名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

長嶋茂雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長嶋茂雄のプロフィール

長嶋茂雄、ながしま・しげお。プロ野球選手・監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。天覧試合でサヨナラホームランを打つなど華のあるプレーを数々行いミスタージャイアンツと讃えられた選手。王貞治とともに巨人軍のV9時代を支えた。選手引退後は巨人軍で15年間監督を務める。立教大学卒

長嶋茂雄の名言 一覧

自分の一挙手一投足、どういうプレーをすればスタンドのファンが喜んでくれるか、そればっかり考えていたよ。

【覚え書き|現役時代を振り返って】


グランドに出たなら、先輩後輩の序列はないんだ。


チームコンダクター(指導者)って言うのはいつも顔色をよくしとかんといけないのです。コンダクターが暗い顔でいたんじゃしょうがない。体調を良くしていつも元気いっぱいなところを見せないと選手はついてこないし、チームも元気がなくなるもんです。


長嶋茂雄の経歴・略歴

長嶋茂雄、ながしま・しげお。プロ野球選手・監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。天覧試合でサヨナラホームランを打つなど華のあるプレーを数々行いミスタージャイアンツと讃えられた選手。王貞治とともに巨人軍のV9時代を支えた。選手引退後は巨人軍で15年間監督を務める。立教大学卒

他の記事も読んでみる

野坂英吾

私の見えないところで起きている問題を解決しないと会社全体に対しての効果が現れないという発想を持っています。目の前の問題だけではなく、それに付随する潜在的な問題もセットで考え、本質的に問題を解決することです。自分が作ってきた組織なのですから、それを招いたのは自分でもあります。私なら、伝え方に問題がなかったか検証する機会にします。


高原豪久

自分で気が付かないことは、当然、自分自身も分かっていない欲求です。それを提示して、気付かせ、分かってもらう。そのためには、顧客がどうなりたいか、どうなるべきかというふうに企業が考え抜くことが大事。


山崎武也

得意なことはかりやっていても、人は成長しない。不得意なことや難しいことにあえて挑戦することで、自分の器は大きくなる。


本田直之

新聞やテレビ、ウェブなどのフロー型情報は、「よい情報」をインプットしようとすると、新聞は端から端まで、テレビのニュースも漏れなく、ウェブの巡回も欠かさないというパッシブ型の勉強になってしまいます。これでは必要のない情報まで採り込んで、身動きがとれなくなってしまいます。フロー情報選びはアクティブ思考で、「自分に必要なもの」だけをセレクトしましょう。新聞やウェブも「必要なものは何か」という視点でチェックします。


桐谷広人

株は忍耐。上がっていく株を見て自分も欲しいなと思っても、忍耐なしに飛び付いたら必ずやられちゃう。いくら欲しくても割高なら下がるまで待つ。それも忍耐だと思いますね。


金子博人

日本でチームワークといえば、「和」が最高の徳目である。しかし、コンフリクト(衝突・葛藤)は「和」の最大の敵である。となれば、日本式チームワークが効率よく機能するほど、顧客の欲しているものが見えなくなり、「いいものを作れば売れるはず」という、一人よがりの発想がはびこることとなる。高くて使い勝手の悪い製品を顧客に押しつけることとなる。


岡崎嘉平太

貯蓄するという行為は人間の本性に基づいているから、それを実行することによって、なんとはなしに家が明るくなり、周囲との人間関係がよくなり、子供もよくなっていくのだと信じています。だから貯蓄運動を進めるというのは、とりもなおさず人づくり、村づくり、国づくりを行っていることになるのです。これはもう理屈ではなく、私のこれまでの経験から生まれた確信であり、それを支えているのは苦しい環境にめげず工夫を凝らし勇気をもって根気強く貯蓄を続けている方々とそのリーダーの方々の言葉です。


木村和久(経営者)

起業して2ヶ月で震災(新潟県中越地震)に遭いました。新しいビジネスモデルで一気に突き抜けようと思っていたのに、震災で混乱している間に競合がどんどん出てきて完全に出遅れた。だけど、考えてみれば競合との戦いはいずれ訪れるもの。震災で苦境に立たされたのではなく、震災で予想より早く厳しい時期が来ただけなんだと気がついた。


花田徹也

30歳でも50歳でも、記憶力にそれほど差はない。忘れたものを思い出そうとしたときに記憶が固まります。忘れた自分を責めるのではなく、忘れたあとのケアが大事。


渡邉美樹

いまの私は分刻みでスケジュールが決まっていきますが、ワクワクするから仕事も苦ではありません。仕事や時間に追われているという感覚はないですよ。


森下篤史

人との接し方とか考え方は、実はクセがある。そこで、うちでは肯定語を言う訓練をしています。朝礼のとき、笑顔で「任せてください」「いますぐやります!」「何でも聞いてください!」なんて、みんなで唱和します。すると、卵と鶏のどっちが先という話ではないけれど、何か頼まれるとすぐ嫌な顔で「いますぐですか?」と言う奴が、自然と肯定的な言葉を身につけます。


アンジェロ・ボナーティ

不況だからといって短期的な視野で反応することだけは避けなければなりません。市場の動きに一喜一憂してパニックになるのがもっとも良くない。経営者はやはり、大きな視野で動くことが必要です。