長澤まさみの名言

長澤まさみのプロフィール

長澤まさみ、ながさわ・まさみ。日本の女優。静岡県出身。堀越高等学校卒業。東宝シンデレラグランプリを最年少12歳で受賞。映画『クロスファイア』でデビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。

長澤まさみの名言 一覧

自分に甘くなっちゃう瞬間は誰にでもあるし、逃げるのはラクですから。でも、そのつらさを乗り越えると、見えるものもあるじゃないですか。

長澤まさみの名言|つらさを乗り越えると、見えるものもある

自分の嫌な部分や、他人の嫌な部分がゼロになることはないと思います。自分の好きな部分、嫌な部分、どちらも知った上でしか、他人に優しくなることはできないのかもしれません。

長澤まさみの名言|自分の好きな部分、嫌な部分、どちらも知った上でしか、他人に優しくなることはできない

一度逃げると、戻るには倍以上の勇気がいる。自分の小ささが成長を妨げる。

長澤まさみの名言|一度逃げると、戻るには倍以上の勇気がいる

いくら事前に訓練をしたとは言っても、山に入ってみたらの人間なんてちっぽけで、身一つなんだなって強く感じました。身一つで山の上。いろんなことを考えさせられた大切時間でした。

【覚え書き|山岳救助を題材にした映画『岳 -ガク-』の撮影を振り返って】

長澤まさみの名言|人間なんてちっぽけで、身一つなんだ

山小屋に売っている「生卵」を賭けての「卵じゃんけん」が盛り上がり、卵かけご飯が現場で大流行しました。普段は当たり前の卵がけご飯が、本当のご褒美になったし、支えになりましたね。みんなで心から、「ご褒美だね、贅沢だね」って。そういう瞬間があると、全員の気持ちがひとつになれる。普段とはガラッと環境が違う中で、卵がけご飯が食べられるありがたみ、そんな当たり前の尊さを再確認しました。

【覚え書き|山岳救助を題材にした映画『岳 -ガク-』の撮影を振り返って】

長澤まさみの名言|当たり前の尊さ

長澤まさみの経歴・略歴

長澤まさみ、ながさわ・まさみ。日本の女優。静岡県出身。堀越高等学校卒業。東宝シンデレラグランプリを最年少12歳で受賞。映画『クロスファイア』でデビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。

ページの先頭へ