名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

関秀明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

関秀明のプロフィール

関秀明、せき・ひであき。日本の経営者。「日立オートモティブシステムズ」社長。兵庫県出身。大阪大学基礎工学部機械工学科卒業後、日立製作所に入社。日立製作所昇降機グループ営業本部営業技術部長、ビルシステムグループ営業技術本部長、営業技術本部東部営業技術部長、都市開発システムグループ事業企画本部長、電動力応用統括推進本部副本部長、日立オートモティブシステムズ取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。

関秀明の名言 一覧

人知れず努力する人を評価してきたのが日立グループ。


努力したからといって成功するとは限らないが、成功した人は必ず努力している。


業界の市場環境、自社のポジションと強みを合わせて成長ストーリーを説明することで目標が共有できるようになる。


気をつけているのは、数値目標には根拠があると理解してもらうこと。単に「数字を右肩上がりに伸ばせ」と言われても、現場はとまどってしまうし、いずれ無理が出てきてしまう。


社長就任から、世界中の拠点を積極的に訪問しています。日立オートモティブシステムズの生産拠点は国内外で61か所ありますが、主要な拠点では現場の社員と対話する機会を設けています。


関秀明の経歴・略歴

関秀明、せき・ひであき。日本の経営者。「日立オートモティブシステムズ」社長。兵庫県出身。大阪大学基礎工学部機械工学科卒業後、日立製作所に入社。日立製作所昇降機グループ営業本部営業技術部長、ビルシステムグループ営業技術本部長、営業技術本部東部営業技術部長、都市開発システムグループ事業企画本部長、電動力応用統括推進本部副本部長、日立オートモティブシステムズ取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

二子石謙輔

カードローンは多少やっていますが、提携先の金融機関が主力商品と位置付けるようなもの、例えば住宅ローンは絶対にやりません。我々にとっての顧客である金融機関との信頼関係を大事にしています。顧客と競争するわけにはいきません。


松尾博人

どの技術も、開発から3年で事業として継続するかどうかの見直しをします。でも、単に赤字かどうかだけでは見ません。独自性があり、当社の強い分野とシナジー(相乗効果)があるかどうか。そして、何より担当者が、燃える熱意を持っているかどうか、私はそれを重視して判断しました。


似鳥昭雄

頭が切れてパーッと先回りできる人間はいるけれど、そういう人間は実は先々成長しません。「ウサギとカメ」のウサギと一緒で、途中で満足して飽きてしまったりするからです。


谷原誠

質問をする際にはマナーを逸脱しないことに注意が必要です。質問したら相手の答えをちゃんと待ち、答えに対してコメントを返してから次の質問に移る、という「質問→回答→コメント→質問」のサイクルを守ること。そうしないと、相手は責められているなどと感じて、口をつぐんでしまう可能性があります。


御手洗冨士夫

米国は経営者人材の流動性が高い。生え抜きでも役員とは契約を結んであり、給料などの待遇から引退するときの条件まで書いてある。期間は1年契約が多い。指名委員会などでチェックされて問題なければ、ほぼ自動的に更新していくんです。日本のようにある年月がたったら交代するという習慣はまったくない。だから、一流の経営者は20~30年在任することがざらです。私は米国から帰ってきてもう30年になりますから、向こうのCEO(最高経営責任者)の友人もだいぶ引退してしまいました。彼らは引退時に異口同音に「自分の使命は全うした。だからこれからは家庭や自分の時間を大切にしていく」と言います。「何期やったから辞めます」なんて言う人は、一人もいない。逆に任期が短い人はクビを切られたということかもしれない。


谷口祥子

褒め言葉は、会話を弾ませる最高の潤滑油です。褒めることによって相手との距離が縮まり、気持ちの良いコミュニケーションを取ることができるのです。


森川亮

自分ではなく、ユーザーを第一に考え、よりユーザーのためになる意見を出し合い、最善のものを選択する。選択したなら、それを実現すべく、みんなでベストを尽くす。


徳重徹

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。


渡邉美樹

それぞれの事業内容をよく見て、もっと効率を上げられるところはないか、ムダは減らせないか、この資源はほかの目的に使った方が有効ではないかと考えるのが経営者の仕事。


曽山哲人

リスクに対する耐性をつけるのに大げさな意識改革は必要ありません。自分主体の意思表明が何より大事だと思います。企画書は、A案、B案、そして言われていないがC案も出して自分の意見を述べてみる。そんなことからでも始められるのです。


ロバート・キャンベル

知識はすぐ身につきますが、それを繰り返し学び直せば、自身の血肉になります。学んで考え、また忘れた頃にふと思い出して考え、学び直す。3年後、5年後、10年後といった中長期で見た時に、どこかでふと「人間性」「物事を俯瞰して見る力」が増していると感じるものです。


柳川範之

スキルとは直接的関係がないような学問をあらためて学ぶことも、スキルアップや将来の仕事に役立つ。