名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

長谷山彰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長谷山彰のプロフィール

長谷山彰、はせやま・あきら。日本の法学者。「慶應義塾」塾長。秋田県出身。慶應義塾大学法学部法律学科・同大学文学部史学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学。駿河台大学法学部専任講師・助教授・教授、慶應義塾大学文学部教授、同文学部長、常任理事、塾長などを務めた。

長谷山彰の名言 一覧

必ず物事には二面性、場合によっては多面性がある。一つの側面だけ見て、この歴史はこうなっていると思ったら絶対だめだ。必ず人物にしろ、国にしろ、事件にしろ、多面性があるので、こちら側から、あちら側から見たりしないと、なかなか歴史の真相は分からない。


研究力は資金と人材をいかに集めるかが勝負の分かれ目です。塾長の仕事として、いかに国内外から資金を獲得してくるかが大きな仕事になると考えており、強く意識しています。寄付金と、産学連携の受託研究を増やし、自己資金とする努力をしていくという組み合わせで戦略的に進めていきます。


独立自尊の精神を持った人材を、社会の様々な分野に送り出していくのが、慶應のポリシーの一つです。我々の人材育成の理念はこれからも変わりませんが、時代が変化していきますから、それに合わせた進化をしていかなくてはなりません。慶應の強みと弱みを確認した上で、どこを進化させるかということだと思います。強みは、福澤以来の建学の精神が現在まで受け継がれていることが大きいと思います。


「独立自尊」は福沢諭吉の時代から言ってきた精神。とにかく世の中がどっちへ向かおうと、何が真実で、どう行くべきかを世の流行とは関係なく考える。こういう精神を持った人間を増やしていかないと、このグローバル化の時代に日本が生き残るのは難しい。独立自尊の人材を養成する伝統を守り、進化していきたい。


大学もグローバル化の波の真っ只中にいますが、そもそもグローバル化は共通ルールによる平均化・平準化だと捉えています。そこに参加し、生き残るためには世界標準に適合しなければなりませんが、ただ合わせるだけでは埋没してしまいます。生き残り、発展を続けるには特色のある大学として個性を持たなければなりません。


長谷山彰の経歴・略歴

長谷山彰、はせやま・あきら。日本の法学者。「慶應義塾」塾長。秋田県出身。慶應義塾大学法学部法律学科・同大学文学部史学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学。駿河台大学法学部専任講師・助教授・教授、慶應義塾大学文学部教授、同文学部長、常任理事、塾長などを務めた。

他の記事も読んでみる

竹内敬介

最近は技術が高度化して、コンピューターなどITを駆使するようになりました。精度は格段に向上し、効率も高まりましたが、必ずしも良いことばかりではありません。自分の頭で考えないで、分業化された仕事をただこなすエンジニアが増えるリスクも高まりました。


森正文(経営者)

楽天やJTBという競合がいる中で、よく生き残ってきたと思います。特にネットでの差別化は大変です。実店舗の場合、うちの店が銀座にあって、ほかの店が上野のアメ横にあれば、移動するのに30分程度かかります。でも、ネットだと移動にかかる時間は1秒です。一瞬ですから。実店舗の場合、ほかの店に行くのに30分かかるのだったらこのデパートで買い物を済まそうという気にもなりますが、1秒で移動できる世界で、差異を守り抜いて勝つのは大変ですよ。


越智直正

丁稚時代、大将からは「売れすぎても失敗」「売れなくても失敗」と怒られ続けました。在庫が足りなくなっても、余っても、それは商売として間違っていると、叩き込まれたわけです。


林善博

台湾は日本のみそ汁が受け入れられます。フランスも日本のだしを理解してくれる。でもイギリスや米国は駄目ですね。ピリ辛とか甘いみそ汁が受けるというように、地域によって味を変えています。今や日本の国民食になったカレーも、インド発祥ですが、日本で愛されているカレーの味は日本オリジナルです。本来の味を相手の国によって変えるのは当然だと思います。


長谷川健太

チームづくりにおいて最も大切な一面として、どれだけ選手と真摯に向き合えるか、という課題がある。


アリストファネス

賢者は、すべての法が破棄されようとも、破棄される前と同じ生き方をする。


前澤友作

子供のころから競争が本当に嫌いです。運動会の徒競走はいつも「なんでピストルのドン!で競争しなくちゃいけないんだ。バカげてる」と思っていました。その延長で、大人になっても、何でもかんでも競おうとする人を見ると悲しくなります。


鈴木久仁

想定外は発生する。だからこそ、逆に想定しておく必要がある。想定をしておくことで、想定外の事態が発生しても適切な行動を取ることができる。


佐藤優

徹底的に働く。これは自分自身がある程度のレベルに達するまでは、やっぱり必要なことだと思う。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、昔は若いうちに徹底的に鍛えるという風潮があった。


出口治明

脳を鍛える、つまり考える力を鍛えるには、優れた頭脳を持つ人の思考のプロセスをマネる。例えば『国富論』を書いたアダム・スミスがどのような思考のプロセスを通じて結論に達したのか。それを知るために『国富論』を読んでみる。そうすることで、考える力が鍛えられると思います。だからこそ、古典を読むことが必要なのです。


松井忠三

会社経営で一番大事なことは「人に仕事が付く人事」から「仕事に人が付く人事」に変えていくこと。人が辞めても会社にノウハウが残るようにしないといけない。


原田泳幸

リスクマネジメントの要諦は、潜在している問題を顕在化させることです。そのためには経営者のリーダーシップが必要です。