名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

長谷川健太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長谷川健太のプロフィール

長谷川健太、はせがわ・けんた。日本のサッカー選手、監督。静岡県出身。幼少期からサッカーに親しむ。筑波大学卒業後、社会人サッカーチーム・日産自動車サッカー部(のちの横浜F・マリノス)に入部。同チームで活躍したのち、Jリーグ発足時に清水エスパルスに入団。引退後、サッカー解説者、浜松大学サッカー部監督、清水エスパルズ監督、ガンバ大阪監督などを務めた。

長谷川健太の名言 一覧

長丁場を戦っていくうえで、「小さな目標」をつくっておかないと途中で中だるみしてしまい、優勝という大目標には到達しにくい。


一般の会社でも同じことがいえると思いますが、若手にどれだけ仕事を任せられるかが、サッカーチームにおいても重要だと考えています。


若手選手にはベテランの安定感はないものの、突き抜ける力を持っています。それがチームの活性化につながる。


チームづくりにおいて最も大切な一面として、どれだけ選手と真摯に向き合えるか、という課題がある。


一生懸命に教えているうちに、自然と厳しい口調になっていることがときにはあるということだと思います。
【覚え書き|選手から怖い監督だと言われることについて】


コンビネーションが悪かった選手同士でも、我慢して試合で使い続けているうちに、だんだん相性がよくなってきて、非常に強固なものになっていくことがあります。あるいは突然コンビネーションがよくなったりすることもあります。そういうことは練習では分かりませんから、悪いからといって使わないのではなく、我慢して使うことが大切です。


試合の流れだけでなく選手のコンディションや相手チームの出方にも影響されます。そういう意味では、その瞬間のカンで判断する部分もあるといえます。ただし、根拠のないカンではなく、私自身の経験値から自然に出てくるカンなのだと思っています。


監督に求められるのは、何より人柄や人間性ではないかと考えています。ですから、自分自身がいかに人間として成長していけるか、というところに尽きるのではないでしょうか。


とにかくチームを活性化していくためには、若手選手を実戦で入れていかなければなりません。ベテラン選手ばかり使えば、当然安定した戦い方はできますが、それだけではチームは衰退していきます。


清水エスパルスで監督をしていたときには、選手やスタッフが過ごすクラブハウスに立派な監督室があって、普段はスタッフたちと別々になっていました。1人でいろいろ考えるのにはよかったかもしれませんが、コーチとは練習中のグラウンドと練習後のミーティングしか顔を合わせることがなかったのです。そのためなかなか深い話ができません。日ごろのコーチたちの様子も分かりませんでした。そこでガンバのクラブハウスでは、コーチたちと同じ部屋に机を並べて、日常から一緒に過ごすようにしました。当然すぐに話ができるので、どのコーチが何を考えているのかがよく分かり、スタッフ間のリレーションシップが非常にうまくいくようになったと思います。


サッカー選手が一番悩むのは、ケガをしたときと引退を考えるときです。ですから故障を抱えている選手の悩みを聞いてアドバイスをしたり、引退を考えている選手の相談に乗ったりするようにしています。


選手一人ひとりのタイプをよく見て、この選手はこういうときには褒めたほうがいいとか、あるいは厳しく言うほうがいいとか、相手によって接し方を考えながら話すようにしています。


一番いけないのは、きちんとコミュニケーションが取れていないにもかかわらず、「きっと(選手やスタッフは)分かっているだろう」と思い込むことです。やはり話さなければ何も伝わりません。


選手やコーチなどのスタッフとコミュニケーションを取ることが、たいへん重要だと考えています。練習場で指導するだけでなく、それ以外の場面でも会話を重ねることで、こちらの考えがよく伝わりますし、相手が考えていることも分かり、理解し合えるようになるのです。


規律を重んじることと、すべての選手たちと平等に接することを重視しています。もちろんベテラン選手や試合に多く出る選手と若手選手とでは指導の内容が異なりますが、気持ちとしては平等であることを心がけているのです。私自身も選手時代はそうでしたが、監督から平等に扱ってもらえると、選手は「この監督についていこう」と思えるものです。


