名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

鎌田恭幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鎌田恭幸のプロフィール

鎌田恭幸、かまた・やすゆき。日本の投資家、経営者。「鎌倉投信」社長。島根県出身。東京都立大卒業後、日系・外資系信託銀行などで25年にわたり資産運用業務に携わる。その後、外資系金融会社副社長を経て鎌倉投信を設立。著書に『日本で一番投資したい会社』ほか。

鎌田恭幸の名言 一覧

いい投資とは学びや気づきによって価値観や働き方が変わり、人格を磨くもの。


富裕層の多くがお金を増やすこと以上に、お金を減らさないことを重視している。


先進国にはモノやサービスがあふれている。企業は非常に厳しい競争にさらされていて、社会をよりよくするようなビジネスでないと、結果として売上高は伸びても利益は出ない。


日本の株式市場や顧客とかかわる中で実感しているのは、企業にとって無形の価値がますます重要になっていることだ。目に見えない企業価値が企業の本当の強さになってきている。


中国やインドなど、モノやサービスを必要とする市場はまだ圧倒的に存在するが、日本を含めた先進諸国に求められているのは社会の質的な転換だ。規模的拡大を前提としたビジネスモデルの延長線上に未来はない。あるとしてもごく一部の、本当に力を持った会社だけ。ひとつの業種で2社も3社も成功することはないだろう。


日本は、子供がお金や経済について触れる機会、勉強する機会などをもっと増やすべきだ。お金って何なのか。より会社の経営者はどんな発想をするのか。企業との接点を増やすのはよいことだ。当社の説明会には、高校生や子ども連れの親もやってくる。小さいけれども、こんな企業も日本には存在していることを知ってほしい。


投資することによって経済や金融を学ぶだけでなく、頑張っている社長の生きざまから影響を受けることもある。よい投資は人格を磨く。自分自身が主体性を持つことにより学んだり気づいたりする機会が増えるからだ。


リストラだけでは、長期的に競争力のある経営はできない。企業と社会の利益は二項対立ではない。両者が同じ方向を向いている企業が求められるし、収益を出している企業も少なくない。企業のあり方がかなり変わってきたな、と感じている。


一昔前の企業の存在意義は利益を生むことであり、ひたすら効率性を求めていた。しかし、これからの企業は、自分たちだけが利益を得るのでなく、社会に価値を提供することが求められる。目に見える商品や財務諸表も大事だが、社員の満足や社会への貢献度合いのことも考える必要がある。


少年時代、生活は豊かではなかったけれど、精神的には貧しくありませんでした。それは豊かな自然と人に囲まれていたからです。そんな環境が、人はお金で満たされるのではないということを、私に教えてくれたんです。


社長さん達の講演では、株価や業績の話でなく、それぞれの思いを伝えていただきたいとお願いしています。そうした堅実で誠実な経営者に会って話を聞くと、投資家は襟を正し、株価ではなく事業そのものの価値で投資する大切さと誇りを感じてくれます。それは企業にとっても同じですよね。信頼は信頼で返そうと、お互いに思えるようになるのです。


大企業ほど経営理念が浸透しにくいので、小さな会社こそ持続的な成長を期待でき、魅力的です。新しい事業に挑戦している会社なら、たとえば海外展開も可能となるなど、より大きく飛躍できます。


富裕層の方々は、マネーゲームと投資を明確に区別しています。単なるサヤ取りに終始するマネーゲームとは違い、企業活動そのものを応援する投資は、対象となる企業の発展・成長そのものが、社会貢献以外の何ものでもありません。


富裕層は、利益だけでなく、投資の社会的意義も意識している。そうした目的があればこそ、価額の上下に左右されずに長期投資を実行できるわけです。この投資本来の意義について、当社では「いい会社を増やしましょう」というシンプルな合言葉に置き換えて伝えています。


「いい会社」の定義は様々です。たとえば、本業を通じて社会に貢献する、社会から本当に必要とされる会社であること。社員や取引先、地域などその会社に関わる人々が喜びや幸せを感じている必要もあります。また、日本が抱える様々な社会的な課題を解決し、社会の質的発展を導いていける会社が「いい会社」といえます。


