名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

阿部修平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

阿部修平のプロフィール

阿部修平、あべ・しゅうへい。日本の投資家、経営者。スパークス・アセット・マネジメント創業者。上智大学卒業、米国バブソン大学でMBA取得。その後、野村総合研究所、野村証券ニューヨーク勤務を経て独立。ジョージ・ソロスのもとで日本株を運用。投資会社スパークス投資顧問を創業。日本の運用会社初、上場(JASDAQ)を果たす。

阿部修平の名言 一覧

バブル崩壊後にキャッシュフローを生み出す力がありながら、バランスシートが弱って存続が難しくなった企業をいくつも見てきました。そういう会社に私どものファンドを通じて、新しい資金を導入したいと思ったのです。
【覚書き|現在の投資戦略ができたきっかけを尋ねられた時のコメント】


私たちの仕事は、株主として、会社が永続し、価値を生み続けるようにすること。


調査と運用の部署に30人ほどアナリストがいます。彼らが潜在成長力のある企業を発掘し、経営陣と徹底的に議論したうえで、投資するか否かを決めます。投資後は、インサイダー情報に接するリスクがあるので、グループのコンサルティング会社にバトンタッチをし、この会社の投資先向けのバリュークリエーションを担当します。インサイダー情報が入ってしまうようなことがあれば、売買は完全に停止します。


実務的にも、ある会社の株を大量に取得した場合、短期間で売買をするのは極めて難しいんですよ。私たちが当初考えていた価値を、ほかの投資家が適正だと認めて買ってくれないと売却益が立たないわけですから。私たちが目指す「価値」は、市場における幻想ではなく、実質でなければならないのです。


現金をたくさん持っている会社の場合、ほかに使うところがなければ配当で払いだすのは良い選択だと思います。しかし、1日しか株を持たずに配当を要求し、受け取った瞬間に売ると、その会社は抜け殻になってしまう。株主の権利を主張して、配当を全部払い出させ、次の瞬間には株主でなくなってしまう。我々はそういう一回限りのビジネスはしません。


会社の事業サイクルを超えて、売買を頻繁に繰り返し、長期的に安定収益をあげていくことは難しいと思います。事業サイクルをベースに考えれば、一般的には3年とか4年という単位で考えるべきでしょう。ただ価格は市場で形成されますから、私たちが3年と思って考えていたことを、極端な言い方をすれば1日で織り込む場合もあります。実際に1日ということはないですけれど。


私たちは収益を最大にしていく責務を負っています。私たちを信じて資金を委託してくれる投資家がいて、その投資家の下には何万、何十万という受益者がいる。私たちは、そのひとりひとりに責任を負っています。


会社は誰のものかといえば、それは株主のものです。しかし、株主だけでは会社は存立しえない。守るべきものは現経営陣や限られた一部の株主を超えたものであるはずです。


本来投資家は、あまり表に出るべきではないと思います。しかし今回は、市場の代理人として、守るべきは何かを考えて行動しました。株主価値がどんどん毀損していくのに、筆頭株主として何もしないのは、むしろ罪ではないかと。


投資する段階ではリスクを取らなければなりません。1%持ってもあまり意味はないけれど、20%以上持つと、それ自体がひとつのまとまりとして価値を生むと考えています。


信頼と尊敬は、資本主義のインフラだと思います。資本主義はそれらをベースに成立している仕組みなのです。まず市場に信頼・尊敬される会社になる。そのうえで、様々な情報の中から将来を的確に予想して、リスクを取って収益をあげる。そんな投資会社としての本来の活動を行うことが私たちの基本です。


キャッシュフローを生むに十分な価値を持っているにも関わらず、何らかの形で顕在化が阻害されているというところにギャップがあり、その差となるアービトラージ(裁定)の余地がある。投資とは、価値のギャップに参加するプロセスのことです。会社の本当の価値よりも市場価格が安ければ、ギャップは自然に埋まっていきますが、なすべき決断を経営者ができずにいると、そのギャップは埋まりません。


阿部修平の経歴・略歴

阿部修平、あべ・しゅうへい。日本の投資家、経営者。スパークス・アセット・マネジメント創業者。上智大学卒業、米国バブソン大学でMBA取得。その後、野村総合研究所、野村証券ニューヨーク勤務を経て独立。ジョージ・ソロスのもとで日本株を運用。投資会社スパークス投資顧問を創業。日本の運用会社初、上場(JASDAQ)を果たす。

