阿刀田高の名言

阿刀田高のプロフィール

阿刀田高、あとうだ・たかし。日本の小説家。東京出身。早稲田大学第一文学部フランス語学科在籍中、結核で1年半近く療養生活を送り、多くの小説を読む。その後、大学を卒業し、文部省図書館職員養成所を経て、国会図書館に司書として勤務。随筆集を何冊か出版したのち、退職し翻訳や広告文制作などを請け負いながら執筆生活に入る。主な受賞作に『来訪者(日本推理作家協会賞)』『ナポレオン狂(直木賞)』『新トロイア物語(吉川英治文学賞)』。そのほか、日本ペンクラブ会長、各種文学賞選考委員(新田次郎文学賞、直木三十五賞、小説すばる新人賞、星新一ショートショートコンテスト)などを務めた。

阿刀田高の名言 一覧

世の中、どうやったらうまく成果を上げられるかと考えるなら、人のやらぬことを着実にやるのが一番の近道だ。


相手の情に訴えかけて、徐々に信頼される。そのときの本道は、相手を上手く褒めるということに尽きる。


スマホで夜も日も明けぬ子供たちの中で、しっかり読書をする少数派に徹すればチャンスがおのずとつかめるのではないか。


人生において「よい出会い」はめったにない。同じメンバーであっても、本当に充実した1時間なり2時間なりを過ごすということは極めて少ない。双方の心理状態、健康状態、天候など、いろんなことが影響しているからだ。そうである以上、良い出会いは大切にしなければならないし、良い出会いを持つために努力することは、生きていくうえで最も大切なことだと言っていい。


私は最近、出会う人にこんなことを勧めてる。毎日ひとつ、その日にあった「いいこと」をノートに書き出してみる。庭に綺麗な花が咲いた、百円玉を拾った、弁当が美味しかった。内容はこんなものでいい。これを習慣にしていると、心が明るくなる。


誰が誰に向けて発するか、どのような状況で発するか。それによって意味合いが異なるのが言葉である。万能薬のように何にでも利く言い方は存在しない。あったとしても、便利に使われるうちに手垢まみれになり、本来持っていた輝きをなくしてしまう。


小泉純一郎元首相は言葉に鋭敏な政治家だった。次のジョークも聴衆の言葉をつかむ秀逸なものだ。「人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、『まさか』」。下り坂までは、普通に納得できる話である。では3つ目は何だろうと身構えていると、一転して「まさか」。洒落である。だが、考えてみれば「まさか」という出来事が人生にはよくある。洒落で笑わせつつ、状況を的確に伝える見事な言い回しだ。


私たちは、仕事であれば無理をしてでも予定を合わせるのに、最も大事な、たとえば学生時代の仲間とただ会って食事をするというようなことにはさほどの努力を払わない。従って、良い出会いはますます間遠になっていく。「今日は本当に楽しかった。また会おう」その言葉に万感の思いを込めることで、気持ちを伝えたい。


井上ひさしさんとは、様々な文学賞の選考会でご一緒したが、そういうときも「この作者はここを、こういうふうに褒められたら嬉しいだろうな」と思うようなことを述べていた。決して作品の評価に対して甘い人ではないが、作品や作家の「いいところ」をとらえて評価することの上手な人だった。


娘が小学校の低学年だったころ。算数の成績が振るわないので、「もっと算数を好きにならないと駄目じゃないか」と小言を言った。すると、「私は算数が嫌いじゃない。算数が私を嫌うの」。うっかり説得されそうになって困った。詭弁が笑いを誘う例である。


「その問題については3つのポイントがあります」。小泉内閣で金融相などを務めた竹中平蔵氏の口癖である。いかにも「勉強しているな」と思わせる魔法の言葉だ。竹中氏の独創ではなく、ずいぶん前からあちこちで使われてきた古典である。2つでは少ないし、4つでは多い。ここで3つという数がものをいう。3つと断じることで、聞き手には「切れる奴だ」という鮮烈な印象を残せる。


阿刀田高の経歴・略歴

阿刀田高、あとうだ・たかし。日本の小説家。東京出身。早稲田大学第一文学部フランス語学科在籍中、結核で1年半近く療養生活を送り、多くの小説を読む。その後、大学を卒業し、文部省図書館職員養成所を経て、国会図書館に司書として勤務。随筆集を何冊か出版したのち、退職し翻訳や広告文制作などを請け負いながら執筆生活に入る。主な受賞作に『来訪者(日本推理作家協会賞)』『ナポレオン狂(直木賞)』『新トロイア物語(吉川英治文学賞)』。そのほか、日本ペンクラブ会長、各種文学賞選考委員(新田次郎文学賞、直木三十五賞、小説すばる新人賞、星新一ショートショートコンテスト)などを務めた。

