名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

間川清の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

間川清のプロフィール

間川清、まがわ・きよし。日本の弁護士。埼玉出身。25歳で司法試験に合格。弁護士法人川越中央法律事務所を経営。弁護士業務の傍ら、セミナー講師として法律や仕事術に関して教えている。著書に『5つの基礎と6つの応用技でマスターできるうまい謝罪』『そのかめはめ波は違法です!』『1年後に夢をかなえる仕事術』『「アレ」はなぜ合法なのか?』 ほか。

間川清の名言 一覧

人間は快楽を求めるか、不快を避けるかのどちらかでしか動けない。


謝罪で何より大事なのは、初動を急ぐこと。人の怒りは放置すると、どんどん膨らんでいきます。ガス抜きは早ければ早いほどいい。


行動に移すポイントは、本で読んだことを、ひとつでもいいから1秒でも早く実践することに尽きます。


とくに優先順位が高いタスクや、すぐにしなければならないタスクは、全面がノリになっている付箋に書いて携帯電話の裏に貼り付けています。そうすると早くはがしたいと思うので、すぐに行動に移すようになります。


行動を習慣化するコツは、「お風呂に入る」や「歯みがきをする」など、毎日必ずすることの前後に、その行動をするようにすることです。もうひとつのコツは「行動をゼロにしない」ことです。行動の量を減らしてもいいのですが、ゼロにしてはいけません。昨日やらなかったから、今日もやらなくていいかとなってしまうからです。


新しい習慣を身につけたいのにやる気が起きない、続けられないという場合は、「とりあえず1分間だけやってみる」ということが大切だと思います。人が行動できないのは、最初のハードルが高い過ぎる場合が多いのです。最初の一歩を踏み出せば、そのあとは行動が行動を呼び、どんどん楽に行動できるようになります。


TODOリストに落とし込んだら、あとはひたすら実行するだけです。実行するにあたっては、「いつまでに必ず行う」という期限を決めることが重要です。期限を決めないと、いつまでたっても行動に移せないからです。期限を決め、行動した結果、素晴らしい成果が手に入った瞬間をイメージして、行動意欲を駆り立てましょう。


21日(3週間)行動を続ければ、その行動が習慣になり、いちいち考えることなく、自然に行動するようになります。21日間続けても習慣化されなければ、自分には合っていないのだと判断すべきです。


本を読んだだけで満足するのではなく、本に書かれていることを自分の血肉にするためには、行動することが肝要です。とくにビジネス書は、行動に移してはじめて価値があるものです。


私はビジネス書が好きで、1日に1冊読んでいます。弁護士には珍しいかもしれませんが、独立した当初、仕事がなかったときに、ビジネス書で読んだノウハウを実践して広告を出したところ成功したという経験があるからです。


本は自分の視野を広げてくれます。ただし、自分の血肉にするために内容を実行することを忘れないでください。


あれもこれもと莫大な数のタスクを抱えると、当然ながらその全部をこなすことは不可能です。タスクにもよりますが、優先順位をつけて10個ぐらいなら実行できるのではないでしょうか。


たとえは離婚相談で女性は愚痴っぽくなる人が多く、30分の相談で私が話していた時間は3分だけということも。話を聞くと、「先生、本当にありがとうございました」と解決したような気持ちになって帰られますね。私があまりアドバイスをしていなくてもです。一方、男性はあらかじめ質問項目を整理してくる方が多く、下手をすると3分で相談が終わります。


一律にはいえませんが、身体や財産、名誉などを侵害する可能性がある発言が恐喝になるか否かの線引きになります。レストランで料理に虫が入っていたとき、「慰謝料として1000万円払え」と言うこと自体はかまいません。ただし「払わなかったらネットに書いてバラすぞ」といった発言は問題になります。


企業間の取引でもそうですが、簡単に損害賠償が支払われるものという認識で「いくら払え」と言う方がいます。実際には、そんなに簡単ではありません。こういう場合は、「話し合いで解決できなければ裁判になりますが、その場合は弁護士費用がこのくらいかかります」「仮に裁判で勝っても、訴訟相手にお金がなければ回収できません」と見えていないデメリットを明らかにしていきます。すると相手は「謝罪を受け入れて和解したほうがいい」と考えるようになりやすい。


謝罪で一番大切なのはガス抜きだと思います。感情をストレートに出してくるタイプは実は怖くない。言いたいことを言ってもらってガス抜きできれば、相手の心に空間が生まれ、そこに謝罪の言葉が入り込む余地ができるからです。まず心のキャパシティを空けてもらい、それから謝罪の言葉を述べる。これが一連の流れです。一番やってはいけないのは、過失の理由や自分たちの事情を一方的に話すこと。相手がこちらの話を聞くばかりでは、むしろ怒りが大きくなります。


クレーム対応などで私が意識しているのは、最初の段階では「ああ、これはとても大変だったのですね。本当に申し訳ございません」と、うろたえるような、相手と同じテンションで謝罪をすることです。「あなたと同じように私も大変な事態が起きたと思っている」ことを示すわけです。


ヒステリックな人は一人でどんどん感情を高ぶらせてしまう。民事事件でも警察に電話したりすることがあるので、素早く対応する必要があります。ヒステリックなタイプと感じたらとにかく電話で一報を入れ、すぐに会いにいって話を聞くことです。


謝罪の場では詫びる側が能動的に何かをすることを考えがちですが、それは誤り。相手はいかに自分が大変だったか、ダメージを受けたかを聞いてほしい気持ちが強いもの。「謝罪の場は、相手のガス抜きの場である」と肝に銘じてください。事情を説明して許してもらおうという気持ちが先走ってはいけません。


