名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鎌田恭幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鎌田恭幸のプロフィール

鎌田恭幸、かまた・やすゆき。日本の投資家、経営者。「鎌倉投信」社長。島根県出身。東京都立大卒業後、日系・外資系信託銀行などで25年にわたり資産運用業務に携わる。その後、外資系金融会社副社長を経て鎌倉投信を設立。著書に『日本で一番投資したい会社』ほか。

鎌田恭幸の名言 一覧

いい投資とは学びや気づきによって価値観や働き方が変わり、人格を磨くもの。


富裕層の多くがお金を増やすこと以上に、お金を減らさないことを重視している。


先進国にはモノやサービスがあふれている。企業は非常に厳しい競争にさらされていて、社会をよりよくするようなビジネスでないと、結果として売上高は伸びても利益は出ない。


日本の株式市場や顧客とかかわる中で実感しているのは、企業にとって無形の価値がますます重要になっていることだ。目に見えない企業価値が企業の本当の強さになってきている。


中国やインドなど、モノやサービスを必要とする市場はまだ圧倒的に存在するが、日本を含めた先進諸国に求められているのは社会の質的な転換だ。規模的拡大を前提としたビジネスモデルの延長線上に未来はない。あるとしてもごく一部の、本当に力を持った会社だけ。ひとつの業種で2社も3社も成功することはないだろう。


日本は、子供がお金や経済について触れる機会、勉強する機会などをもっと増やすべきだ。お金って何なのか。より会社の経営者はどんな発想をするのか。企業との接点を増やすのはよいことだ。当社の説明会には、高校生や子ども連れの親もやってくる。小さいけれども、こんな企業も日本には存在していることを知ってほしい。


投資することによって経済や金融を学ぶだけでなく、頑張っている社長の生きざまから影響を受けることもある。よい投資は人格を磨く。自分自身が主体性を持つことにより学んだり気づいたりする機会が増えるからだ。


リストラだけでは、長期的に競争力のある経営はできない。企業と社会の利益は二項対立ではない。両者が同じ方向を向いている企業が求められるし、収益を出している企業も少なくない。企業のあり方がかなり変わってきたな、と感じている。


一昔前の企業の存在意義は利益を生むことであり、ひたすら効率性を求めていた。しかし、これからの企業は、自分たちだけが利益を得るのでなく、社会に価値を提供することが求められる。目に見える商品や財務諸表も大事だが、社員の満足や社会への貢献度合いのことも考える必要がある。


少年時代、生活は豊かではなかったけれど、精神的には貧しくありませんでした。それは豊かな自然と人に囲まれていたからです。そんな環境が、人はお金で満たされるのではないということを、私に教えてくれたんです。


社長さん達の講演では、株価や業績の話でなく、それぞれの思いを伝えていただきたいとお願いしています。そうした堅実で誠実な経営者に会って話を聞くと、投資家は襟を正し、株価ではなく事業そのものの価値で投資する大切さと誇りを感じてくれます。それは企業にとっても同じですよね。信頼は信頼で返そうと、お互いに思えるようになるのです。


大企業ほど経営理念が浸透しにくいので、小さな会社こそ持続的な成長を期待でき、魅力的です。新しい事業に挑戦している会社なら、たとえば海外展開も可能となるなど、より大きく飛躍できます。


富裕層の方々は、マネーゲームと投資を明確に区別しています。単なるサヤ取りに終始するマネーゲームとは違い、企業活動そのものを応援する投資は、対象となる企業の発展・成長そのものが、社会貢献以外の何ものでもありません。


富裕層は、利益だけでなく、投資の社会的意義も意識している。そうした目的があればこそ、価額の上下に左右されずに長期投資を実行できるわけです。この投資本来の意義について、当社では「いい会社を増やしましょう」というシンプルな合言葉に置き換えて伝えています。


「いい会社」の定義は様々です。たとえば、本業を通じて社会に貢献する、社会から本当に必要とされる会社であること。社員や取引先、地域などその会社に関わる人々が喜びや幸せを感じている必要もあります。また、日本が抱える様々な社会的な課題を解決し、社会の質的発展を導いていける会社が「いい会社」といえます。