我々は現在、投資先のすべてをウェブサイトなどで公開しています。いずれも経営理念を、社内においても社外に対しても共感してもらえるよう、しっかりと発信している「共感資本」「無形性の資産」を持った会社です。


鎌田恭幸の経歴・略歴

鎌田恭幸、かまた・やすゆき。日本の投資家、経営者。「鎌倉投信」社長。島根県出身。東京都立大卒業後、日系・外資系信託銀行などで25年にわたり資産運用業務に携わる。その後、外資系金融会社副社長を経て鎌倉投信を設立。著書に『日本で一番投資したい会社』ほか。

他の記事も読んでみる

杉田敏

アメリカ人との商談で注意したいのは、相手の住んでいる地域についての質問。日本ではそうでもありませんが、アメリカでは住んでいる場所からどの程度の階層に属しているかがだいたいわかるからです。


森永卓郎

「将来の不安が消えない」という人には「会社員をしながら副業をすること」を勧めます。今でこそテレビで様々な解説をしている私も、出発点はある「副業」だったんです。私自身は大学を卒業後、日本専売公社、シンクタンク、大学教授と、一貫して「会社員」なんです。と同時に、副業経験も豊富で、結果、いまのような「マルチ評論家」に辿りついていきます。きっかけは、バブル前に買ったマイホーム。ローンを払うと月6万円しか手元に残らず、突然の冠婚葬祭などがあると、とてもじゃないが家計が回らない。そこで技術者向け雑誌でライターの副業を始めたんです。生活がかかっているから締切も必死に守りましたよ。それを続けるうちに信頼が重なり、コネができる。気づけば連載の本数が20本、30本と増えていったんです。


杉江俊彦

二極化した購買行動が、世界的に出てきています。「何か買うならいいモノを買う。いいものでなければできるだけ安く」と考える人が増えています。中間価格帯で勝負をしても、もう駄目。本当に売れなくなっている。中間は駄目ですね、そこは捨てていかないといけない。


加賀見俊夫

私は同期の中でも役員になるのが一番遅かったんです。でも、いずれ追い付くだろうと思っていました。とにかく自分の仕事をしっかりやっていればいいんだと。


内海桂子

(内海)好江ちゃんとコンビを組んだとき最初は相当きつく当たりました。そのとき彼女は何もできなかったので、「ばか」とか「間抜け」とか言いました。でも、あたしゃ江戸っ子だから、そう言っても「こうだからダメなんだよ」とちゃんと理由も説明しましたよ。


安本隆晴

今の時代、やり方しだいではいくらでも知恵を発揮する場面があり、誰にだって、どんな企業にだってチャンスはあります。


森俊一

神は細部に宿るんです。それにデベロッパーは更地の状態で販売しますから、プレゼンテーション力は必須です。


竹田陽一

社長が責任をもって担当すべき役目を正しく認識すること。次に、その役目の内容を高めるためにいろんな研究をして実力を高めること。何よりも社長の実力をつけることです。従業員の実力を問題にするのはそのあとでいいのです。


川上未映子

20代、30代は世界にどんな違和感があって、自分がどんな風に生きていけばいいかってことで精一杯でした。30代で自分を確立しようともがいて、子供を産んで育ててみて、40代になった今だからようやくこういう状況が整った気はしますね。機は熟した、みたいな。言葉と自分との間に信頼関係ができたことも大きいです。


中西勝則

私どもの地域では東海地震の発生が想定されています。実際に起きたら、それは文字通り想定外のものになってしまうかもしれませんが、あらゆる事態を想定して、日頃から万全な備えを行っておくことは非常に大切なことです。


中本晃

当社には昔から「まずやってみよう」という挑戦心を育む風土があります。この伝統がいま、お客様の要望に迅速に応え、形にする元となっているのです。


山中伸弥

奈良先端科学技術大学院大学に行ったのはよかったのですが、またゼロからのスタートです。環境も変わり、研究にも時間がかかる。最初の3年くらいは、なかなか良い論文が書けませんでした。この間、非常にもがき苦しみました。そんな時、いろいろな本を読む中で出合ったのが、「高く跳ぶためには思い切り低くかがむ必要がある」という言葉だった。「そうか。今、自分はかがんでいるんだ。ジャンプするためにかがんでいる時期なんだ」と。その言葉に出合ったことで救われたし、明日への励みにもなりました。