名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

長谷川豊(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長谷川豊(経営者)のプロフィール

長谷川豊、はせがわ・ゆたか。日本の経営者。アラビックヤマトなどで知られる接着剤・糊メーカー「ヤマト」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業、ニューヨーク・ペース大学でMBAを取得。外資系プライベートバンク「ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー」を経てヤマトに入社。同社社長を務めた。

長谷川豊(経営者)の名言 一覧

独自の接着加工技術に磨きを掛ければ、まだまだ新たな需要を開拓することができる。


当社もこれまでは学校やオフィス向けの商品がメインでしたが、今は幼児やシニア向けなど幅広い層に様々な商品開発を行っておりますし、商品の売り場も従来の文房具屋さんや量販店だけでなく、雑貨屋さんや本屋さんなど異業種へ、新たな市場を開拓しているところです。


国内市場は少子高齢化や企業の経費削減に伴い、黙っていればシュリンク(縮小)していく。だから、我々は海外市場に積極的に出ていったり、新商品の開発をすることで、新たな需要を掘り起こしていかなければならない。


当社の歴史は「接着の持つ限りない可能性を創造的な商品に変えていく」という挑戦の連続。メーカーとして、社員が知恵を絞ってローコストでオリジナル商品を開発し、いいものをリーズナブルにお客様に提供していく。


ブラウン・ブラザーズ・ハリマンで日米合わせて15年間働いた後、私は実家の家業でもある当社(ヤマト)に戻ってくることになりました。当初は日米の商習慣の違いや時間軸の速さ(遅さ)、そして扱うお金の単位(億と銭)の違いなど、いろいろなことに戸惑いました。これは私だけでなく社員も戸惑っていたと思いますが、何度も何度も話し合いを重ねることで相互理解を深めていったのです。


渡米した直後は言葉も話せませんでしたし、文化や風習、言葉の壁に思い悩む日々。これは仕事をする上でも戸惑うことも多かったのですが、会社では厳しい中でも多くのチャンスをいただくことが出来ました。特に当時の上司でJ・ニールセンという方に出会い、いろいろなことを学ぶことが出来たのは非常に大きかったです。
【覚え書き|ブラウン・ブラザーズ・ハリマン時代を振り返って】


長谷川豊(経営者)の経歴・略歴

長谷川豊、はせがわ・ゆたか。日本の経営者。アラビックヤマトなどで知られる接着剤・糊メーカー「ヤマト」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業、ニューヨーク・ペース大学でMBAを取得。外資系プライベートバンク「ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー」を経てヤマトに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

オフは仕事のことを忘れたいと思う人も多いでしょう。しかし、私が出会ってきた優秀なビジネスマンは、例外なくオン・オフの切り替えがありませんでした。区切りをつけて、頭一つ抜け出せるほど世の中は甘くないのでしょう。


佐藤孝幸

ルールを決めておけば、ものごとに迷ったり、トラブルに巻き込まれたりといった余計なことに時間を費やされることがなくなります。ただしルールは完璧ではないので、失敗して方向転換が必要になったら、すぐに帰る柔軟性を持つことも大事だと思います。


田原総一朗

私は滋賀県の出身で近江商人の末裔なのですが、「運・鈍・根」というのを幼いころからよく祖母に聞かされました。一番大事なのが運。その運を開くには、鈍、つまりバカになる。近道をしない、要領よくやらない、小賢しいことをしない、ということです。そして、根、根気よく。鈍になって根になれば、運は開けてくるものだと。


村上龍

『トパーズ』という短編集では、読点だけがあり、句点がほとんどない、長い長い独白のような文体を用いた。読みやすいとはとても言えない文体だが、目的や欲求を自覚できず、また社会的規範からはみ出した女性たちの心情を描くとき、非常に有効だった。その特殊な文体は、意識的に考えたわけではない。女性たちの心情を「翻訳」しようとして書きはじめ、ふと気がついたら、句点をつけず、永遠に終わりそうにない文章を書いていた。だが、『トパーズ』以降、一度もその文体を使ったことはない。


出雲充

私が仕事のうえで効率よりも大切にしていることは、明るく、楽しく、前向きに仕事をすることです。


ロバート・インガソル

報奨を受けるだけの功績がないのに称賛されるよりも、称賛を受けずに報奨を受けるだけの功績がある方がよい。


大浦溥

優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。


坂東眞理子

歴史書を読んだり、話を聞いたりして、名言だと思った言葉はメモするようにしましょう。名言は自分を励まし、戒めるための処方箋になるからです。


澤田貴司

再生に不可欠の要件、しかも最も重要な要件。それは経営トップが正しい方向性を持つ、ということ。再建の成否は99.9%、トップの姿勢にかかっていると言っても過言ではない。


宗次徳二

ココイチでは、必ず皿を温めてからカレーを盛り、お客様にお出ししています。いまではラーメン店などで器を温めて出すお店も珍しくありません。私がそれをマニュアル化した約30年前には、ほかにはまずありませんでした。当時その様子を見た人から、「何もそこまでしなくても」とよく言われたのですが、これもお客様に美味しくカレーを食べていただきたいと思ったからです。


久水宏之

いきさつの中から解決の鍵を探すだけでは、この国難を超える力は出てこない。元々何を大切にしたかったのか。原点に立ち返って協働してこそ、道は開くのだと思う。


加藤一二三

私の若い頃は転職する人は少なかったけれど、今はそれが普通の時代ですね。仕事を簡単に変えられることが、「これが天職だ」と言いにくくしているのかもしれません。私自身、洗礼を受けるまでは、曖昧模糊としたところがありました。ただ、私は自分の指した対局が何百年経っても、後輩や将棋ファンの喜びにつながると信じているからこそ、棋士が天職であると考えています。みなさんも、自分の仕事が誰かの喜びにつながっているのであれば、その仕事を天職だと信じて、続けてみてはいかがでしょう。