鏡リュウジの名言

鏡リュウジのプロフィール

鏡リュウジ、かがみ・りゅうじ。日本の占星術研究家。京都出身。国際基督教大学卒業後、同大学大学院の修士課程を修了。雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍。占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介。そのほか、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授などを務めた。

鏡リュウジの名言 一覧

仕事をすれば、必然的に多くの人と関わりをもつことになります。ですから、仕事運のよし悪しは人間関係に左右されるといっていい。いい人間関係の流れにいるか、悪い流れにいるか。その違いが一番大きいと思います。


大切なのは、「欲をかかない」ことです。欲をかいてしまうと、せっかくの流れを乱してしまうことになります。恋人がほしいほしいと思うときにかぎって、なかなか恋人ができなかったりしますよね。それと同じで、ガツガツしてしまうと、余裕があって運が安定している人たちの輪に入れてもらうのが難しくなります。


新しい人や物事に興味をもつ好奇心は大切。しかし、それとともに、ある程度引いたところから自分のことを観察する客観性がないと、ガツガツと欲をかく状態に陥りやすくなります。その客観性を身につけるうえで、占いはとても有効なものです。占いの世界に触れることは、私たちが当然と思って過ごしている社会や常識を見直す契機になります。占いは長年の蓄積による知恵といいましたが、そこにつまったたくさんのものの見方を知ることはあなたの世界を広げることにつながります。そうして柔軟な思考を鍛えていけば、運という流れを引き寄せることもできると思うのです。


いい流れに乗るために一番手っ取り早いのは、すでにいい流れにいる人とつき合うことでしょうね。そうすることで、自分もそこに引き入れてもらうことができる。


運は「流れ」のようなもの。英語では「on the right track」という表現があり、「物事や行動がいい方向に進んでいる=いい流れに乗る」ということを意味します。そして、その「流れ」のなかにいる自分は、ただ流されているだけではなく、自分もその流れをつくる一部として周りに影響を与えている。もちろん、最終的にどのような結果にたどり着くのかは、具体的にはわからないでしょう。ですが、川の流れがいつか海にたどり着くだろうとわかるように、その流れが向かう方向はなんとなくわかるものだと思うんですね。自分がいるのが、いい流れなのかそうでないのかを自覚することは、とても大切なことだと思います。


よく「あの人は体育会系だから」というような言い方で、他人の性格を表現したりしますよね。それと同じで、占いでは、「蟹座だからこう」というような思考や行動パターンのバリエーションを整理します。ですから、あらかじめ「蟹座の人はこういう考え方の傾向がある」と知っていれば、実際に会う際にひとつの判断材料をもつことができるわけです。「蟹座なら、次はたぶんこうするんじゃないかな?」と、理解を深めることができる。たとえ、その人が本当は違う星座の持ち主だったとしても、「蟹座の思考や行動パターン」というひとつの観点から観察と分析を行なうことで、その人に対する理解は確実に深まるでしょう。ただし、「蟹座だから絶対にこうだ」という決めつけは望ましい態度とはいえません。物事の見方や考え方を固定するのではなく、その幅を広げるために占いを活用すべきだと思いますね。


企業のトップのなかには、経営判断を占い師に相談する人もいると聞きます。その真偽はともかく、じつは仕事と占いは、無関係というわけではないのです。仕事の方針を占いで決める、などということはちょっとヘンなことです。合理的に判断できることなら、合理的に解決すればいい。でも仕事では、合理的に処理できない理不尽なこともしばしば起こるもの。それをどう捉え、いかに解釈するかという点で、占いは非常に有効なのです。なにしろ占いは、二千年に及ぶ蓄積からの知恵とでもいうべきものですから、そこにはいろんなヒントが詰まっているのです。


鏡リュウジの経歴・略歴

鏡リュウジ、かがみ・りゅうじ。日本の占星術研究家。京都出身。国際基督教大学卒業後、同大学大学院の修士課程を修了。雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍。占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介。そのほか、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

