名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

長岡孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

長岡孝のプロフィール

長岡孝、ながおか・たかし。日本の経営者。「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱銀行に入行。執行役員京都支社長、常務執行役員、副頭取などを経て社長に主任。そのほか、三菱UFJ証券ホールディングス社長を務めた。

長岡孝の名言 一覧

企業経営においてウルトラCの手はありません。地道な取り組みを続け、成長への好循環につなげていきます。


人材育成を第一に掲げています。金融は人で成り立つ業界で、社員一人一人のレベル向上が必要だとの思いを持っているからです。


長岡孝の経歴・略歴

長岡孝、ながおか・たかし。日本の経営者。「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱銀行に入行。執行役員京都支社長、常務執行役員、副頭取などを経て社長に主任。そのほか、三菱UFJ証券ホールディングス社長を務めた。

他の記事も読んでみる

上川内あづさ

研究するのに人の脳は少し複雑すぎるので、最初はなるべく単純な生き物で根本的な原理を明らかにしようと、ショウジョウバエで聴覚の仕組みを調べています。ハエの脳をパーツに分解して理解できたら、そのパーツが人や烏の脳ではどう使われているのか、さらに研究を発展させたいと思っています。


臼井由妃

どんなに小さな組織であっても、リーダーたるものは常にメンバーの個性を把握しておかなければいけません。何が得手で何が苦手か、何を言われると喜ぶかということを、漠然とでいいから日ごろから注意して見ておくのです。


石川善樹

普段忙しい人ほど、脳の休息期間は必須です。休息をとることで、脳の中で情報が整理され、新たなアイデアが生まれる。


野田順弘(オービック)

失敗を安心して報告できる雰囲気を企業風土として根付かせるためには、まずトップが「マイナス情報を経営に役立てたい」という方針を明確にすることで、オープンで風通しのいい組織に変えていかなければなりません。


中川政七・13代目(中川淳)

ひらめきの大部分は後天的なもの。インプットが重要。


天野ひろゆき

コンビ結成以来のマネージャー、矢島さんの存在はとても大きいものでした。あるとき、水泳大会の仕事があったんです。ウドちゃんには個人の出演コーナーがあったのに、僕の役割は発泡スチロールの板をプールの中で支え、その上を芸能人が走るみたいな裏方の仕事ばかり。僕は自分の実力不足を棚に上げ、「僕はこんなことをやるためにお笑いの世界を目指したんじゃない!」と口走ってしまいました。それでも矢島さんは怒らず、「じゃあ、何がやりたいんだ?」と聞いてくれたんですね。「嫌なら売れろ!」と叱られても仕方ない状況で。その姿勢はずっと変わらず、コンビの方向性、仕事のこと、なんでも相談できる存在でした。


野本弘文

キーワードの一つは「オープン」です。同業者であっても、共創することが大切です。すべてを自分で作ろうとすると、後れを取ってしまう。得意な人と組むことで、自分でやる以上のものが生まれます。いろんな組み合わせでスピード感を出す上でも、コミュニケーションが大事です。


アラン・ジマーマン

愛着ある腕時計は、身に着けるだけで自信や高揚感を与えてくれる最良のパートナーだ。そのような時計こそ、実はビジネストリップに最もふさわしい時計といえるのかもしれない。


井深大

若いうちは、2つの選択肢があったら酷い目に遭いそうな方を選べ。それが自分をつくる。


吉川浩伸

我々のお店はワンプレートスタイルでインド料理を提供する定食屋です。だから競合するのは「大戸屋」や「やよい軒」なんです。レストランは本物のインド料理を食べたいという方を対象にしていますが、我々は初めての方や初心者をターゲットにしています。だから同じインド料理のお店でも、全然コンセプトが違うんです。定食屋であることが伝わるように、屋号やメニューには「定食」と入れていますし、価格も定食屋らしく、昼・夜問わず1000円前後に設定しています。安いものだと1000円以下で食べられますから、最近は女子高生が一人で来ることもあります。こんなこと普通のインド料理屋ではなかなかありませんよ。


古賀良太

野菜づくりの基となる土のことを農家に指導するのだから、自分が農業や土づくりに対する知識があったほうが説得力が出ると思って、九州大学で農学博士号を取りました。


小林大輝(小説家)

ここまで長い小説を書いたのは初めてでした。中学生の頃から日記みたいに書いていた文章、それが小説に変形してきたんです。自分が言いたいことを言うために、僕はこう思うというより、登場人物が何かを言う方が適しているんじゃないかなと。だから意識のなかでは「小説を書こう」とは思っていないんです。