名言DB

9412 人 / 110637 名言

阿部観の名言

twitter Facebook はてブ

阿部観のプロフィール

阿部観、あべ・みつる。日本の経営者。「愛商物流」社長。愛知県出身。愛知工業大学名電高等学校卒業後、飲食業、車両販売などを経て愛商物流を設立。

阿部観の名言 一覧

失敗例を共有することは、成功例より大事だと思います。みんな同じ失敗を繰り返しているから。


得られたチャンスを最大限に活かすためには必死にならないといけない。


全力で仕事に打ち込むことには意味がある。


クライアントと会ったら、やはり愛想のいい人のほうがいい。挨拶をちょっと大きな声でとか、それだけでも変わる。


高校時代は、ただひたすら野球に打ち込む日々でした。その中でレギュラーになるためには何かを犠牲にするしかなかった。毎日朝5時から夜11時まで練習。しかし、それをしているだけでは他の人と同じで、前に出ることはできない。だから自分の時間、休む時間を削って自主練習する。そういう努力をするから抜きん出ることができる。


ヤマト運輸などが労基の問題などで手が届かない仕事がウチに来ています。例えばコンビニの早朝の集荷など。こういうジャンルは元々やれる人が少ない。しかしIT化が進み、それが物流の業界にもシフトしている今、大手の手が行き渡らない時間・場所をカバーするウチのような業種への期待は高まっています。


仕事のやり方なんて、やっているうちに覚える。だから、もっと普遍的な人としての魅力をつけて、転職するなら是非うちに来てくれ、と言われる人になれ。


どれだけビジネスモデルがよかろうと、やはり人次第。対応の悪いコンビニに行かなくなるのと同じ。近くに別のがあるのならそっちに行こうとなってしまう。


最初は仕事が無くて、同業から仕事を回してもらったりしていました。同業からでもいいからとにかく仕事を回していこう、その途中でこっちから仕事を獲っていこう、と。運送業界は営業力が弱いように見えたので営業に力を注ぎました。電話帳で片っ端から電話したり。そんな風にがむしゃらにやっていたら、半年後位には、逆にこっちから仕事を振るようになっていました。


阿部観の経歴・略歴

阿部観、あべ・みつる。日本の経営者。「愛商物流」社長。愛知県出身。愛知工業大学名電高等学校卒業後、飲食業、車両販売などを経て愛商物流を設立。

他の記事も読んでみる

杉田浩章

デジタル化でコスト構造がガラリと変わり、過去の蓄積で競合に勝つことはできません。レガシーなアセット(資産)を積み上げても、意味がなくなっているんです。かつて、大企業にとってはレガシーこそが強みになっていたわけですが、今はまさにジレンマに陥っています。


津田全泰

市場にあるサービスやインフラを使えば起業できる。特にネットで開業するには本当に恵まれた時代だなと思っています。


川上哲治

人間の強い、弱いは、自分のもつ哲学からくる意思の強さ、弱さによる。


冨澤文秀

開発スピードを上げるには、やり方を根本的に変えること。たとえば、以前は1から10まで自分たちで開発していましたが、それでは限界があることに気づきました。そこで今は、該当する技術を持つ会社とパートナーを組み、世界中の最新技術を組み合わせて商品化を進める方法をとっています。こうして、最新の技術を選択しながら、開発スピードの飛躍的な短縮を実現できるようになりました。


浅田次郎

僕が戦争小説を書く時に一番気をつけていることだけれども、兵隊は決して一律ではありません。一律に見えるよう教育されただけです。しかも職業軍人である下士官以上はともかく、大多数の兵は原則として召集令状で集められた人々、つまり入隊するまではそれぞれ職業を持って働いていた普通の人でした。戦後、軍隊が悪で庶民は善とする図式がまかり通るようになったけれど、実は軍隊のほとんどは庶民で占められていました。それを現代の僕らはわりと忘れていると思います。


小暮真久

コンサル出身の僕は、思いをビジネスの仕組みに落とし込んで説明することを心がけていました。そのため、訪問先で冷たい対応をされても、「僕たちに実績がないせいだろうか」「提案した仕組みにどこか甘さがあったからだろうか」と、原因のほうにフォーカスすることができました。原因さえわかれば、あとは改善して再アプローチすればいい。次はうまくいく可能性が高まるのだから、気落ちする必要もないわけです。


園山征夫

社員を大切にすることはお客様を大切にすることにつながる。


菊池武重

国の政道は、皆の話し合いで決めよ。たとえ、この武重が優れた意見を出したとしても、皆の意見がまとまらなかったならば、武重の意見を捨ててほしい。
【覚書き|武重は当主の下に管領という役職を置き、その下に内談衆という役職を数名置いた。当主と管領と内談衆の合議で国政を行った】


ロバート・フェルドマン

基本的なセオリーを理解したうえで現場にも強い。そんな専門家による論考が普段立ち寄っている場所で見つかれば、必ず目を通します。


吉川廣和

人間は楽なほうに流れる生き物。でも、ビジネスマンとしての実力を伸ばしたいのであれば、やっぱり自分の前に立ちはだかる壁はどんどん乗り越えていくべき。


村上憲郎

年が若くても信頼できると感じるのは、ファクト(事実)の積み重ねでものを語る人です。推測、憶測、感情、あるいは倫理や道徳とか、そういった事実ではなく「価値」に属する要素を入れてくる人は評価できません。「いい悪いは別として、こういうことですよね」という話を着実に重ねていける人は信頼できます。


荒川詔四

秘書の仕事は「待ち」ではダメ。社長の2、3歩先を見ようと意識しました。


関本忠弘

今日の問題をどちらかにするかというのは皆の意見を聞けばいい。しかし、新しいことや将来のことの決断は、「感じて信じて行動する」ことが大切。


辻慎吾

チャレンジしなければ何も生まれません。そして、チャレンジすることが人を育てると強く思います。


瀬戸健

広告にあれだけの額を投資するのですから、かなり綿密に設計しております。たとえば、媒体や看板ごとに違う問い合わせ電話番号を載せ、それぞれの費用対効果を綿密に測定しています。ライザップのお問い合わせ電話番号は150本以上あるはずです。