。「○○は体に良いですか?」という質問に、良いとか悪いと即答するのは「ニセ科学」です。


植木理恵

一般論とは発話者が誰であっても同じ内容ですから、論理的には正しくても、相手には響かない。むしろ語れば語るほど、その人が信用できないように感じられます。


マーク・ハフェル

政治のノイズは無視して、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)にフォーカスすることによって、投資家は最も報われる。


ココロ社

プレゼンはスライド形式でやらない。参加者の中には話を聞かない人もいると考えれば、長々と説明してもムダ。企画書を1~2枚にまとめ簡潔に。