プレゼンでは提案内容にかけるあなたの思いがどんなに熱くても、説明の仕方や資料の内容がお粗末では、周囲に伝わりませんよね? 謝罪も、気持ちを相手に伝えるためのテクニックは欠かせません。


間川清の経歴・略歴

間川清、まがわ・きよし。日本の弁護士。埼玉出身。25歳で司法試験に合格。弁護士法人川越中央法律事務所を経営。弁護士業務の傍ら、セミナー講師として法律や仕事術に関して教えている。著書に『5つの基礎と6つの応用技でマスターできるうまい謝罪』『そのかめはめ波は違法です!』『1年後に夢をかなえる仕事術』『「アレ」はなぜ合法なのか?』 ほか。

他の記事も読んでみる

湯本貴和

言葉が先にありきではなく、ヒトには仲間と協力したり、教え合ったりする習性が先に備わり、それらをより高度に効率よく行うために言語を生み出した、というのが私たちの考えです。どちらが先だったのか定かなことは分かりませんが、ヒトは情報共有がチンパンジーなどの他の類人猿より優れていることは確かです。


柳澤大輔

アイデアを出すと人間って楽しくなってくるんですよ。何かイケそうな感じがしてくる(笑 )なので、そういう人を増やしたいですね。


伊藤慎介

東京都内でも、渋谷や六本木にあるITやアプリの会社が大田区のモノづくり系中小企業とコラボレーションするとすごいことが起こるんじゃないかと思います。あるいは墨田区でもいい。でも、渋谷や六本木の人たちは「大田区は大田区で違う世界だよね」と見えてしまっているから、なかなか蒲田に行ってコラボしようということにならないわけです。ところがシリコンバレーではこれからはモノづくりが面白いと言って、ITとかソフトウェアの分野で活躍していた人たちがこぞってモノづくりに挑戦し始めています。でも、残念ながらシリコンバレーには大田区、墨田区、東大阪など想像を超えるアウトプットを出せるモノづくりの産業基盤がないので、日本と同じようなことはできないはずです。日本はとても恵まれていると思いますよ。


治山正史

15年12月に「健康宣言」をし、商品もスタッフも健康を意識することを打ち出しました。そのため残業削減に取り組み、さらなる削減に向けて、ノー残業手当を導入しました。残業を全くしなかった場合、1万5千円を支給します。残業した場合は、月間1万5千円未満の実働残業手当の社員に対して1万5千円から実残業手当分を差し引いた分を「NO残業手当」としてもらえる仕組みです、残業代がそれ以上になると実額を支給します。長い時間残業して、心身共に不健康になるのではなく、仕事を効率よくこなして早く帰宅し、英気を養って、次の日も頑張ってくださいね、と。これまで残業削減に取り組んできましたが、さらなる残業削減のための逆転の発想です。


大嶋祥誉

「メールよりも電話を好む」「本題だけ話すよりも雑談を好む」など、人によってさまざまな特性があります。それを踏まえて報告の仕方を変えれば、上司の反応は大きく変わってきます。


取出新吾

地元のおいしい店など「ちょっと気になる」程度の情報にも、実は十分に訴求力があるんです。何に魅力を感じるかは、人それぞれ。ニッチなものを多く揃え、多様な層を呼び込むのは、ネットならではの戦略です。


森川亮

大企業では肩書や権限が大事で、それがないとなかなか人は動かない。裏を返せば、肩書や権限さえあれば、その人がたとえ無能でも、部下は表面的には従うわけです。しかしベンチャー企業では、人は肩書きや権限では動かず、マインドで動く。そして成果重視です。


麻野進

組織のマネジメントでは、部下の強みと弱みを把握したうえで強みを発揮させることが定石ですが、対上司の場合は弱みを補完することが重要です。


徳岡邦夫

僕がメディアに登場することに対する風当たりを感じることはあります。でも自分がやっていることに自信があるのであれば、それを正しく伝えていくことも、吉兆という看板を次の世代に受け継いでいくための責任だと思っているんです。


南原竜樹

現場をしっかり見れば問題が見えてくる。旅館の再生をやった時は自分で配膳の手伝いもしたし、風呂洗いもしました。風呂桶に穴が開いていたので取り換えるように従業員に指示すると、「檜の風呂を取り換えると1千万円は掛かる」と言う。でも、知り合いの業者に尋ねたら「80万円でできる」と(笑)。そういうことも、自分で風呂桶を洗っているからよく分かるんです。


梶原しげる

会話中は相手の言葉を聞き漏らすまいという傾聴姿勢をとりましょう。それができれば、もう次の質問や話題を探して内心慌てる心配はありません。なぜなら、次の会話のヒントは、すべて相手の発する言葉や態度に示されているからです。たとえば、相手が「私は生まれが京都でして。東京に来たときは言葉が違うので、ずいぶん戸惑いましたよ」と話したら、「ああ、京都ですか!」「戸惑われたと言うと?」と相手の言葉を繰り返すだけでも会話は広がります。


小杉俊哉

クルマを運転するときのことを考えてみてください。運転中、前のクルマのテールランプだけを見つめている人はいないでしょう。前のクルマが急ブレーキをかけたら、追突してしまうからです。スピードを出しているときほど、もっと視野を広く、もっと遠くを見ようとしているはずです。仕事も同じです。これだけスピードが求められる世の中で仕事をすることは、高速道路でクルマを運転するようなもの。目の前の仕事だけをこなしているのは危険です。もっと広い世界に関心を寄せ、それといまの自分の仕事がどうつながっているのかを絶えず意識しておくことが大切なのです。最近のビジネスパーソンのなかには新聞を読まない人も多いようですが、それでは世の中全体の動きがつかめず、「交通事故」を起こしかねません。