名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

鎌田恭幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鎌田恭幸のプロフィール

鎌田恭幸、かまた・やすゆき。日本の投資家、経営者。「鎌倉投信」社長。島根県出身。東京都立大卒業後、日系・外資系信託銀行などで25年にわたり資産運用業務に携わる。その後、外資系金融会社副社長を経て鎌倉投信を設立。著書に『日本で一番投資したい会社』ほか。

鎌田恭幸の名言 一覧

いい投資とは学びや気づきによって価値観や働き方が変わり、人格を磨くもの。


富裕層の多くがお金を増やすこと以上に、お金を減らさないことを重視している。


先進国にはモノやサービスがあふれている。企業は非常に厳しい競争にさらされていて、社会をよりよくするようなビジネスでないと、結果として売上高は伸びても利益は出ない。


日本の株式市場や顧客とかかわる中で実感しているのは、企業にとって無形の価値がますます重要になっていることだ。目に見えない企業価値が企業の本当の強さになってきている。


中国やインドなど、モノやサービスを必要とする市場はまだ圧倒的に存在するが、日本を含めた先進諸国に求められているのは社会の質的な転換だ。規模的拡大を前提としたビジネスモデルの延長線上に未来はない。あるとしてもごく一部の、本当に力を持った会社だけ。ひとつの業種で2社も3社も成功することはないだろう。


日本は、子供がお金や経済について触れる機会、勉強する機会などをもっと増やすべきだ。お金って何なのか。より会社の経営者はどんな発想をするのか。企業との接点を増やすのはよいことだ。当社の説明会には、高校生や子ども連れの親もやってくる。小さいけれども、こんな企業も日本には存在していることを知ってほしい。


投資することによって経済や金融を学ぶだけでなく、頑張っている社長の生きざまから影響を受けることもある。よい投資は人格を磨く。自分自身が主体性を持つことにより学んだり気づいたりする機会が増えるからだ。


リストラだけでは、長期的に競争力のある経営はできない。企業と社会の利益は二項対立ではない。両者が同じ方向を向いている企業が求められるし、収益を出している企業も少なくない。企業のあり方がかなり変わってきたな、と感じている。


一昔前の企業の存在意義は利益を生むことであり、ひたすら効率性を求めていた。しかし、これからの企業は、自分たちだけが利益を得るのでなく、社会に価値を提供することが求められる。目に見える商品や財務諸表も大事だが、社員の満足や社会への貢献度合いのことも考える必要がある。


少年時代、生活は豊かではなかったけれど、精神的には貧しくありませんでした。それは豊かな自然と人に囲まれていたからです。そんな環境が、人はお金で満たされるのではないということを、私に教えてくれたんです。


社長さん達の講演では、株価や業績の話でなく、それぞれの思いを伝えていただきたいとお願いしています。そうした堅実で誠実な経営者に会って話を聞くと、投資家は襟を正し、株価ではなく事業そのものの価値で投資する大切さと誇りを感じてくれます。それは企業にとっても同じですよね。信頼は信頼で返そうと、お互いに思えるようになるのです。


大企業ほど経営理念が浸透しにくいので、小さな会社こそ持続的な成長を期待でき、魅力的です。新しい事業に挑戦している会社なら、たとえば海外展開も可能となるなど、より大きく飛躍できます。


富裕層の方々は、マネーゲームと投資を明確に区別しています。単なるサヤ取りに終始するマネーゲームとは違い、企業活動そのものを応援する投資は、対象となる企業の発展・成長そのものが、社会貢献以外の何ものでもありません。


富裕層は、利益だけでなく、投資の社会的意義も意識している。そうした目的があればこそ、価額の上下に左右されずに長期投資を実行できるわけです。この投資本来の意義について、当社では「いい会社を増やしましょう」というシンプルな合言葉に置き換えて伝えています。


「いい会社」の定義は様々です。たとえば、本業を通じて社会に貢献する、社会から本当に必要とされる会社であること。社員や取引先、地域などその会社に関わる人々が喜びや幸せを感じている必要もあります。また、日本が抱える様々な社会的な課題を解決し、社会の質的発展を導いていける会社が「いい会社」といえます。


