名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

長谷川常雄(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長谷川常雄(経営者)のプロフィール

長谷川常雄、はせがわ・つねお。日本の経営者。青汁で知られる食品加工会社「キューサイ」創業者。京都出身。同志社大学経済学部卒業後、大沢商会に入社。その後独立し製菓会社「長老製菓(のちのキューサイ)」を創業。青汁を大ヒットさせた。そのほか野菜宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」会長を務めた。

長谷川常雄(経営者)の名言 一覧

仕事上のことで特定の社員を怒ってばかりいるというのは、それは経営者がおかしい。社員それぞれに合った仕事を与えていれば、ミスを繰り返すようなことはない。


長谷川常雄(経営者)の経歴・略歴

長谷川常雄、はせがわ・つねお。日本の経営者。青汁で知られる食品加工会社「キューサイ」創業者。京都出身。同志社大学経済学部卒業後、大沢商会に入社。その後独立し製菓会社「長老製菓(のちのキューサイ)」を創業。青汁を大ヒットさせた。そのほか野菜宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」会長を務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

どれだけ頭で正しい判断をしていても、周囲の人々、ステークホルダーがついてくるような人でなければ、物事は動かない。


尾崎元規

品質という問題に対して疑念があってはいけません。花王は品質が一番の基本であり原点です。だから品質に疑念が出たらまず払拭することが基本中の基本です。そこで疑念を払拭できるまでは、販売を一時取りやめて、払底できたときに再発売することを決めました。


諏訪内晶子

もう少し若いころは目の前の経験を消化することに一所懸命でしたから、経験を成熟させるなんてことを考える余裕はなかったんですよね。でも、いまはそうして経験を成熟させるところにこそ芸術の素晴らしさを感じています。


野村克也

いま思い返すと、俺を引き上げてくれた2軍コーチやキャンプで俺を試してくれた鶴岡(一人)監督との出会いというのも、ツイていたからなんだろうな。良きにせよ悪しきにせよ、人との出会いもまた運だよ。


八木宏一郎

ビジネスとして成立させるには、自分だけが得をするのではなく、「みんなが得すること」を見つけるのが重要なカギ。それには業界全体を俯瞰し、足りないピースを見つけて埋めるのが早道。唐揚協会は、唐揚げ業界にとって足りないピースでした。


一瀬邦夫

一つの目的を正しくやると成功し、この成功を「やった!!」と喜ぶ笑顔。これを「正笑」といいます。私は正笑の志で従業員の皆さんにやりがいのある職場を作って店を任せて行きたいと思っています。


ウィリアム・ウェルドン

イントラネットなどを介して、世界中のすべての社員を対象にクレド(信条、経営哲学)に対する認識を定期的に調べています。また、社員の給与を決める評価も、クレドの掲げる行動規範とリンクさせています。こうした取り組みによって、社員がクレドに示された信条を実践するようにしています。


兼元謙任

当社でも開業当初、ソフトに不具合が生じ、激怒したお客様のもとに駆け付けたことがあります。もう土下座ものですよ。正当なクレームなら、どうしたら怒りが解けるのかを考え、四の五の言わずに行動に移すことです。


荘司雅彦

対立が決定的になった場合にモノを言うのは証拠です。日頃からちょっとしたことも記録を取っておくと、いざというときに役立ちます。


藤田近男

先代(創業者、中島董一郎氏)とは42歳の年齢差がありました。入社したときは先代を含めて社員はわずか5人。20年以上も一緒に仕事をし、マンツーマンで教育してもらいました。厳しかったが、それでも一回目の失敗は許してくれました。企業に失敗や敗者復活を許す風土がないと、やっぱり社員は育ちません。


柳井正

未来に向かって次はこういうことをやろうと考えないと、いまのこの位置すら危ない。


倉持淳子

紙の手帳を使うのは、手書きにこだわりがあるからです。手帳には自分の成果や行動を数値化して記録しますが、ひと手間かけて手で書き込むからこそ、数値を自分のものとしてとらえることができるようになります。