我々は現在、投資先のすべてをウェブサイトなどで公開しています。いずれも経営理念を、社内においても社外に対しても共感してもらえるよう、しっかりと発信している「共感資本」「無形性の資産」を持った会社です。


鎌田恭幸の経歴・略歴

鎌田恭幸、かまた・やすゆき。日本の投資家、経営者。「鎌倉投信」社長。島根県出身。東京都立大卒業後、日系・外資系信託銀行などで25年にわたり資産運用業務に携わる。その後、外資系金融会社副社長を経て鎌倉投信を設立。著書に『日本で一番投資したい会社』ほか。

他の記事も読んでみる

フランソワ・デュ・ボワ

しっかりと自己分析する習慣を身につければ、悪いクセに気づいてコントロールできる。


森内俊之

幸い私は、名人位の通算獲得数8期を数え、永世名人の資格を得、40代初の竜王位の獲得も果たすことができました。言わば、棋士として一番上まで登ったわけですから、今後はいかに階段を降りていくかが課題になってくると思います。


岸良裕司

主張が対立していても相手の本当の要望は何かを考えていると、共通の目的があることに気づきます。ここまで来たら、その共通の目的を達成し、双方の要望を満たす方法を全員で考えるのです。共通目的があるのだから、必ず解決策が導き出される。


山下泰裕

世界で勝とうと思ったら、まわりの人の協力を得て、衆知を結集して戦う必要がある。いろいろな分野の優れた方々の知恵をいただくのです。


了徳寺健二

伸びるために必要なのは愚直さ。夢や理想に向かって念ずるような想いを持ち続け、昨日より今日と日々自分を乗り越える努力をできる人、(伸びる人は)そのような努力できる資質をもった人々と言える。


土岐大介

人の話を集中して聞くことができる時間は、だいたい1分間。それ以上は飽きます。顧客や上司に対して、1分間で簡潔に要点を伝えることがビジネスパーソンの最重要スキルです。


モンテーニュ

死ぬときは、仕事の最中であってほしい。


小谷田孝行

ホテル社員はリストラによる人員削減の話がでると必ずと言っていいほど「サービスが低下して売り上げが下がる」とか「ここを改修すればホテルは良くなる」と定性的・観念的に主張しがちですが、一方の投資家には通用しません。投資家は「では、どれだけ売り上げが下がって、あるいは、良くなるとは一体どれだけ儲かるのか」と定数化でものごとを判断します。つまり「数字」です。このように両社の間にはそもそも「共通言語」がなく、これが双方の対立構造の元凶です。そこで私はホテル社員たちに対し「定数化」でホテルビジネスを考えるよう根気よく促しているのです。


古賀信行

楽観主義を貫けるのも、若さの特権のひとつです。


臼井貴弘

高校卒業後入社した会社は、通信機器や保険商品の卸売業を主とした強い営業力で有名な企業で、数字に対する絶対感や、お客さまと全力で向き合う姿勢などを学びました。電話回線サービスの提案などの仕事を担当し、その営業手法や保険の発想を不動産業界に応用したらどうなるかと考えました。


堀場雅夫

おしめの肌触りが良すぎると、赤ん坊は泣かなくなるし、2歳になっても自分でおしっこができなくなる。インキュベーター(孵化器)は必要だが、甘やかしたら抵抗力が身につかず、死んでしまいます。
【覚書き|ベンチャー企業の支援システムが充実しすぎることについて危機感を述べた言葉。】


森正文(経営者)

起業して一番意識が変わったのが「会社はキャッシュがなくなれば倒産」ということです。当たり前のことですが、日本生命という大企業で過ごすうちに、そんな当たり前のことを実感できなくなっていました。ニッセイの資産は兆にのぼる金額ですし、社内資料ではすべて10億円単位で記載されています。そんななかで、大きい数字に慣れてしまって、当事者意識をもって実感できなくなっていました。