名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

門良一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

門良一のプロフィール

門良一、かど・りょういち。日本の経営者。「加賀電子」社長。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、加賀電子に入社。ハイテックス事業部東日本営業部長、取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。門良一、かど・りょういち。日本の経営者。「加賀電子」社長。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、加賀電子に入社。ハイテックス事業部東日本営業部長、取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

門良一の名言 一覧

大きく変化した環境の中で我々は何ができるか。それを考え、お客様から求められるものにお応えしていく。当社の役割とはそれに尽きる。


伸びる会社というのは、社員の目がキラキラ輝いている。これからも社員がいきいきと働くことができるような会社風土をつくっていきたい。


門良一の経歴・略歴

門良一、かど・りょういち。日本の経営者。「加賀電子」社長。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、加賀電子に入社。ハイテックス事業部東日本営業部長、取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。門良一、かど・りょういち。日本の経営者。「加賀電子」社長。神奈川県出身。法政大学経済学部卒業後、加賀電子に入社。ハイテックス事業部東日本営業部長、取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

庄司正英

商売繁盛への最高の教師はお客様。ビジネスの究極は顧客リレーションの深耕で「また行きたい」をつなげること。


土屋嶢

真の意味でのサービス業になるために20年かけて改革を進めてきた。行員をコンビニエンスストアやホテル、製造業など異業種に派遣したのもそのためだ。規制に縛られ、自らもそれに慣れた銀行の枠を打ち破ってほしかった。そんなものにとらわれない自由な視点を持ってもらう必要があった。そして、それは店舗を顧客目線で役に立つものに変えるところに生かされている。


濱田秀彦

できれば報連相なんて面倒なことはしたくない。これが部下層の皆さんのホンネでしょう。一方の上司層は報連相を強く求めてきます。なぜなら報連相がないと、部下が何をしているのかわからないからです。だからタイミングよく的確な報連相をしてくれる部下はありがたいのです。報連相をよくすれば、上司は喜び、部下の評価は上がります。


小暮真久

自分が「楽しい」と思えることに英語学習を組み込むと理想的ではないでしょうか。飲むことが好きな人は、外国人が集うバーに飲みに行くのもいいと思います。とはいえ、そこでいきなり外国人に話しかけるのはハードルが高いので、周りの会話を聞くだけでもいい。好きなお酒を飲みながら、英語のシャワーを浴びる。通ううちに、顔見知りになった外国人と話す機会も増えるでしょう。これなら、無理なく、楽しみながら英語に触れられますね。


隈研吾

会議やプレゼンを楽しい場にする。僕は会議で、しょっちゅう冗談を言っています。会議は、正しい目的、あるいはソリューションに到達するための場と思いがちですよね。特に日本人はそう。ですが、会議を1時間するんだったら、つまらない会議になんてしたくない。時に冗談を交えながら、1時間を楽しく過ごせた方がいいわけです。欧米人、中国人は、会議を楽しくしようとします。ここは、日本人が不得意とするところですね。


森下一喜

自分の力を過信すると、ろくなことはありません。新たな情報を得ようとしなくなるし、アンテナをどんどん自分で閉じてしまう。


永守重信

ピークアウトした事業がある一方で、上がってくる事業があるのですから、そこへ人もカネもシフトし、工場も転換していく。それは早くやったほうが良い。スパッと切り換えて、これから伸びるところをさらに伸ばしていきます。


白洲次郎

英国では会社の社長に給仕がお茶を持ってきたら、必ず「ありがとう」という。当り前のことだが気持が好い。日本でも子供に親がもっとこういうことを教えなければいけない。これがほんとうの民主教育というものだと、僕は思う。


田中孝雄

現在、アフターサービスの売上比率は約25%。12年度には15~20%だった。これを25年度には30%に高めたいと考えています。実現できれば、安定的に経常利益率6%を保てます。もちろん、設備が売れないとアフターサービスもできないですが。


岡田准一

仕事はちょっとバカなほうがやりやすい。僕たちの仕事は、周りから一挙手一投足を注目されるじゃないですか。隙のないガチガチな状態でいると、周りのほうが疲れてきて、「あいつは何だ」となってしまう。そうならないように、わざと無駄な話をしてみたり、わかっていることでもあえて「それって何でしたっけ?」と聞いたりします。本当にバカだと思われてしまうのはダメですが、ユーモアのあるやつと受け止めてもらえる範囲で気を抜くのは、人間関係をつくるコツのひとつだと思います。


吉原義一

難しさは同じものが出来ないこと。作る度に、より良いものにしていきたい。形だけであれば、3年で出来るが、良い作品となれば5年でも難しい、挑戦となれば一生になるはず。


糸井重里

4万人のステージに立つ前、永ちゃん(矢沢永吉)は「震えるくらい怖い」と話していました。でも、「矢沢は考えたのよ、『矢沢、楽しめ』」って。自分がこうしたいと思うプロセスをワクワクしながら楽しめば、不安を乗り越えて、道は開けると思うんですよね。