長谷川雅子(女将)の名言

長谷川雅子(女将)のプロフィール

長谷川雅子、はせがわ・まさこ。「割烹一平」女将。東京都生まれ、福島県育ち。高校卒業後、日本舞踊・花柳流師範を経て割烹一平二代目女将に就任。そのほか、社会福祉法人愛篤福祉会理事を務めた。

長谷川雅子(女将)の名言 一覧

母からは売り手よし、買い手よし、世間よしという近江商人の「三方よし」の生き方をしなさいと言われてきました。


「おもてなし」と言いますが、その方が何をしたら喜ぶかを常に考えることだと思います。お料理から何から、全てを親切、丁寧に、その方の気持ちになってご提供することを心がけてきました。


長谷川雅子(女将)の経歴・略歴

長谷川雅子、はせがわ・まさこ。「割烹一平」女将。東京都生まれ、福島県育ち。高校卒業後、日本舞踊・花柳流師範を経て割烹一平二代目女将に就任。そのほか、社会福祉法人愛篤福祉会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

現場こそが何より大事で、お客様の声の中に課題がある。


藤原和博

時給の差は、一時間の労働が生み出す付加価値の差と言っていい。では、付加価値は何によって決まるのか。それは希少性だ。ファストフード店のバイトはほかにできる人がたくさんいるため、時給800円。一方、大前研一さんや堀紘一さんといったトップコンサルタントは、ほかの人と取り換えがきかない。だから人々は彼らに時給8万円を払う。そのことを前提にすると、「転職すればキャリアアップになる」というよくある考えは甘いとわかる。


岩瀬大輔

「メールは即返す」「今度ご飯を食べましょうと約束したら、電話を切った瞬間に即予約」など、5分以内で終わるようなことに関しては、とにかく即やります。それ以上の時間がかかる仕事は、クオリティーとのバランスを上手くとるように心がけています。


関根眞一

私が交渉でとる基本的な姿勢は、「相手を持ち上げながら、へりくだらない」ことです。相手を持ち上げるのは、気持ちよく話してもらうためです。もし尊大な態度をとったら、相手は敵対心を持ち、多くは語らないでしょう。ただし、持ち上げることはしても、へりくだってはいけません。すべて相手の言いなりになることはないのです。ときには毅然とした態度をとるべき。なぜなら、「できないことはできない」とはっきり言うことは、相手に信頼感を与えることにもなるからです。


森内俊之

幸い私は、名人位の通算獲得数8期を数え、永世名人の資格を得、40代初の竜王位の獲得も果たすことができました。言わば、棋士として一番上まで登ったわけですから、今後はいかに階段を降りていくかが課題になってくると思います。


堀口智顕

社員には「ニーズに応えるのでなく、ニーズのニーズに応えろ」と教えます。これはニーズそのものだけでなく、ニーズが起きる原点を捕らえに行くということです。


羽田圭介

僕は日常生活での違和感とか、面白いなと思ったことをネタにして小説を書いているんですけど、その思考回路って、作品を出すことで、どんどん強まってくるんですよね。小説を書く人の感受性で、日常を見るようになっていく。そういうサイクルが楽しいんです。


池田敦司

実際に取り組むプロジェクトメンバーたちは、共通の価値観を持っていることが多いはず。自部門の上司の顔を立てる言い訳だけは考えておき、言われたことを可能な限り拡大解釈して斟酌(しんしゃく)しつつ、プロジェクトの狙い通りに動くのが賢いのです。


出原洋三

英ピルキントン買収後に、10年間のビジョンを自分でつくりました。ピルキントン側からは「10年後にお前はいるのか。3年でいいんじゃないか」と言われました。欧米流の考え方からすれば、10年は信じられないほど長く思えたのでしょう。


テリー伊藤

逆転は座して待っているだけでは起こり得ない。当然、今こそやっておくべきことがある。それは逆転のための準備。花を咲かせるための準備だ。


及川智正

私たちは現状に甘んじることなく、日本の農業をもっと良くしていきたい。流通総額が今の10倍の1000億円になった時、このままの体制では耐えられません。急速に拡大するために、物流、人材、ITの3要素に対して投資を行っております。


羽生善治

メンタル面で切り替えなければならない時には、気分転換するようにしています。髪形を変えたり、部屋の模様替えをしたりして、何かしら生活にアクセントをつける。部屋の片づけをしたりもします。


山本真司

真面目でいるだけでは、フォーカスなんてできません。いかに「優等生」の自分を捨てて、本来の自分のやりたいことに忠実になれるか。これもまた、努力を結果に結びつける大きなポイントだといえます。


板倉雄一郎

企業が失敗したとき、その直近のオペレーションの中の問題を原因として取り上げがちですが、実は、スタートアップ(創業時)にその成否の要因が潜んでいることが多いんです。これは僕に限ったことではなく、ほとんどの企業についても言えると思います。


川端克宜

失敗することもあるのですが、失敗から学ぶことも少なくありません。


ページの先頭へ