名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

長田貴仁(大富敬康)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長田貴仁(大富敬康)のプロフィール

長田貴仁、おさだ・たかひと。日本の経営学者、経営評論家。兵庫県出身。同志社大学文学部英文学科卒業、早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程修了、神戸大学大学院で経営学博士号を取得。プレジデント社ニューヨーク駐在記者、ビジネス誌『プレジデント』副編集長・主任編集委員、神戸大学大学院経営学研究科准教授、多摩大学客員教授などを務めた。大富敬康(おおとみ・ひろやす)のペンネームでもビジネス書を執筆。

長田貴仁(大富敬康)の名言 一覧

経営者の大きな仕事は、長期にわたり儲かる仕組みを構築することである。


マスコミは、とかく、最後の時点だけを見て、経営者を評価したがる。しかし、経営者だけに限ったことではないが、評価は過去の偉大なる実績を加えた平均点で下すべきではないかと思う。


社長にとって、持続的成長を可能にする仕組み(事業システム)を構築することは中期経営計画を達成するのと同様、いやそれ以上に重要な仕事である。


いかに優れた経営者を持続的に投じるかが企業盛衰の要となる。トップ人事に“へぼ”は許されない。一回でもへぼをすれば命取りになる。


企業内で情報の流れが悪くなれば、松下幸之助が重んじた「衆知を集める経営」ができなくなる。そうならないようにするためにはトップ自身が衆知を集めるように努めなくてはならない。


後継人事により危機を脱出しようというときには、社内外の誰もが「あの人なら」と納得するような任命を行わなくてはならない。


お家を守るために当主は切腹の覚悟が必要である。それが創業家による世襲経営の掟と言えよう。


経営理念が憲法なら、経営システムは個々の法律である。国においても、憲法に基づき体制が築かれ、それに合った法律が立法化され施行される。経営理念と相性の良いビジネスシステムが稼働してこそ、企業は順調に成長を遂げられるのである。


一般的には、長期政権ゆえに「カリスマ」ではなく「独裁者」が生まれ、度を越したトップダウン型経営が行われると思われている。この論を踏めば、独裁者ではなく「優れたリーダー」であれば競争力が高まるとも言える。


本来、創業家出身のカリスマ経営者は夢と思われるような大きなビジョンを語っても絵になる。それは社内で絶大な権力を持っているため、大きなリスクがある案件であったとしても「私が責任をとる」というメッセージが伝わるからである。


長田貴仁(大富敬康)の経歴・略歴

長田貴仁、おさだ・たかひと。日本の経営学者、経営評論家。兵庫県出身。同志社大学文学部英文学科卒業、早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程修了、神戸大学大学院で経営学博士号を取得。プレジデント社ニューヨーク駐在記者、ビジネス誌『プレジデント』副編集長・主任編集委員、神戸大学大学院経営学研究科准教授、多摩大学客員教授などを務めた。大富敬康(おおとみ・ひろやす)のペンネームでもビジネス書を執筆。

他の記事も読んでみる

盛田昌夫

最近は経営者も萎縮してしまい、コスト削減ばかりしている人たちが増えています。減収増益の経営は威張れるものではありません。明日につながるものを生んでいないからです。


松本和也

「これだけは伝えよう」「これだけは話そう」という絞り込む。その話ができれば、たとえちょっと話に詰まろうが、ほかの話ができなくなってしまっても構わない。そう考えると気持ちがグッと楽になります。


松尾豊

日本は高齢化していますが皆さんお元気ですから、もっと仕事をした方がいいと思います。その時に、それぞれの仕事においてピークの年齢は何歳なのかを考える必要があります。それによって企業、社会の中の役割分担もきちんとしていかなければなりません。


上田準二

世の中が激変していく中、会社は新たな発想をもって変化・進化を遂げていかねば生き残れません。それをやれるだけの土台は作った。いかに目的に向かって会社を走らせていくかは、次の世代がやるべきです。私は自利と利他の世界で会社人生を歩んできました。これからは自己の人生を歩みます。まだ何も決めていませんがね(笑)。


昆政彦

一言でイノベーションといっても幅広い意味があるので、私は言葉の再定義が必要だと思っています。社会的には、今まで無かったものが生まれて、社会の価値が上がれば、それをイノベーションと言うのだと思いますが、ビジネスの世界で考えれば、やはり最後はお金にならないとイノベーションとは言い切れないと思うんですよ。


林野宏

アメリカン・エキスプレスと提携の契約を結ぶまでに3年の歳月を要しました。私はブルックリンに行って、アメリカン・エキスプレスのCEOに「このカード(クレディセゾン発行のアメックスとの提携カード)をつくれば日本のマーケットで勝てる」と力説しましたが、CEOはなかなかうんと言ってくれませんでした。難しい社内事情があったのです。そのとき、ふと窓の外に目をやると、自由の女神が見えました。そこで「あれは、不自由の女神ですね」とCEOに言いました。私とCEOの心境を表すこの言葉はよほど印象的だったらしく、契約締結のために担当部門の責任者が来日した際、自由の女神のレプリカをプレゼントされました。


小笹芳央

私自身、新人時代も2年目もMVPを取り続けていたので、自分でも「できるヤツだ」と思っていました。しかし、ある時、先輩から周囲は私を「気合と根性だけで仕事をしている」と見ていることを知らされました。それがロジカルシンキングの勉強など、ウィングを広げるきっかけになった。同僚とのコミュニケーションは、スキーやゴルフで、自分のプレーを録画してチェックするようなものです。「できているつもり」と実態とのズレを埋めていくプロセスこそが成長へとつながるのです。


米山久

初めから理想論に終始しても、現実的な利益につながらなければ、相手は動いてくれないということです。理想について語るのは、実際に生産者の所得向上を達成してから。


冨安徳久

人口が減ってきている時代にいて業績を伸ばすためには、人を感動させるサービスを提供してリピーターに繋げなければならない。


山本梁介

以前は経営理念をわかりやすくまとめたカードを唱和していました。しかし、唱和だけでは不十分だと思い、「話を聴く・発表する・実行する」の一石三烏の人材育成法を新たに取り入れました。それは、朝礼で毎朝一人ずつ、理念に関して自分が取り組んでいることを人前で発表してもらい、それに対して上司がコメントを返すというものです。みんないつか自分の発表の番が回ってくるので、他の人の発表をよく聴きますし、深く考え、一つでも多く実践して発表のネタを増やそうとします。これを繰り返しやっているうちに、理念が浸透するようになりました。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

丁稚奉公の生活の中で、私は本だけは手放さなかった。夜は消灯後寝床の中にコードを引き込み、それに小電球をつけて読書をした。
【覚書き|小学校を中退して丁稚奉公をしていたときを振り返っての発言】


レオナルド・ダ・ヴィンチ

ここに集められたものは順不同に並んでいる。様々な論文からとったもので、あとで主題別に整理したいと思っている。それまでは、同じことを何度も繰り返すこともあるに違いない。読者よ、どうかそのことで私を責めないでいただきたい。【物理学に関する手記の序文】