長谷川宏の名言

長谷川宏のプロフィール

長谷川宏、はせがわ・ひろし。日本の哲学者、教育者。島根県出身。東京大学大学院哲学学科博士課程修了後、埼玉県所沢市で学習塾の赤門塾を開業。以降40年以上、哲学の勉強・翻訳・執筆をしながら子供たちに勉強や生きることについて教えた在野の哲学者。『ヘーゲル 精神現象学』の翻訳により、レッシング翻訳賞を受賞。主な著書に『ヘーゲルの歴史意識』『いまこそ読みたい哲学の名著 自分を変える思索のたのしみ』『ことばをめぐる哲学の冒険』『新しいヘーゲル』『高校生のための哲学入門』など。そのほか、マルクスやヘーゲルをはじめ数多くの哲学書を翻訳した。

長谷川宏の名言 一覧

労働には本来、喜びの要素が十分に備わっています。問題は私たちがそのような労働本来の喜びに対して、目を向けることが少なくなっていることでしょう。


たとえどのような仕事でも、企業がどんな働き方を求めていようとも、労働の持つ本来の喜びが消えてなくなることはありません。ともに働く同僚と気持ちが通じ合ったり、自ら創意工夫をしたりする喜び。それが人間にもともと備わった感情である限り、仕事に対するやりがいは必ず見つかるはずです。


私にとって生活のための手段にすぎなかった塾の仕事は、次第に楽しみなものへと変わっていきました。それは単にお金を稼ぐための手段として私塾の活動をとらえていた私が、仕事そのものの中にある面白さ、楽しさに気づいていく過程でもあったと言えるでしょう。


赤門塾では演劇や合宿などの様々な課外活動を行っています。共同作業をしているときの子供たちの様子は、なんとも魅力的なのです。彼らはその場で様々なことを相談し合い、助け合いながら、ひとつの作業を成し遂げていきます。また、塾のOB・OGの高校生や大学生がやってきては、塾での活動を生徒たちと一緒になって盛り上げてくれます。そうした共同作業の中で彼らが見せる表情が実に魅力的なのです。


東京大学大学院を卒業してから大学を離れ、所沢で学習塾「赤門塾」を運営しつつ哲学の勉強を続けてきました。以来、40年にわたって私塾を続けていますが、その中で強く実感するようになったことがあります。塾を始めたばかりのころは、塾の運営は生活のための手段にすぎませんでした。子供たちに勉強を教えることは、お金を得て哲学の勉強にあてることでした。ところが塾の中でともに勉強をし、様々な行事を生徒と一緒に作り上げているうちに、私は考えを改めるようになりました。


長谷川宏の経歴・略歴

長谷川宏、はせがわ・ひろし。日本の哲学者、教育者。島根県出身。東京大学大学院哲学学科博士課程修了後、埼玉県所沢市で学習塾の赤門塾を開業。以降40年以上、哲学の勉強・翻訳・執筆をしながら子供たちに勉強や生きることについて教えた在野の哲学者。『ヘーゲル 精神現象学』の翻訳により、レッシング翻訳賞を受賞。主な著書に『ヘーゲルの歴史意識』『いまこそ読みたい哲学の名著 自分を変える思索のたのしみ』『ことばをめぐる哲学の冒険』『新しいヘーゲル』『高校生のための哲学入門』など。そのほか、マルクスやヘーゲルをはじめ数多くの哲学書を翻訳した。

他の記事も読んでみる

平尾喜昭

これまで、ビジネスにおいては、物事の判断はベテラン社員の経験や勘に頼る面が多分にありました。だから経験豊富な社員の発言力が大きく、若手はそれに従わざるを得なかった。でも、データ分析で物事の原因と結果を自分で確かめられるようになれば、自由度も説得力も大幅に高まります。仕事の強力な武器になることは間違いありません。


野村克也

「弱い相手からは、必ず先に点をとれ」。南海で選手だった頃、鶴岡一人監督に徹底して叩きこまれた考え方が、それだった。弱いチームは心が弱い。失点すると「また負けだ……」とすぐ心が折れる。だから先制点で出鼻をくじけば、いとも簡単に自ら調子を崩す、というわけだ。


