関正生の名言

関正生のプロフィール

関正生、せき・まさお。日本の英語講師。東京出身。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。予備校で英語を教えはじめ、立ち見が出るほどの人気講師となる。著書に『世界一わかりやすい授業』ほか。

関正生の名言 一覧

ネイティブではない以上、完璧に話せないのは当たり前。日本人だけが、英語をうまく話せないわけではない。


濃い密度で学ぶ心構えを持ちましょう。「1年後までにTOEIC800点を取らないと昇進できない」のだとしたら、その期限を自分の中で「半年後」と短く設定して勉強するのがお勧め。そのくらいの気構えでいけば、ちょうど1年後くらいに目標達成できるでしょう。


英語を実際に話すとき、とくにビジネスシーンにおける会話では、ストレートな表現が重要です。報告が欲しいときは「あの件、どうなりました?」ではなく、「報告をください」と言うのが正解。目的をダイレクトに伝えるとコミュニケーションが格段にスムーズになります。


ライティング・スピーキングカを高めるには「スピード英作文」がお勧めです。日本語をできるだけ速く英語で書く訓練をすると、言いたいことをすぐ英語にできる技術が高まります。


リーディングは、意外なことに「音読」が近道です。英文を和訳して意味を把握できたら、何十回も音読しましょう。すると、そのうち日本語を介さずに英語を英語として理解できるようになります。いわゆる「英語頭」を手に入れる効果が非常に高い方法です。


英文法に関しては、「用法の暗記が面倒」という人が多くいます。しかし、必要なのは暗記ではなく、用法の核心をつかむことです。たとえば助動詞「Will」の使い方として、「予定・習慣・否定文で使えば拒絶」など、いくつもの用例を暗記させられたことがあるでしょう。しかし本当は、「Will=必ず~する」という意味さえわかっていればいいのです。このように複数の用例の奥にある本質的な意味を考えましょう。丸暗記しようとせず、文法書を紐解いて理論をつかむことにトライすると良いでしょう。


受験勉強を経験しても英語を話せないのは、学習量が足りないせいです。話せるようになるには、さらなる勉強が必要です。しかし、話せるようになるまでには、皆さんがイメージするより多くの時間と労力を要するでしょう。語学というものは、それだけ大きく複雑なスキルです。……と、脅かすようなことを言いましたが、これは挫折を防ぐ考え方でもあります。何度頑張っても単語を覚えられない、というとき「それで当たり前」とわかっていれば心が折れる心配もありません。


よくある誤解が「受験英語は使えない」という説。受験で学ぶ単語や文法の知識は、絶対に不可欠です。「外国人は文法など考えていない」と言いますが、考えていないのではなく、無意識に使いこなしているのです。英語を日々使うわけではない我々は、やはり文法を学ばなくてはなりません。


「日本人は中高で6年間も英語を習うのに、話せるようにならない」とよく言われますが、これは当然のことなのです。たとえば、私たちは小学校や中学校で何年間も「音楽」を学びます。しかし、それで楽器が弾けるようになった人はいるでしょうか。せいぜいリコーダー程度でしょう。学校は基礎知識を教えるところですから、「実用的なスキルの習得」を期待するほうが間違っているのです。


英語を真剣に勉強しようと思うなら、「覚悟」と「自分への甘やかし」が必須。語学の習得はものすごく時間がかかるもの。コツコツが苦手なら、一気にやる。三日坊主になるなら、三日で終わらせる。勉強するといったら真面目に机に向かって……となりがちですが、お気に入りの椅子に座って、ケーキを食べながらやるとか、勉強こそ一番お金をかけて楽しく学ぶ。お金を使えることが大人の武器だからです。


英文法は絶対に必要なものです。取っつきにくいラグビーも、あらかじめルールを知っていれば観戦が楽しめるように、英文法はいい意味でのマニュアルであり、ルールブック。先人が見いだした法則がわかれば、こんな近道はありません。


「中、高、大学と10年間英語をやっているのに全然できない」とよく言いますが、みなさん本当の英語をやっていません。音楽の授業を受けたからといって、弾ける楽器はありますか? そもそもやったうちに入らないので、「学生時代に勉強したのにできない」とコンプレックスを持たなくてもいい。


英会話上達への近道、それは、英会話への苦手意識を克服することに尽きます。本来、日常会話程度ならば、中学で習う英語でも通じるはずなのです。にもかかわらず、英語が話せない日本人が多いのは、学校教育の中で「話す練習」が圧倒的に足りなかったからです。


最短で効率的に英語を学びたいのならば「単語+文法」から始めるのがお勧めです。その理由は2つ。単語が理解できれば、会話全体を類推できるから。また、言葉のルールブックである文法を学べば、フレーズを丸暗記する必要がなくなるからです。


最後にモノを言うのは「メンタルの強さ」です。私がよく行くシンガポールでは英語が公用語の一つなのですが、「シングリッシュ」と揶揄されるほど訛りの強い英語が話されており、政府が対策に乗り出しているほど。しかし、当の現地人は「俺の英語がわからないのか」と言わんばかりに、シングリッシュを押し出してきます。このメンタルの強さ、日本人も大いに見習いたいところです。