我々は現在、投資先のすべてをウェブサイトなどで公開しています。いずれも経営理念を、社内においても社外に対しても共感してもらえるよう、しっかりと発信している「共感資本」「無形性の資産」を持った会社です。


鎌田恭幸の経歴・略歴

鎌田恭幸、かまた・やすゆき。日本の投資家、経営者。「鎌倉投信」社長。島根県出身。東京都立大卒業後、日系・外資系信託銀行などで25年にわたり資産運用業務に携わる。その後、外資系金融会社副社長を経て鎌倉投信を設立。著書に『日本で一番投資したい会社』ほか。

他の記事も読んでみる

アーノルド・パーマー

勝つのは大概、勝てると思っている人間だ。


藤吉泰晴

企業として売上高や利益は重要です。ただ、単純な規模の競争よりも、機能の競争だと思っています。メーカーや小売店、消費者に何を提供していくのか、この機能が重視されなければなりません。


福嶋康博

ビジネスモデルの寿命、対応年数は状況によって全く違います。非常に長く続く業種もあれば、10年も持たない業種もあります。それは業種によって違います。商品やサービスも同じで継続的に売れるわけではありません。常に「もっともっと」を探ることが必要です。


中田誠司

こういう時代だからこそ、もう一回原点に返っていこうと。社長就任以降、一貫して言っているのですが、真の意味でのクオリティ・ナンバーワンの会社にしたいというのが、一番強い思いです。


名越達彦

サービス開始前は厳しい意見をいただきましたが、お客様の信頼を得ようと努力してきました。100%子会社の小売り事業者を全国各地に8社設立。社名も「札幌電力」「東日本電力」など親しみのある社名にしました。お客様の支持も得られ、実績もでき、大手の子会社がしのぎを削る中、現在、業界24位のポジションの事業者になっています。


津谷祐司

留学を決意したとき、仕事以外の時間は徹底的に英語と映画を学ぼうと年間計画を作成。また上司や同僚に留学を宣言することで自分を追い込むようにしました。計画と宣言、これは夢を実現するために絶対不可欠な要素。


矢野貴久子

お茶くみやコピー取りでも、役に立たない仕事はありません。私がそうした編集雑務のアシスタント時代に学んだのは、どんな仕事でも、無駄な経験はひとつもないということでした。いかに早く美しくコピーをとるか、いかにおいしいお茶をいれるか。そう考えれば自分も楽しいし、周りからも信頼されます。


冨田哲郎

海外展開の目的のひとつは、企業体質の転換です。鉄道会社は、とかく自前主義の傾向が強い。悪くいえば内向き。これでは自ら成長の限界をつくってしまう恐れもあります。オープンマインドな企業風土は、鉄道の未来の可能性を広げるために非常に大切です。そこで、その風土をつくるきっかけを事業のグローバル化に求めたい。成長市場の獲得とあわせ、一石二鳥を考えているわけです。


笠井伸啓

当社はプライベート・カンパニーですので、上場企業にありがちな短期的な成果を目指すことなく中長期的な視野で事業を進められますし、そうした中長期的な事業活動を支える潤沢な手持ち資金もあります。


芝本裕子

私はエッジの利いた最先端のものをつくることはできないけれど、大勢の女の子の持っている感覚ならわかる。その意味では、自分は何ができるのか、そして何ができないのかということを、見極めることがすごく重要だと思います。


桜井一紀

部下の信頼を得るのは簡単ではありません。心がけたいのは、質より量。週1回の会議より、毎日の何気ない会話が大切です。相手のことを知らなければ、相手にとって適切な質問は浮かびません。部下の何を知っているのか。まずは自分に問いかけるところから始めてみましょう。


辻野晃一郎

対面、手紙、電話、メールやチャットなど、それぞれの長所短所や使い方を把握することが大事です。例えば、対面はやり取りできる情報量が格段に多い半面、時間と距離に制約がある。バーチャルな手段は便利だがニュアンスが伝わりにくかったりする。これらを場面、場面で上手く使い分けてコミュニケーション能力を高めていくことが、大切なテーマだと思います。