長嶋茂雄の名言

長嶋茂雄のプロフィール

長嶋茂雄、ながしま・しげお。プロ野球選手・監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。天覧試合でサヨナラホームランを打つなど華のあるプレーを数々行いミスタージャイアンツと讃えられた選手。王貞治とともに巨人軍のV9時代を支えた。選手引退後は巨人軍で15年間監督を務める。立教大学卒

長嶋茂雄の名言 一覧

グランドに出たなら、先輩後輩の序列はないんだ。


チームコンダクター(指導者)って言うのはいつも顔色をよくしとかんといけないのです。コンダクターが暗い顔でいたんじゃしょうがない。体調を良くしていつも元気いっぱいなところを見せないと選手はついてこないし、チームも元気がなくなるもんです。


長嶋茂雄の経歴・略歴

長嶋茂雄、ながしま・しげお。プロ野球選手・監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。天覧試合でサヨナラホームランを打つなど華のあるプレーを数々行いミスタージャイアンツと讃えられた選手。王貞治とともに巨人軍のV9時代を支えた。選手引退後は巨人軍で15年間監督を務める。立教大学卒

他の記事も読んでみる

板倉雄一郎

ベンチャーキャピタルが投資対象者に投げかける3つの質問
(1)なぜ起業したいのか?
(2)いくら稼ぎたいのか?
(3)いつまでに稼ぎたいのか?


三原淳

本部と加盟店、どちらが上ということはなく、FCビジネスは相互理解や信頼関係によって成り立つものだと考えています。「FC(フランチャイズ)=仲間づくり」という想いを大切にしたいのです。そうした想いから私は年に2回、オーナー会を開いています。大事なのは、加盟店さん同士のつながりをつくること。


林野宏

私はこの会社を、社員の誰もが知識や情報を知恵に変えることができる多数精鋭の組織に育て上げたいと思っています。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その14】株式投資で利益を上げるのに必要な知能程度は誰もが持合わせている。ただ誰もが肝が据わっているわけではない。慌てふためいて何もかも売却してしまうような性格であるなら、株や株式投資信託はやめた方がよい。


中山茂

「いつ来るか?それは神のみぞ知る話だが、必ず来る」(円売りの巨大バブルが膨らみ続けていた時期に、いつバブルが崩壊するかと問われ)


熊谷正寿

危機の時には、そこに目をつけて足元をすくいに来る輩がいます。味方だと思ったら、実は敵だったとかね。そういう魔の手から逃れられたのは、脳細胞をフル活動して山のようなアイデアを練ってくれた、強い仲間たちがいたからです。


太田肇

人は、自分が努力してきた過程や、努力によって得られた成果などを他人から「承認」されたときに、大きな喜びを感じるものだ。この承認の喜びがモチベーションとなり、いっそう努力するようになる。


染谷光男

海外で醤油を売り始めたとき、商品の品質や味の良さを実感していただくのと同時に、現地の食生活に合った、しょうゆを使うレシピを広めていきました。レシピブックをお渡ししたり、製品ボトルのネックに小冊子をつり下げたりして、「塩の代わりに使うとまたひとつ、おいしいものができますよ」と具体的な使い方の提案をしていったのです。その象徴例が「テリヤキソース」でしょう。米国市場向けに、しょうゆをベースにスパイスなどを加えたバーベキューソースを発売し、肉料理の新たなバリエーションを提案していきました。この提案が、米国の市場で受け入れられたのです。


宇佐美進典

事業を撤退した時には、その事業責任者が役員や他のマネージャーに対して、どんなことをしてきて、何が上手くいって、何が上手くいかなかったのかを報告しています。目的は、成功体験をシェアするのではなく、失敗体験を共有し、なぜあの時、こうしなかったのか、どういう状況だったのかなど、意思決定の過程をディスカッションすることです。撤退するのだからいいやではなく、役員とマネージャークラスで意思決定の過程を検証し、その結果どうなったのかなど、フィードバックする習慣がありました。本という形に残すか残さないかは様々ですが、ヒストリーブックにまとめ、100冊程製本し、関わっていたメンバーに配っています。


黒田如水(黒田官兵衛)

お前たち家来の間にも、気が合うか気が合わないかによって、仕置をする上に過ちができることがあろう。気の合う者に対して贔屓して、悪いことも善く思い、あるいは悪いと知りながら、自然とそれに親しむようになるものである。気の合わない者に対しては、善人をも悪人と思い、道理をも無理のように思い誤ることがある。気が合う家来、会わない家来とでは、仕置の上にもこのような私心ができてくるものであるから、みな、よく注意せねばならぬ。


近藤淳也

相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。


麻田キョウヤ(麻田響也)

あのとき(バンドの解散)は挫折以外のなにものでもなかったです。解散しても音楽を続けられればよかったんだけど、立ち直るのに1年くらいかかってしまった。なんとかソロ活動をはじめたけど、音楽だけでは食べられないので、IT関係の会社で派遣社員をやりはじめました。


是川銀蔵

経済には永遠の繁栄もなければ、永遠の衰退もない、これこそ資本主義の本質なのだ。大暴落の翌日は買って買って買いまくる。人生、のるかそるかの勝負の時があったら僕はやります。しかし、外れるような危なっかしいことはやりません。安心しとってください。


城山三郎

記録でなく、気分で旅する。そして、取材の旅、つまり人間を追う旅。私の旅は、この二種ぐらい。その代わり、気軽に、足腰軽く出かける。そういうものだと思って出かける。


藤田晋

「素直さ」も大事ですね。人間、そんなに才能に違いはありません。先輩や上司の助言を聞いて自分を変えてゆく素直さがあれば、誰しもそれなりに力がついていくものです。


ページの先頭へ