関正生の経歴・略歴

関正生、せき・まさお。日本の英語講師。東京出身。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。予備校で英語を教えはじめ、立ち見が出るほどの人気講師となる。著書に『世界一わかりやすい授業』ほか。

他の記事も読んでみる

熊本浩志

何言ってるんですか、僕の友達は自分が気に入ればTシャツに1万円払いますよ。家電だって値段をわかってくれる人はいるはずです。
【覚書き|東芝内でデザイン家電を売り出そうとしたとき、価格が高いと言われたことに対する返答】


水田信二

寝て夢を見るといつも何かから逃げてる夢でした。なぜか凶悪犯から追われたり、自分が囚人で脱獄を企てたり、狭い道でめちゃくちゃでかい鉄球が転がってきたり、シチュエーションは変われど毎回逃げてました。思い通りに行かない現実から抜け出したかったんでしょうね。今思えば自分の意志で芸人になった時点で思い通りの人生の入り口にはちゃんと立ててるんですけど、当時は「いつか辞めなあかんていう日が来るんかな? 俺いつか辞めるんかな?」なんて毎晩考えてました。まあ今も時々、いや、たまには考えちゃいますけど。それでも辞めなかったのは、「芸人みたいな楽しそうな仕事以外の仕事して生きていくのなんて今さら無理無理無理!! ヤダヤダヤダッ!!」っていうわがままが5割と、単に他の芸人へ負けを認めたくないという子供みたいなプライドが3割と、「俺の方が面白い……はず!!……たぶん!!……」という2割の自信を持ち続けたからです。この2割のうす~い自信がね、持ち続けるのキツいんです。ご褒美がないと。ご褒美とは「結果」もしくは強烈な「褒め」ですよね。


佐藤優

相手がどんな価値観を持っていて、どんな意図と論理で行動しているのか。それがわかれば相手が何を言おうが、どんな威圧をしてこようが冷静に対応できる。外交の世界では「相手の内在論理を知る」という表現をします。


山元賢治

目標がなかったら、向かう先がないわけですから、前進している実感が得られるわけがない。


所ジョージ

幸運や不運は、自分の気持ち次第。


板尾創路

映画は、各部門の職人が集まって作るもの。監督が頑張り過ぎると、職人さんたちの「遊び」がなくなっちゃう気がします。監督が寡黙だと、みんな考えて動きますよね。そこからいいアイデアが出てくる。


木川眞

業務基盤の改革ではビジネスの根幹となる品質やサービス、コスト構造を刷新し、収益力と競争力を強化しました。収入が増えても、コストがそれ以上に増えれば成長できませんから。


前川孝雄

くれぐれも自分が考えるリーダー像を相手に押しつけないこと。自分のコピーを作るのではなく、本人の持ち味を活かすことを心がけてください。


佐々木常夫

周囲との信頼関係をつくっておくことも重要です。私は「社内のメンターを持て」といっていますが、仕事の計画を立てるのに際しても、その仕事に精通している人や、関連資料のある場所を知っている人の存在はありがたい。そうした人たちと、日ごろから密にコミュニケーションをとっておきます。


今井孝

あれこれと起業のアイデアを考えることは確かに大事なこと。でも、ひとたび煮詰まると、とたんにそこから先に進めなくなります。それを避けるためには「考えてからやる」という常識を捨て「やってから考える」と順番を変える必要があります。


家訓・社是・社訓・経営理念

岡谷鋼機の日誦(にっしょう)五則

一、外を飾らず心を磨くべし
一、分限を知り贅(ぜい)を慎むべし
一、虚を憎み誠を重んずべし
一、働くを楽しみ懶(らん)を羞(しゅう)とすべし
一、責任を知り力を協すべし
【覚え書き|懶=ものぐさ】


田中仁(経営者)

「A案とB案で集客効果が高いのはどちらか」といった議論に時間をかけるのは「ムダ」だと考えています。「やってみなければ効果や結果が分からない仕事」は、とにかく早く決定していくことが大事です。どちらかに「エイヤッ」と決めて、A案がダメならば、次はB案に替えればいい。


大西洋

経済環境や経済要件はこの商売では大事な要因ですが、それで一喜一憂していてもしょうがありません。それ以上に、百貨店が低迷を続けてきた本質的な課題の克服に注力すべきです。


澤田秀雄

競合からは当社の取引先に圧力をかけるような露骨な嫌がらせを受けました。ただ、その時には既に当社にも十分な体力がついていました。そのため、大手が値下げで対抗した時に、赤字になってしまう水準まで一気に値下げして、他社が音を上げるのを待つ、というような戦い方もできたのです。


鈴木喬(経営者)

中堅でも老舗でも、常に新しいことにチャレンジしなければ、会社は錆びついてしまう。同じことをやっていると、腐ってしまう。


ページの先頭へ