他の記事も読んでみる

ピーター・リンチ

【売ってしまった銘柄が後悔するほど値上がりしたのを見て言った言葉】偉大な銘柄を捨てたことは「花を引き抜き、雑草に水をやる」をまさに地でいくようなものであった。


福園一成

一口に情報といっても案内的なものからデマや噂、秘密、内緒話など様々です。これらの裏をとったものがニュースですが、米ウォール街には「デマは知者で止まる」「インサイダーの助言に頼るな」、わが国にも「早耳の早倒れ」「知ったらおしまい」という相場格言があります。情報の判断の難しさから生まれたものなのでしょう。


安藤徳隆

新しい発想には、いろいろなアイデアの組み合わせが必要。


山口真由

潜在的な可能性をどれだけ極限まで引き出せるかが人生の勝負。天才でも何でもない私が勉強で成果を出せたのも、誰もに与えられるこの潜在的な可能性をできるだけ多く引き出せたから。その潜在的な力をどうやって引き出すか。そこを自分なりに考えて、多くの人とシェアしていけたら、とても嬉しいですね。


宮嶋宏幸

商品は置けば売れるというものではありません。来店客に十分な接客ができる販売員がいなければ、また客が他社に流れることになってしまいます。


福田健(話し方)

経営者を目指すような本当に高い目標がある人間は、基本的に謙虚で、どんな上司からもよい点を吸収しようとする。中途半端に仕事かできて、そのことをアピールしたい人間に限ってエラそうに謝り、相手の気持ちを逆なでするのだ。


サイモン・クーパー(経営者)

会社が常に良い方向に変化していくには、企業価値を正しく理解している従業員が必要です。我々は非常に多くの時間とエネルギーを費やして、リッツ・カールトンとの相性を見極めながら従業員を採用しています。


河辺よしろう

小規模ビジネスの経営に必要な8大要素を把握しましょう。成功の8割を決めるのは「何を(商品)」「どこの(地域)」「誰に(業界・客層)」「どうやって(営業、または顧客維持)」売るのかという対お客さまの部分。そこから「どんな役割分担で(組織)」「どのくらいの予算で(財務)」「いつまでに(時間)」やるのかという対社内の部分を考えるべきです。この順序を間違えている人は非常に多いですね。


金子勝(経済学者)

オレは学者だけど基本的によどみなく言いきるタイプ。だから「辛口ですね」なんて言われる。でも実際は、政権や体制にこびるのではなく、国際的な情勢を踏まえて発言しているだけだよ。


成田靖也

多くの採用支援会社では「必要な人数を入社させること」がゴールですが、当社はその先の定着や活躍を見据えています。


小田兼利

「仕事がつまらない」「給料が安い」「明日が心配だ」。そんなこと言っているヒマがあったら、海外に出てほしい。日本人の勤勉さや努力が自分の強みだということに気づくはずだから。


矢野龍

皆さん、そこに木があるからと安心していますが私はもっともっと森林の大切さを伝えていきたい。2000年以上の文化の中で、日本人ほど木を大切にし、愛着を持った民族はいないと思います。しかし「鎮守の森」から始まって大切にしてきた森林は今、荒廃しています。そこで今から5年前、日本商工会議所会頭の三村明夫さんと「林業復活・森林再生を推進する国民会議」を立ち上げました。当社の経営は社長以下の経営陣に会社を支える人材も揃っていますから、私は役員をリタイアしたら「森の伝道師」になろうと思っているのです。どれだけできるかはわかりませんが(笑)。要するに「森林を大切にしましょう」という活動です。今もいろいろな方から講演を頼まれます。


荻田伍

アサヒ飲料に出向した当初、社内には経営危機に対して「どうせビールの人間が主導していることだ」という他人事のような空気が流れていました。私は社員に「自分たちの会社なのだから、自分たちで頑張ろうよ」とメッセージをぶつけました。


菊間千乃

良い時期を漫然と過ごすと、先の成長はない。楽しいときこそ自分をより高める「貯金」の時期だと捉えていました。


大谷米太郎

私はこの履歴書を記すにあたって、若い読者に言っておきたいことがある。それはたった今から、収入の一割を貯金したまえ。ということだ。私の履歴書は、この種銭を残すことのできない人にはわからない話である。タネがなくては、芽も出てくるまい。【覚書き:履歴書=日経新聞の私の履歴書】


ページの先頭へ