他の記事も読んでみる

勝見明

数多くの成功者を取材して実感するのは、周囲の人たちがついていこうと思う気持を自然と起こさせる力が非常に高いことです。じつは、名経営者の方々はトップに立つ前から、周囲に頼られる存在でした。


植木義晴

私は後輩のパイロットたちに「最初の5年間は新しい知識をどんどん頭に入れなさい。5年たったら頭の中を整理してファイリングしなさい。それが10冊になったとしたら、2年後には2冊に減らしなさい」と指導してきました。たいていの人は知識を増やしたがります。でも、本当に頭の良い人は、知識を削ぎ落とすことができます。シンプルに自分を作り替えることができた人だけが、適切な判断や素早い決断ができるのです。


佐藤可士和

僕は結論を持ち帰ることなく、その場で決めることが多いです。忙しい同士がせっかく顔を合わせているのだから、できるだけ案件は的確なタイミングで決断したいと思っています。決定権のある方と話をする場合の最大のメリットは、その場で決断できるという点にあるのですから。


コロッケ(ものまね芸人)

32歳の時、僕は自分にとって、とても大切な番組だった「ものまね王座決定戦」を降板することにしました。理由は大小様々ですが、一番はテレビを見てくれる人が心底喜んでくれるものを作りたいという想い。そこが食い違い、降板という選択になりました。同時期にお世話になっていた芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。真っ黒だったスケジュール帳はあっという間に真っ白に。僕は20歳で「お笑いスター誕生」に出るチャンスを得て、順調な20代を過ごしていただけに「世の中、簡単に変わってしまうものなんだな」と。けれども、自分が決めて動いたことで、こんなにも大きな責任がついて回るのかと実感できたのは収穫でした。


森正文(経営者)

大企業は、またリーマンショックのようなことが起こるかもしれないと得体の知れない「何か」を恐れている。業績が伸びている時も給与は抑えられ、逆に業績が落ち込んだ時には歯を食いしばれと言われても、社員の間に閉塞感が広がるだけだ。社員のパフォーマンスが落ちれば業績も伸びず、結果的に株主も満足できない。


小寺圭

ビジネスは基本的に現場で学ぶものです。学校ですべて学べるなら、大学やビジネススクールの先生が企業家になったら、その企業はみんなエクセレント・カンパニーになる。でも現実には、そんなことはありません。やはり、現場が何よりの学びの場です。


岡本太郎

自分らしくある必要はない。むしろ、人間らしく生きる道を考えてほしい。


猪子寿之

アメリカで新しいものが生まれるのは、大きく言うとアメリカの西海岸、つまりシリコンバレーは、未来を全面的に肯定している。それに対して、日本は未来を否定している。その違いかな。


瀬戸欣哉

中期経営計画の発表後に株価が下がったのは、投資家の期待と我々が用意した回答が違った、ということでしょう。投資家が期待したのは、いつ、いくら儲かり、コストはどのくらいなのかという情報だと思います。こうした情報は、将来が今のビジネスの延長線上にある時には伝えやすいでしょう。でも、我々がやるべきなのは新しいビジネスや商品を生み出すことです。そのための体制を整備しているという話を投資家に納得してもらうのは、なかなか難しいものです。ある程度の感触を投資家から得ていますが、まだ十分には伝わっていないと思います。モノタロウでも投資家に理解されるまでに何年もかかりましたから。


大葉ナナコ

じつは私、あまりの忙しさに自律神経を患い、おねしょしちゃったことがあるんです。身体って本当に正直なんです。「あっ、これは身体の悲鳴だ」と思い、仕事をセーブしたら好転していきました。


プラユキ・ナラテボー

布施の実践によって「私のモノが増える」ことより「相手の幸せが増す」ことに価値を見出すようになる。すなわち、「私」を中心とした見方が「相手」中心に移行するのだ。それは「自我的」な見方から「慈悲的」な見方への転換を意味する。


鈴木亜久里

方向性は決めておかないと、人は流されるだけの存在になってしまいます。だから周りから「あいつは大ぼら吹きだ。あんな大きな夢を語りやがって」と言われてもいいから、ゴールを明確に持つことが大事です。