名言DB

9425 人 / 110833 名言

長谷川裕一(北海紙管社長)の名言

twitter Facebook はてブ

長谷川裕一(北海紙管社長)のプロフィール

長谷川裕一、はせがわ・ゆういち。日本の経営者。北海道を拠点とする古紙リサイクルの北海紙管社長。北海紙管は北海道、東日本を中心として活動する昭和33年創業のリサイクル企業。

長谷川裕一(北海紙管社長)の名言 一覧

社員がイキイキしてない会社が、お客さんをイキイキさせるなんてこと、絶対にできないはずですから。


まず社内が変われば、お客さんへの接し方も変わりますからね。成果の芽は見えてくるはずですよ。これは私も痛感しているんですが、上から指示して人を動かすより、下から提案があって動いていく方が、絶対に変化が速いんです。こっちも気持ちが良いし。北風と太陽の寓話みたいですけどね。


変えられないのは、経営者の責任ですよね。社員たちを巻き込んだ側の責任。ですから、社員の自主性に任せますし、社員から出てきた提案を、なるべく素直に実行するようにしています。


長谷川裕一(北海紙管社長)の経歴・略歴

長谷川裕一、はせがわ・ゆういち。日本の経営者。北海道を拠点とする古紙リサイクルの北海紙管社長。北海紙管は北海道、東日本を中心として活動する昭和33年創業のリサイクル企業。

他の記事も読んでみる

横山信弘

第三者の目から見れば、上司の手柄横取りは案外わかるもの。手柄を横取りされても、さほど心配する必要はない。


鈴木宗男

当時ニューリーダーと言われていた竹下登、安倍晋太郎、宮沢喜一、中川一郎の各先生の中で、竹下先生は最年少で官房長官になるほど出世が早いこともあって、「あいつはずるい」「やりすぎだ」といった批判を受けないよう気を遣っていたと思います。竹下先生は政治の妬み、僻み、やっかみが渦巻く世界で生き抜くためには、手柄を人に渡すことで、少しでもこのリスクを下げようとしたのでしょう。そのため日ごろから一生懸命汗を流し、人のために頑張っている姿を見せることで、いずれは必ず自分に返ってくるはずだと考えていたのでしょう。


村田諒太

どんな動きができればいいのかを書くと、「そのためには何を意識して練習すればいいのか」が見えてきますよね。これを作ったことで僕は、「今、すべきことを先回りして書けばいいんだ」と気づきました。それで、練習日誌の書き方を変えたんです。


江川達也

公式を知っているのと、それを使いこなせるかどうかはまた別の問題です。自分で新しい公式をつくれるようにならなければ、本当の意味で、公式を使いこなすことはできません。


近田哲昌

チームといっても、結局は一人ひとりの人間です。その一人ひとりと真剣に向き合い、本音をぶつけ合わなければ信頼関係をつくることはできません。


東平豊三

お客様のために力を尽くすほど、見返りが大きい。


張本邦雄

経営再建計画「Vプラン」が出来上がったとき、部課長連中に任せず、自分で現場の製造員のところを回りました。そこでしっかりと「Vプラン」の意味を説明しました。そして、「TOTOという会社は先輩たちのおかげで蓄積がある。わかりやすくいえば貯金があるから、こんな状況がたとえ10年続いてもつぶれない。そのかわり、いまのままでは絶対に強くならないから、革新するぞ」と、各現場で宣言して回りました。


柏木斉

企業も厳しい状況になると、いままでと同じ採用の仕方でいいのか判断に迷われます。そのなかで我々に新たな出番も出てきます。企業の相談相手になるのです。すぐには収益に結びつかなくても、企業の役に立つのは意味あることです。


山田義仁

制御機器とヘルスケア事業では、サービス提供型のビジネスも模索しています。メーカーなのでハードは手掛けますが、ハードから得られるデータを解析し、サービスでも稼いでいきたい。日本で「リカーリング(継続課金取引)」が一番成功しているのはゲーム業界でしょう。ネットワークでユーザー同士をつなぐことで、新たな楽しさを提供しています。制御機器やヘルスケアでは、提供する価値は「楽しさ」とはちょっと違うはずです。対価に見合うだけの価値を提供できるかが、ビジネスの成否を分けそうです。


宇野康秀

自分の後輩たちがうまくいったり失敗したりするのを数々見てきた中で、あまり成功の法則というのはないのかなと思います。自分のスタイルでやればいいし、それが新たな経営スタイルになったほうが面白い気がします。