斎藤広達

マネが苦手な人に共通する特徴は、プライドが高いことです。「自分が一番優れている」などと考えていては、誰の長所も採りいれられないでしょう。しかし、プライドを捨てるのはなかなか難しいもの。そこで、まず仕事の目標をハッキリさせましょう。社内のトップセールスになる、30歳までに1000万円プレーヤーになる、あるいは、いずれ独立して経営者になるなど、どんな目標でも設定すると、小さな自尊心を満たすことよりも、大きな目標を達成することに興味が向きます。すると自ずと、謙虚にマネする気持ちが出てくるはずです。


藤野英人

自社サイトに社長、役員の写真を載せていない会社は要注意。「私たちがこの会社を経営しています」と顔を出すことは、透明性や覚悟の表れ。社長・役員ともに写真が載っている会社、社長のみ写真が掲載されている会社、社長も役員も写真を載せていない会社では、株価の伸び率が明らかに異なる。


柳川範之

少しずつでも継続すれば、大きな勉強量になると発想を変えて、もっと気楽に勉強しましょう。誰だってそんなに長続きはしないし、私自身、目標の2~3割しか消化できないことがザラでしたから。


齋藤純一(政治学者)

機会が閉ざされているがゆえに才能や適性を生かすチャンスが与えられないと、社会の停滞を招く。ある一部に富が偏るよりも、ボトムの活性化に力を入れたほうが、経済的な観点からいっても効率的だと考えを切り替えたほうがいい。


苅谷道郎

時間の管理術で大切なのは、かける時間とかけない時間の組み立てです。仕事は何でも短時間でこなせば合理的になるわけではありません。時間をかけるべきところはしっかりかけることで必要なときに迅速で的確な判断が発揮されます。


常見陽平

自分の評価に不満があるからと、不確かな裏技に走ってはいけない。会社人生では苦しいこともある。それでも、まずは正攻法で前向きに戦うことを勧めたい。


Mr.マリック

私にとってのご褒美は、ライブ会場に、おじいちゃん、お父さん、息子さんの3世代で観にきてくれるお客さんがいること。世代を超え、みんなが一緒に楽しんでくれる。そんなマジックの力を目の当たりにするたび、たまらない気持ちになるんです。


枡野俊明

最近は「以心伝心」という言葉もあまり使われなくなりました。心を以て、心に伝える。もともとは禅語で、言葉を介さなくても、思っていることが相手に伝わり、お互いに理解し合えるという意味です。本当に親しい人とは、会話しなくても気持ちが通じ合える、わかり合えると思いたいのが人間です。少なくとも家族の間ではそうありたいと誰もが願うはずです。しかし家族でも、一足飛びに以心伝心の関係になるのは難しいことです。親子でもそうですし、もともと違う環境で育った夫婦はなおさらです。だから、日々の会話が大切なのです。


松本幸夫

ソフトバンクの孫正義氏は、坂本龍馬を敬愛しています。龍馬に恥じない仕事をすることを自らに課し、大企業になっても現状維持せず、買収などで更なる成長を目指しています。目標を持つことで自らを鼓舞し続けているわけです。


中村靖(経営者)

きちんとした使命感を持つ企業でないと命の水は扱えません。仕事の意義を常に社員に問いかけ、「もうけ」と「社会貢献」を両立させていきます。


牧野正幸

当社の成長率は20%ほどですが、アメリカのベンチャー企業に比べると、成長速度は明らかに遅いと思います。一番の原因は人材です。例えば、我々が5年間で売り上げを倍にするとしましょう。方法論的には、難しくありません。人材の質にこだわらず、人の数を揃えればいいのですから。しかし、ある程度のところまでいったらその後2度と伸び上がることはできないと思います。優秀な人材でなければ、時代の変化やビジョンに合わせて変わることができないからです。


白石達

一番困るのは、結論が出るまで動かず、その結果を最後まで変えない頭でっかちな人間です。そんな人は変化に取り残されるでしょう。


藤岡頼光

起業してから5~6年は他のことが何もできなかった。まずは事業を軌道にのせるのが大変だった。


ページの先頭へ