名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

長谷川宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長谷川宏のプロフィール

長谷川宏、はせがわ・ひろし。日本の哲学者、教育者。島根県出身。東京大学大学院哲学学科博士課程修了後、埼玉県所沢市で学習塾の赤門塾を開業。以降40年以上、哲学の勉強・翻訳・執筆をしながら子供たちに勉強や生きることについて教えた在野の哲学者。『ヘーゲル 精神現象学』の翻訳により、レッシング翻訳賞を受賞。主な著書に『ヘーゲルの歴史意識』『いまこそ読みたい哲学の名著 自分を変える思索のたのしみ』『ことばをめぐる哲学の冒険』『新しいヘーゲル』『高校生のための哲学入門』など。そのほか、マルクスやヘーゲルをはじめ数多くの哲学書を翻訳した。

長谷川宏の名言 一覧

労働には本来、喜びの要素が十分に備わっています。問題は私たちがそのような労働本来の喜びに対して、目を向けることが少なくなっていることでしょう。


たとえどのような仕事でも、企業がどんな働き方を求めていようとも、労働の持つ本来の喜びが消えてなくなることはありません。ともに働く同僚と気持ちが通じ合ったり、自ら創意工夫をしたりする喜び。それが人間にもともと備わった感情である限り、仕事に対するやりがいは必ず見つかるはずです。


私にとって生活のための手段にすぎなかった塾の仕事は、次第に楽しみなものへと変わっていきました。それは単にお金を稼ぐための手段として私塾の活動をとらえていた私が、仕事そのものの中にある面白さ、楽しさに気づいていく過程でもあったと言えるでしょう。


赤門塾では演劇や合宿などの様々な課外活動を行っています。共同作業をしているときの子供たちの様子は、なんとも魅力的なのです。彼らはその場で様々なことを相談し合い、助け合いながら、ひとつの作業を成し遂げていきます。また、塾のOB・OGの高校生や大学生がやってきては、塾での活動を生徒たちと一緒になって盛り上げてくれます。そうした共同作業の中で彼らが見せる表情が実に魅力的なのです。


東京大学大学院を卒業してから大学を離れ、所沢で学習塾「赤門塾」を運営しつつ哲学の勉強を続けてきました。以来、40年にわたって私塾を続けていますが、その中で強く実感するようになったことがあります。塾を始めたばかりのころは、塾の運営は生活のための手段にすぎませんでした。子供たちに勉強を教えることは、お金を得て哲学の勉強にあてることでした。ところが塾の中でともに勉強をし、様々な行事を生徒と一緒に作り上げているうちに、私は考えを改めるようになりました。


長谷川宏の経歴・略歴

長谷川宏、はせがわ・ひろし。日本の哲学者、教育者。島根県出身。東京大学大学院哲学学科博士課程修了後、埼玉県所沢市で学習塾の赤門塾を開業。以降40年以上、哲学の勉強・翻訳・執筆をしながら子供たちに勉強や生きることについて教えた在野の哲学者。『ヘーゲル 精神現象学』の翻訳により、レッシング翻訳賞を受賞。主な著書に『ヘーゲルの歴史意識』『いまこそ読みたい哲学の名著 自分を変える思索のたのしみ』『ことばをめぐる哲学の冒険』『新しいヘーゲル』『高校生のための哲学入門』など。そのほか、マルクスやヘーゲルをはじめ数多くの哲学書を翻訳した。

他の記事も読んでみる

酒井靖之

僕は写真や映像も、自分を映す鏡だと思っている。


野坂英吾

自分の考えはどんどん変わっていくが、時系列で書いておけば、いつ、どの出来事にどう影響されたのか確認できる。特に起業前は1歩進んで2歩後退する、という繰り返しだったので、決断で迷った時にノートが非常に役立った。


林信秀

挑戦をすれば、当然失敗することもあります。そのたびに、「百折不撓(ひゃくせつふとう)」の精神を思い出し、常に前を向いて進んでいきたい。そうすれば必ず道は開けると信じています。


西川美和

自分自身が日陰のキノコみたいな人間なんですよ。なかなか日なたに出ていけない部分があって。なので、自分自身も、日陰のキノコみたいな作品に救われてきたんですよね。自分もいていいんだな、こんなふうに思うのは自分一人じゃないんだな、というところで救われやすい性質だなと思うところがあります。


柳川範之

多様な年齢層の多様な経験を持った人が集い、勉強すること自体に大きな意義があることである。様々な経験から出てきた意見のぶつかり合いが、思いがけない気づきや新鮮な発想を学生に与え、学びを促進する。その点でも日本の大学は、もっと様々な年齢層の学生をあふれさせることが必要ではないだろうか。


三枝匡

事前によく考え抜いている人は、悪い結果が出る前に自分の組み立てが崩れてきていることに気付くので、そこから学びがあります。始めにきちんと絵を描かない人は、どこから崩れて、何が崩れたのか分かりませんから、半年から1年も経つと何をしたかったのかすらも分からなくなってしまう。


坪田一男

毎日3つの「よいこと」「うれしかったこと」を書き出しています。朝でも夜でもいいですが、前日やその日に起きたよいことを毎日書きます。人生におけるよいところをいつも見る習慣がつくし、さらに突き詰めていくと、いいところしか見なくなる。それがごきげんの心理を培うひとつの実技例。極めて効果的です。


鈴木喬(経営者)

社長就任当時のエステーは経営難に陥っていました。バブル経済崩壊の余波で利益は減り、所有している有価証券や土地の価値は暴落、株価は低迷していました。私はどん底から這い出すために、過去のやり方をすべて否定することにしました。


内藤哲也

正直、現時点では(対戦相手の)オカダ(カズチカ)のことは見ていないんですよ。花道を歩くことと、試合に勝った後に、お客様と大合唱することだけに視線が向いている。オカダには、僕がオカダに視線を向けざるを得なくなるくらい、焦らせてほしいなと思いますね。実績も含めてオカダは素晴らしい選手です。でもお客様に感情移入していただくという、プロレスにとって一番大事な部分に関しては、僕は負けていない。そのあたりの差が、リングで向き合った時に出るだろうと思っています。


リンダ・グラットン

「あなたは誰と、どこで、どんな仕事をしていたいですか?」いま、それを考えることで、10年後、20年後の働き方が大きく変わってくる可能性があります。私たちの課題は、変わりゆく時代のなかで、明確な意図をもって職業生活を送ることです。


山口信博

伝統的な文化の集約されている「奥ゆかしさ」こそが、日本におけるデザインの根本ではないか。


永山治

これまでの薬や診断薬は今後も中心として残ります。でも、それ以外で患者さんやお医者さんが求めているソリューションがあります。今までは薬は症状がある人に全部使って、3割効いたとか4割効いたとかいう世界でした。そこで、事前に遺伝子的に効かないことが分かっている場合には事前に外すということが可能になるように、バイオマーカーとセットで薬を開発するようにしています。