疋田文明

伸びている経営者は、皆さん聞き上手。


上田真一

重要なのは啓蒙活動。空き家問題は、もはや人ごとではない事態なのですが、そういう意識を持つ人がまだまだ少ない。何となく現状放置すれば資産価値は下がるし、地域にも迷惑がかかる。あげく壊すとなれば、大量の産業廃棄物も出る。どこを取ってもいい話ではないでしょう。皆が当事者意識を持たないと、放置空き家をなくすことはできないんです。私たちの事業や情報発信が、社会を動かすきっかけになれば――そんな思いで走っている日々です。


辻野晃一郎

多くの人は、うまくいかないことがあると「なんで自分だけこんなについてないんだ」とネガティブ思考に陥りますが、そもそも人生なんて思うようにならないのが当たり前。もし、とんとん拍子に物事が運んだら、人間は必ず傲慢になって、自信過剰になってしまうでしょう。


久恒啓一

日々の仕事は、問題解決の連続と言えます。そして問題を解決するためには、「問題の本質を正しく理解する(理解)」「解決策を考える(企画・構想)」「それをコミュニケーションに落として実行に移す(伝達)」という3つのステップが必要です。


槇原稔(槙原稔)

最初は船積み指図言を書くなどつまらない仕事ばかりでしたが、辞めたいとは思いませんでした。上司に恵まれたからです。仕事ができるだけでなく、人格的にも立派な人ばかりで、すっかり魅了されてしまったのです。


坂根正弘

私は学生時代はあまり勉強しませんでした(笑)。会社に入ってから、仕事で壁にぶつかるたびに、猛勉強して乗り越えてきました。必要に迫られているうえに、実際に仕事で使うので、知識が身につくのが早かったですね。


長谷川博己

自分の勘を信じて、好きなことをとことんやったらいい。迷ったときは、自分がいいと思った選択肢こそが正しいんです。少なくとも、僕はそうやって決断してきましたから。


熊谷正寿

「50歳のときにはこんなことをしていたい。60歳になったときには、これを実現していたい。そのためには……」というふうに考えると、誰だって自分の健康を強く意識するようになるのではないでしょうか。


松田晋之介

常に自分の生き方の中でキーワードが二つあって、一つは、漠然と「世界一になりたい」ということ。もう一つが、「今しかできないことをやる」ということ。


村田昭治

どんなに小さくてもいい、会社は自分のもっている強みをより強化していくことだ。新しい強みを積極的に開発する志をもつことだ。その馬力こそ必要だ。


伊藤正裕(起業家)

私が一番重視してきたのは経験です。いくら自転車の本を読んだとしても、実際に乗ってみないと上達しないのと同じです。


石原加受子

最近は「敵意識」の強い人が増えています。「自分を否定されるのではないか」と恐れ、誰もが敵に見えて攻撃的な態度に出てしまう。すると相手も反発して攻撃的になり、互いを傷つけ合って消耗してしまうのです。この状態を脱するには、自分に満足感を与えてあげること。プラスの感情が増えれば安心感が生まれ、「誰かに傷つけられる」という恐怖も和らいで、周囲を敵だと感じることも減ります。


中村貞裕

具体的なプロジェクトの細部は、社内外のそれぞれの分野の専門家に任せてチームで仕事をすることが重要。自分にできないことは仲間に任せる。それもブームを生み出す大切な条件。


高崎幸人

独立から数年後、ニコニコキッチンを創業した当時は競合他社も少なく、高齢者向け配食サービス自体が世の中に知られていない状況でした。しかし、高齢者の方たちにお弁当をお届けするサービスは、これからの高齢化社会でなくてはならない存在になると私は考えていました。


望月晴文

今は発注が多くて好調な事業でも、ある日突然、その発注がゼロになる瞬間があります。その時に他の選択肢を持っていなければ倒産してしまいます。ですから、好調な事業でも過半を占めるものにはせず、常に代わるものを考えておき、そのための投資をするというのが良い中小企業オーナー経営者の原則です。


ページの先頭へ