名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鏡リュウジの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鏡リュウジのプロフィール

鏡リュウジ、かがみ・りゅうじ。日本の占星術研究家。京都出身。国際基督教大学卒業後、同大学大学院の修士課程を修了。雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍。占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介。そのほか、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授などを務めた。

鏡リュウジの名言 一覧

仕事をすれば、必然的に多くの人と関わりをもつことになります。ですから、仕事運のよし悪しは人間関係に左右されるといっていい。いい人間関係の流れにいるか、悪い流れにいるか。その違いが一番大きいと思います。


大切なのは、「欲をかかない」ことです。欲をかいてしまうと、せっかくの流れを乱してしまうことになります。恋人がほしいほしいと思うときにかぎって、なかなか恋人ができなかったりしますよね。それと同じで、ガツガツしてしまうと、余裕があって運が安定している人たちの輪に入れてもらうのが難しくなります。


新しい人や物事に興味をもつ好奇心は大切。しかし、それとともに、ある程度引いたところから自分のことを観察する客観性がないと、ガツガツと欲をかく状態に陥りやすくなります。その客観性を身につけるうえで、占いはとても有効なものです。占いの世界に触れることは、私たちが当然と思って過ごしている社会や常識を見直す契機になります。占いは長年の蓄積による知恵といいましたが、そこにつまったたくさんのものの見方を知ることはあなたの世界を広げることにつながります。そうして柔軟な思考を鍛えていけば、運という流れを引き寄せることもできると思うのです。


いい流れに乗るために一番手っ取り早いのは、すでにいい流れにいる人とつき合うことでしょうね。そうすることで、自分もそこに引き入れてもらうことができる。


運は「流れ」のようなもの。英語では「on the right track」という表現があり、「物事や行動がいい方向に進んでいる=いい流れに乗る」ということを意味します。そして、その「流れ」のなかにいる自分は、ただ流されているだけではなく、自分もその流れをつくる一部として周りに影響を与えている。もちろん、最終的にどのような結果にたどり着くのかは、具体的にはわからないでしょう。ですが、川の流れがいつか海にたどり着くだろうとわかるように、その流れが向かう方向はなんとなくわかるものだと思うんですね。自分がいるのが、いい流れなのかそうでないのかを自覚することは、とても大切なことだと思います。


よく「あの人は体育会系だから」というような言い方で、他人の性格を表現したりしますよね。それと同じで、占いでは、「蟹座だからこう」というような思考や行動パターンのバリエーションを整理します。ですから、あらかじめ「蟹座の人はこういう考え方の傾向がある」と知っていれば、実際に会う際にひとつの判断材料をもつことができるわけです。「蟹座なら、次はたぶんこうするんじゃないかな?」と、理解を深めることができる。たとえ、その人が本当は違う星座の持ち主だったとしても、「蟹座の思考や行動パターン」というひとつの観点から観察と分析を行なうことで、その人に対する理解は確実に深まるでしょう。ただし、「蟹座だから絶対にこうだ」という決めつけは望ましい態度とはいえません。物事の見方や考え方を固定するのではなく、その幅を広げるために占いを活用すべきだと思いますね。


企業のトップのなかには、経営判断を占い師に相談する人もいると聞きます。その真偽はともかく、じつは仕事と占いは、無関係というわけではないのです。仕事の方針を占いで決める、などということはちょっとヘンなことです。合理的に判断できることなら、合理的に解決すればいい。でも仕事では、合理的に処理できない理不尽なこともしばしば起こるもの。それをどう捉え、いかに解釈するかという点で、占いは非常に有効なのです。なにしろ占いは、二千年に及ぶ蓄積からの知恵とでもいうべきものですから、そこにはいろんなヒントが詰まっているのです。


鏡リュウジの経歴・略歴

鏡リュウジ、かがみ・りゅうじ。日本の占星術研究家。京都出身。国際基督教大学卒業後、同大学大学院の修士課程を修了。雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍。占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介。そのほか、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

中野信子

本当の適性を知るには、自分を客観的に見つめる必要があります。それには自分がどんなときに喜びどんなときに怒ったかなどの感情の動きを日記につけたり、信頼できる人に客観的意見を言ってもらうのも有効です。


星野佳路

今後の100年で最も大きな影響があるのは、私は人口減少だと思っています。東京は、過去100年で良いものを壊したかもしれませんが、何だかんだ言っても日本の中心でした。しかし、このまま日本の中心にいるだけでは、人口減少に転じたときのインパクトが非常に大きい。事業者としては怖さがあります。やっぱり、会社をグローバル化させなくてはいけないという発想になる。私が東京に期待するのは、日本の中心からアジアの中心に舵を切れないかということなんです。アジアの中心になるためには、マルチナショナルな都市にならなければいけないと思っています。そこにはすごくマイナスの面もあるでしょう。テロや失業、それに伴う排他的な動きなども出てくるかもしれない。それらを乗り越えて、東京がアジアの中心になるという。覚悟を持てないだろうか。もし持つことができれば、(グローバル化するより)この国でしっかり事業をする方がいいかもしれないと思えてきますよね。


吉田たかよし

相手の仕事の状況を理解するために、1年、1か月の流れを書き出す。次に、いつどうやって自分が相手にアプローチしたのか。その結果、相手はどう反応し、どんな結果になったのかを書き出す。そして、失敗したら次はどうやってアプローチをするか記入する。書いて「見える化」することで、より学習効果が高まる。


松本紹圭

不安や恐れで自分にしがみついている人は、会社組織を自分の確かさを強固にするための装置にしてしまう。しかし、その延長線上で殻を破るような大きな仕事に踏み出すことはできません。


藤原和博

キャリアの複線化は、ビジネスパーソンにとっての憧れや夢なんかではなく、安全保障だと僕は思っています。


日和佐信子

よく「お客様第一主義」と言いますが、お客様が商品を買ってくれなければ企業は立ち行かないのだからそれは当然です。しかし、もっと広く考え、買っていただけない人まで含めた消費者という層を意識した経営をしていかなければならないのです。


ジェシー・リバモア

情報はすべて危険である。情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。自分の知る世界に専念せよ。投機家の最大の敵は自分の中にいる。人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない。相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。


坂本孝

失敗する人は考えすぎだ。行動しなければ成功しないのは当たり前。理屈はともかく、「やる!」と決めることこそが重要。


小嶋淳司

本業に徹していれば、その利益の何倍、何十倍という大きな信用の財産がついてくる。


齋藤孝(教育学者)

コミュニケーションに関する問題は、コミュニケーションで解決するしかない。


関根眞一

「何でこんな些細なことで文句をいってくるんだろう」という苦情には、裏に重大な本音が隠されている場合があると思った方がいいですね。


日野江都子

怖いのは、一度違和感・不信感を持たれてしまうと、初頭効果によってその後の印象すべてにバイアスがかかってしまうということ。たとえばその人がちょっとした失敗をしたとします。最初の印象が良いと「今日は調子が悪いのかな」「緊張しているのかな」などと思ってもらえます。逆に、印象が悪いと「やっぱりね」と、悪印象を強化するほうに働いてしまうのです。とにかく、第一印象は二度作れないというのは真理です。