名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

阿南惟正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

阿南惟正のプロフィール

阿南惟正、あなみ・これまさ。日本の経営者。「新日本製鐵(のちの新日鐵住金)」副社長、「太平工業(のちの日鉄住金テックスエンジ)」社長・会長。東京都出身。東京大学法学部政治学科卒業後、八幡製鉄(のちの新日本製鐵)に入社。取締役、常務、副社長、太平工業社長・会長、北九州市立大学理事長などを務めた。

阿南惟正の名言 一覧

私の座右の銘は「日に新たなる人生を」。一日一日を充実した、新しい気持ちで生きることが、仕事の上でも私生活の上でも大切。


一度も母の愚痴や不満を聞いたことはありません。その母のふるまいは、私たちにとって「無言の教育」になっていたと思います。


父・惟幾の存在も、私の人格形成の基本にあります。一言で言えば「責任感」という言葉で表現できると思います。


今の人達に言いたいのは、日本の歴史や、今の日本の立場を理解した上で積極的に外国人を理解しようとするという両面がないと、「グローバル」などと言っても駄目だということ。


その国、そこに住んでいる人を本当に理解するために努力をしなければいけない。同時に、日本のことを本当に知らなければ、外国を理解することはできない。


戦争に負けて、日本国民はそこから立ち上がろうという気概と挑戦しようという意欲がありました。今の人達に一番求めたいのはそういう気持ち。


阿南惟正の経歴・略歴

阿南惟正、あなみ・これまさ。日本の経営者。「新日本製鐵(のちの新日鐵住金)」副社長、「太平工業(のちの日鉄住金テックスエンジ)」社長・会長。東京都出身。東京大学法学部政治学科卒業後、八幡製鉄(のちの新日本製鐵)に入社。取締役、常務、副社長、太平工業社長・会長、北九州市立大学理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ペリクレス

アテナイの住民は富を追求する。しかしそれは可能性を保持するためであって、愚かしくも虚栄に酔いしれる為ではない。


朝倉千恵子

「学びに無駄はない」と言います。そのときは関係ない、遠回りだと思うようなことも、あとになって必ず活きてくるもの。


田中仁(経営者)

苦しいときこそ、「まっすぐお客様のほうを向いているか」ということを振り返ってみる時間を作ることが必要。お客様のことだけを考えて商売するのは、当たり前のようですが、経営者としてはなかなか勇気のいることです。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんはよく言っていた。「会社の売り上げが落ちると、多くの起業家は、会計士の言いなりになってプロモーション(PR)の費用を削減する。そんなことをしたら最悪だ。状況が厳しくなったら、きみのすべきことは、プロモーション活動を控えることではなく、むしろ増やすことなんだ。プロモーション活動は、決してやめてはいけない。好景気のときも不景気のときも、たとえ資金が十分にない時にでもだ。お金がないと言うなら、昼休みに街頭に立ち、きみの商品やサービスを宣伝する看板を、首からぶら下げていればいい。新しいお客さんを開拓できるうえに、昼飯代を節約できるだろうし、ダイエットも日焼けもできて、一石何鳥にもなるかもしれないよ」と。


村田諒太

成長のためには考え続けることが大事で、必死に考えてもがくスランプの時期は絶対に必要です。僕もプロ8戦目で判定勝ちに終わったあたりから、成長が止まった気がしました。フォームを見直し、下がってきたガードを上げようと意識しましたが、しっくりこない。そこで視点を変えて間接的な部分に着目し、体全体のバランスを見直して、いつも踏ん張ろうと意識していた右脚の力を抜いたんです。すると右膝が上がりバランスが良くなって、ガードも自然に上がった。「右脚を踏ん張らなければ」という意識が強すぎて全体のバランスが崩れていたことに気づいたおかげで、スランプを脱出できました。問題そのものではなく、間接的な部分に焦点を当てることで解決することも学びました。あのスランプがなかったら今も悩んでいたかもしれません。


進藤貞和

企業の社会的責任を忘れてはいけません。これは他人の身になって考える。自分が逆の立場だったらどうするかと思いを巡らすことで、そこに同情も生まれるわけです。


村井満

選手だけではなく、クラブの経営者がプロになる必要がある。


ヒラリー・クリントン

人はその人の言い分や支持するものばかりでなく、その言行の結果からも評価されるべきだ。


滝一夫

新規得意先を増やし、売上高を大きくすることが重要。例えば、他にチャネルはないのかと探したところ、通販やネット販売なども伸びてきている。そこに、今までは真剣にアプローチをしてこなかった反省があります。納めてみると消化率がいいのです。すると好循環で、新規の商材が入ってくるようになります。次のアプローチでまた扉が開いていく、といった具合に売るチャネルが増えたのです。


古川武士

あるひとつの仕事にのめりこみ、その作業に追われてばかりで俯瞰することをしないと、エネルギーの配分バランスが悪く、人生の幸福度を最大化することもできません。


西村貴好

一般的にいわれている「褒めると相手のモチベーションが上がるから良い」という論理は、半分正しくて半分間違いです。相手のモチベーションが上がったら、そのモチベーションの使い道まで教えてあげなければなりません。それが褒めることの奥義といえます。


菊川剛

私は週に一度、半日ほど打ち合わせや接客などの予定を一切いれず、考えることに集中する時間をつくるようにしています。その際には手帳を開き、これまで記してきた数々のメモに目を通しながら考えを巡らせます。