名言DB

9419 人 / 110788 名言

長谷山彰の名言

twitter Facebook はてブ

長谷山彰のプロフィール

長谷山彰、はせやま・あきら。日本の法学者。「慶應義塾」塾長。秋田県出身。慶應義塾大学法学部法律学科・同大学文学部史学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学。駿河台大学法学部専任講師・助教授・教授、慶應義塾大学文学部教授、同文学部長、常任理事、塾長などを務めた。

長谷山彰の名言 一覧

必ず物事には二面性、場合によっては多面性がある。一つの側面だけ見て、この歴史はこうなっていると思ったら絶対だめだ。必ず人物にしろ、国にしろ、事件にしろ、多面性があるので、こちら側から、あちら側から見たりしないと、なかなか歴史の真相は分からない。


研究力は資金と人材をいかに集めるかが勝負の分かれ目です。塾長の仕事として、いかに国内外から資金を獲得してくるかが大きな仕事になると考えており、強く意識しています。寄付金と、産学連携の受託研究を増やし、自己資金とする努力をしていくという組み合わせで戦略的に進めていきます。


独立自尊の精神を持った人材を、社会の様々な分野に送り出していくのが、慶應のポリシーの一つです。我々の人材育成の理念はこれからも変わりませんが、時代が変化していきますから、それに合わせた進化をしていかなくてはなりません。慶應の強みと弱みを確認した上で、どこを進化させるかということだと思います。強みは、福澤以来の建学の精神が現在まで受け継がれていることが大きいと思います。


「独立自尊」は福沢諭吉の時代から言ってきた精神。とにかく世の中がどっちへ向かおうと、何が真実で、どう行くべきかを世の流行とは関係なく考える。こういう精神を持った人間を増やしていかないと、このグローバル化の時代に日本が生き残るのは難しい。独立自尊の人材を養成する伝統を守り、進化していきたい。


大学もグローバル化の波の真っ只中にいますが、そもそもグローバル化は共通ルールによる平均化・平準化だと捉えています。そこに参加し、生き残るためには世界標準に適合しなければなりませんが、ただ合わせるだけでは埋没してしまいます。生き残り、発展を続けるには特色のある大学として個性を持たなければなりません。


長谷山彰の経歴・略歴

長谷山彰、はせやま・あきら。日本の法学者。「慶應義塾」塾長。秋田県出身。慶應義塾大学法学部法律学科・同大学文学部史学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学。駿河台大学法学部専任講師・助教授・教授、慶應義塾大学文学部教授、同文学部長、常任理事、塾長などを務めた。

他の記事も読んでみる

飯田亮

ラグビーでもアメフトでも、練習を辛いと思ってやっている人間は続かない。続けられる人間は、辛いけれども面白くて仕方がないからやっているのです。


清水勝彦

ひとりで歩道を歩いているとき、前方から自動車が突っ込んできた。自分は交通規則にのっとって歩いている。自動車は本来、車道を通行するべきものだから、私が自動車を避ける必要はない。たとえそう考えたとしても、実際には自動車を避けることになるはずだ。つまり「自分は悪くないのだから、何もする必要はない」という考え方は正論ではあるが現実的ではない。


佐藤可士和

聞く作業には集中力を使うし、正直疲れます。でも、表面的な言葉だけでなく、相手の意識の部分まで踏み込んで、とにかくすべての情報を集めたい。それを全部並べて、優先順位を付けていくと、相手の中のブレない部分が見つかります。難しい作業ですが、ある視点を見つけられた瞬間は本当にうれしいです。


楠本修二郎

カフェに訪れるお客様は、ただお茶をしたいだけではないはず。その空間が心地よいか、また来たいと思う雰囲気があるかなどが重要なんです。出張や旅行など、行く先々で、街を眺め「心地よい」「カッコいい」と感じる風景を頭に焼き付けています。


苅谷道郎

時間の管理術で大切なのは、かける時間とかけない時間の組み立てです。仕事は何でも短時間でこなせば合理的になるわけではありません。時間をかけるべきところはしっかりかけることで必要なときに迅速で的確な判断が発揮されます。


渡辺捷昭

チーム力を高めるにはどうすればいいのか。それにはまず、お互いが言いたいことを言うことが大切です。トヨタは実際にそうしています。たとえば、新車を開発する場合、製造部門の担当者は「なんでこんなに製造工程が多いのか。こんなややこしい設計にする必要があるのか」という不満を設計部門に直接伝える。それに対し設計部門は「いま、お客様が求めているのはこういうデザインなんだ」と言い返す。こうして各々の部署の担当者がコストについてもデザインについても製造についても、自動車づくりのあらゆることについて徹底的に討論する。大部屋に担当者を集めて激しい議論を繰り広げるのです。


ジョン・カビラ

J-WAVEの朝の番組では、政権が交代したばかりのホワイトハウスに電話をかける、というとんでもない企画もありました。電話、かかるんですね、ちゃんと。それも発見だったんですが、交換手に質問を畳みかけたら、広報のラジオ担当者に回してくれた。担当者は、何を聞いても徹頭徹尾、「生でのラジオインタビューは受け付けていません」という答えでしたが、チャレンジしたかいがありました。とにかく諦めず、くじけず、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が大事なんです。


マザー・テレサ

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。ですが、気にすることなく善を行い続けなさい。


山崎俊輔

毎月、固定費を含めた出費は手取り月収の7割に抑え、残りは貯蓄に回すのが理想的。趣味や娯楽費は1割程度に抑えたい。予算が頭に入っているだけで、出費がおのずと制限されるはず。


池森賢二

1970年代にアメリカでセブンイレブンなどのチェーン店か伸びていることを知り、共同仕入れで取引品の原価を下げ、店舗に商品を供給すれば儲かると思ったのです。人たちとはじめたのですが、今振り返れば「船頭多くして船山に上る」、先導者が多すぎてまとまりがつかないという状態でした。

【覚え書き|ファンケルを創業する前にやっていた事業について】