長谷山彰の名言

長谷山彰のプロフィール

長谷山彰、はせやま・あきら。日本の法学者。「慶應義塾」塾長。秋田県出身。慶應義塾大学法学部法律学科・同大学文学部史学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学。駿河台大学法学部専任講師・助教授・教授、慶應義塾大学文学部教授、同文学部長、常任理事、塾長などを務めた。

長谷山彰の名言 一覧

必ず物事には二面性、場合によっては多面性がある。一つの側面だけ見て、この歴史はこうなっていると思ったら絶対だめだ。必ず人物にしろ、国にしろ、事件にしろ、多面性があるので、こちら側から、あちら側から見たりしないと、なかなか歴史の真相は分からない。

研究力は資金と人材をいかに集めるかが勝負の分かれ目です。塾長の仕事として、いかに国内外から資金を獲得してくるかが大きな仕事になると考えており、強く意識しています。寄付金と、産学連携の受託研究を増やし、自己資金とする努力をしていくという組み合わせで戦略的に進めていきます。

独立自尊の精神を持った人材を、社会の様々な分野に送り出していくのが、慶應のポリシーの一つです。我々の人材育成の理念はこれからも変わりませんが、時代が変化していきますから、それに合わせた進化をしていかなくてはなりません。慶應の強みと弱みを確認した上で、どこを進化させるかということだと思います。強みは、福澤以来の建学の精神が現在まで受け継がれていることが大きいと思います。

「独立自尊」は福沢諭吉の時代から言ってきた精神。とにかく世の中がどっちへ向かおうと、何が真実で、どう行くべきかを世の流行とは関係なく考える。こういう精神を持った人間を増やしていかないと、このグローバル化の時代に日本が生き残るのは難しい。独立自尊の人材を養成する伝統を守り、進化していきたい。

大学もグローバル化の波の真っ只中にいますが、そもそもグローバル化は共通ルールによる平均化・平準化だと捉えています。そこに参加し、生き残るためには世界標準に適合しなければなりませんが、ただ合わせるだけでは埋没してしまいます。生き残り、発展を続けるには特色のある大学として個性を持たなければなりません。

長谷山彰の経歴・略歴

長谷山彰、はせやま・あきら。日本の法学者。「慶應義塾」塾長。秋田県出身。慶應義塾大学法学部法律学科・同大学文学部史学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学。駿河台大学法学部専任講師・助教授・教授、慶應義塾大学文学部教授、同文学部長、常任理事、塾長などを務めた。

ページの先頭へ