名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

門川義彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

門川義彦のプロフィール

門川義彦、かどかわ・よしひこ。日本の経営コンサルタント。東京出身。明治学院大学経済学部商学科卒業後、株式会社鈴屋に入社。玉川高島屋店店長、営業本部販売ディレクターなどを務めたのち独立し笑顔アメニティ研究所を設立。笑顔による店舗運営や売上アップ法についてコンサルティングを行っている。日本文化振興会 社会文化功労賞受賞。そのほか立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師などを務めた。著書に『人とお金が集まる!笑顔のつくり方』『「頭のいい人」より「感じのいい人」 人から好かれる「笑顔の技術」』『売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則「笑顔コンサルタント」が教える儲かるお店の秘密』『笑顔のチカラ』『笑顔の出会い 接客生き生き作戦』ほか。

門川義彦の名言 一覧

自分が笑顔になれば、相手も笑顔になって、人が集まってまわりが笑顔でいっぱいになります。ぜひ笑顔のスキルを身につけてください。


大事なことは、どうやったら相手が笑顔になってくれるかを考えること。心が通わない笑顔は、本当の笑顔ではありません。


笑顔が素敵な人を思い浮かべてください。その人をあなたは好きですか。おそらく、嫌いという人はほとんどいないと思います。


営業のプロならお客様をハッピーのするのが仕事です。そのために、まず自分がハッピーになるのも仕事のうち。テンションをあげていきましょう。ハッピーじゃない人から営業されても楽しくありませんから。


日本人は笑顔を気分の問題と考えがちです。楽しいことがないと笑顔になれない、そんなふうに思っていませんか。笑いはそうかもしれません。でも笑顔は技術です。気分の問題ではありません。


口角をあげるというのは、「形」だけでなく、笑顔の「心」にも効きます。口角があがると、脳が楽しいと感じ、本当に楽しくなってくるというのは、大脳生理学の研究によっても証明されていることなんです。だからつらいとき、営業成績があがらないときほど、口角をあげてください。心が落ち込んでいるときは、形からアプローチすればいいのです。


なぜアイコンタクトが大切なのか。それは相手を見ないと深いコミュニケーションができないからです。そのためには、相手と呼吸を合わせなければなりません。自分の呼吸に合わせてうなずいてくれるから、もっと話したいと思うのです。あなたもそっぽを向いている人に話しかけるのは嫌でしょう?お客様のことを本当に考えているのであれば、笑顔でしっかり目を見て、呼吸を合わせてうなずくことです。


誰かに笑いかける。これはシンプルで最高に効果的なコミュニケーションの技術です。多くの人はここを勘違いしています。生まれつき感じのいい人、笑顔の素敵な人と、そうでない人がいると思っている。それは違います。笑顔は技術です。技術だからこそ、いい笑顔は訓練すれば誰にでもできるのです。


大切なのはとびきりの笑顔でがっちりお客様のハートをつかめるよう、しかるべき準備をしましょうということです。それは気分でも、生まれつきのものでもなく、日々磨かれる技術なのですから。


笑顔が苦手な人はつくり笑顔から始めましょう。ぎこちなくとも、アイコンタクトをとって、口角を上げ、歯を見せる。つくり笑顔によって脳が反応して脳内モルヒネを分泌し、幸せな気分になることがわかっています。最初はつくり笑顔でも、徐々に本物の笑顔になっていくのです。


笑顔で最も大切なこと、それは「アイコンタクト」です。相手の目を見るということは、相手の存在を認めているというメッセージであり、自分目身のアピールでもあります。


アメリカの経営者などは、ビジネスで最も必要なことはコミュニケーション力であり、そのための最大の技術は笑顔だと言っています。逆に言えば、気持ちのよい笑顔ができる人は、それだけで差をつけることができる。そして、笑顔はトレーニングで身につけることのできる技術なのです。


人間にはミラーニューロンという、目にしたものを自分の脳内で鏡のように再現する神経細胞があります。別名、モノマネ細胞とも言われ、笑顔の人を見ると、自然と笑顔になってしまう。つまり、笑顔には人を笑顔にさせてしまう力があるということ。それによって人は、相手のことを「感じがいい」と思うのです。


私が笑顔の力に気が付いたのは、大手アパレル販売チェーン鈴屋の店長を務めていたときでした。売り上げが抜群によい女性の学生アルバイトがいたのですが、販売経験も商品知識も特に豊富というわけではありません。なぜだろうと思って見ていたら、とびっきりの笑顔でお客様に接していたんです。ほかの店舗でも、売り上げのよい店には必ず、笑顔が素敵な販売員がそろっていました。