J1リーグの試合に関しては、全34試合を5つのクールに分けるという考え方を採り入れました。第1クールから第4クールまで各7試合、第5クールは6試合とし、7試合のクールでは勝ち点14を、最後の6試合のクールでは勝ち点11を獲得することを目標に据えたのです。1年間のシーズンはとても長くて目標が見えにくいのですが、7試合ごとであれば、選手も頭の中で計算しやすくなります。


いちばん大きかったのは、選手やスタッフが全員同じ方向を向いて、一丸となってやってくれたことだと思います。チームが一つにまとまるのは、簡単そうに思われるかもしれませんが、実は意外にむずかしいのです。


長谷川健太の経歴・略歴

長谷川健太、はせがわ・けんた。日本のサッカー選手、監督。静岡県出身。幼少期からサッカーに親しむ。筑波大学卒業後、社会人サッカーチーム・日産自動車サッカー部(のちの横浜F・マリノス)に入部。同チームで活躍したのち、Jリーグ発足時に清水エスパルスに入団。引退後、サッカー解説者、浜松大学サッカー部監督、清水エスパルズ監督、ガンバ大阪監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

渡部昇一

江戸時代、武士の教育の第一は胆力を鍛えることにあったと思います。ガッツがあったからこそ、明治維新は成し遂げられた。私はそう考えてもいいと思います。


上山信一

プロジェクトの初期段階で、数週間、数カ月先の会議やプレゼンの発表者もあらかじめ決めてしまいます。そうしておけば、指名された人は必死で準備しますし、「急な指名で間に合わなかった」という言い訳もできなくなります。


ツルゲーネフ

乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。


ジャコモ・カサノヴァ

女性が同じ顔、同じ性質、同じ性格をしていたのなら、男は決して不貞を働かぬだけでなく、恋をすることもないだろう。


中山マコト

自分のスキルと個性を出し、スキマに入りこめれば、それなりの固定客ができる。そこで商売ができれば収入は確保できるはず。


瀬戸欣哉

大切なのは社員のマインドを変えること。そこで、クイックウィン、つまり短期的に勝てることから着手し、それがある程度うまくいきました。


オグ・マンディーノ

ゆりかごから墓場まで、あなたの一生涯の間に横たわるすべてのものには常に不確かさがつきまとう。ゆえにあなたの疑いや不安を笑い飛ばして前進しなさい。


岡野雅行(岡野工業)

「痛くない注射針」は、もう特許は切れたけど、いまだ誰も真似できない。俺しか作ることができないからさ。これが本当の特許なんだ。


中里義崇

CDやDVDには手を出しません。というのも、簡単に購入できるような商品は、誰もが参入できるため、競争率が高いからです。私は現地の人しか販売先がわからないような商品、たとえばクリアファイルやマウスパッド、タオルなどを取り扱っています。私がこのような商品群を扱えるのは、現地の代理人に仕入れを任せているからです。実は、代理人はオタク仲間がジェトロの掲示板に募集をかけて見つけた人物。私も同じオタク仲間ということで、特別に友人が紹介してたんです。


鳥羽博道

考えてみれば、ドトールコーヒーの歴史というのは、常に危機意識を持って、将来予想される経営環境の変化に対応してきた、その繰り返しだったと思っている。コーヒー豆の焙煎・卸から出発して、脆弱な経営基盤に対する危機感、喫茶店業界に対する危機感、それがコロラドというコーヒーショップの設立につながった。また、コーヒーが嗜好品から必需品に変わる中で、オイルショックによる実質所得の減少という事態に対応して、ドトールコーヒーショップを作った。日本経済の変化、お客様の嗜好の変化、同業他社との競争に対応してきた結果だ。


鮎川義介

元来、生物だけが意識を持っていると思うのは人間の錯覚で、神は万物にそれを与えている。それを善用できるのは、愛のつながり以外にはない。金は金を愛する人を慕って集まるが、粗末に扱ったり、貧乏神にまつわられた人には近寄りつかない、たんに紛れ込んでもすぐ逃げていく。それは金に精があるからだ。


本田圭佑

目標は誰が何を言おうと揺るがない。もちろん人生で有言実行できなかったことも多々ある。でも、デカい目標を掲げたことを後悔したことは一度もない。