門川義彦の経歴・略歴

門川義彦、かどかわ・よしひこ。日本の経営コンサルタント。東京出身。明治学院大学経済学部商学科卒業後、株式会社鈴屋に入社。玉川高島屋店店長、営業本部販売ディレクターなどを務めたのち独立し笑顔アメニティ研究所を設立。笑顔による店舗運営や売上アップ法についてコンサルティングを行っている。日本文化振興会 社会文化功労賞受賞。そのほか立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師などを務めた。著書に『人とお金が集まる!笑顔のつくり方』『「頭のいい人」より「感じのいい人」 人から好かれる「笑顔の技術」』『売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則「笑顔コンサルタント」が教える儲かるお店の秘密』『笑顔のチカラ』『笑顔の出会い 接客生き生き作戦』ほか。

他の記事も読んでみる

一龍斎貞鏡

講談で人気の演目に「黒田武士」があります。いまから400年ほど前。筑前国、現在の福岡県の城主・黒田長政の家臣に、母里太兵衛(もり・たへえ)という武将がいました。ある日、太兵衛は勇将・福島正則のもとに使いを命じられます。正則は太兵衛をねぎらい、酒を勧めますが、太兵衛は主君の長政から「決して酒は飲むな」と忠告されていたため、これを固辞します。しかし酒豪の正則は「飲み干せたなら好きな褒美をやる」と執拗に酒を勧め、さらには「黒田武士は酒も飲めない、腰抜けか」と挑発。ついに太兵衛は、大盃で酒を3杯飲み干し、正則が豊臣秀吉から賜った名槍「日本号」を所望。後に引けなくなった正則は、家宝の槍を手放さざるをえませんでした。この逸話から民謡『黒川節』が生まれたといわれています。結果として太兵衛は、主君との約束を破ったわけですが、約束にこだわり続けていれば、黒田家の面子は潰れ、正則の怒りも収まらなかったかもしれません。ぎりぎりまで交渉を重ね、「ここぞ」というタイミングで動いたことで、大きな成果を手にしたわけです。


福園一成

証券業界に入って50年になります。メディア戦争と言われるイラク戦争の影響でしょうか、あらためて戦争と株式相場は非常に似ていると思います。戦争と株式相場の勝負は何で決まるか。それは情報と感情と言えます。


井上尚弥

「やめたい」なんて思ったことは一度もないし、とにかく強くなりたいという思いが強かった。


香山リカ(精神科医)

仕事が好きで、仕事に燃えている人はバリバリ仕事をすればいいだろうけれど、そこまで思えない人は、「生活のため」と割り切ってもいいし、仕事や会社にはそんな期待しなくてもいいと思います。そう思うくらいの方が、逆に仕事を楽しめる場合もあるものです。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


松本人志

今後の取り組みを聞かれるんですけど僕自身もよくわからないんですよ。自分が何を求めて、何を燃料として走っているのか。むしろ、それがテーマかもしれませんね。いや、もう走っているのかさえわからない。


伊藤喜一郎

人間は信頼関係で成り立っています。商売も同じ。誠実さがないといけません。


田辺道夫

いろんな部署から質問を受け、知らないこともありましたから、何が何でも答えなきゃならないと思い勉強しました。ますます知識を豊富にし、自分を磨こうと努力するようになりました。「コンピューターのことは田辺に聞け」ということになっていきました。


飯塚克美

はぐらかす相手には婉曲な言い方は一切しません。イエスかノーかでビシッと答える。そうすれば、相手も本気にならざるを得ません。


坂本孝

普段からツイてる人とつき合うのが一番です。反対にツイてない人とつき合うと、自分までツキに見放されてしまいます。


遠藤直紀

ユーザーを無視し、供給者サイドの視点でシステムをつくっている業界の現状はやはりおかしい。そこでやりたいと思ったのが、ユーザビリティの追求だったんです。
【覚書き|独立した理由について語った言葉】


塚越友子(水希)

老年期になって孤独になるのは圧倒的に男性です。会社人間として生きてきた彼らの定年後、自分の居場所や社会との繋がりはほとんどありません。そこで、自分の存在が無視されたと感じてしまい、威信を回復させようといろんなことを言ったり行動に移すため、異世代の人たちとの関係性がさらにこじれてしまいます。もし身近にこういう人がいたら、敬遠するのではなく、生きた時代が異なり、価値観の違う世代なんだということをふまえたうえで、一旦は受け入れてみてください。彼らは自己肯定感が低くなっていることが多いので、それを実感してもらうためにあえて活躍の場をつくり、「お陰で助かりました!」と感謝の気持ちを伝えれば、少しは頑固な面が和らいだり、こちらに歩み寄ろうと、彼らなりに不器用に頑張るはずです。