名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

鎌上信也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鎌上信也のプロフィール

鎌上信也、かまがみ・しんや。日本の経営者。「沖電気工業(OKI)」社長。山形県出身。山形大学工学部卒業後、沖電気工業に入社。ハード開発第二部長、自動機事業部長、執行役員、常務執行役員、取締役常務執行役員、経営企画部長などを経て社長に就任。

鎌上信也の名言 一覧

成長が見込まれる市場でも、短期的に見れば浮き沈みが激しい時期もあり、耐える体力が必要な期間もある。


企業が存続して行くには、既存の事業にこだわっていてはダメ。新しいものを常に生み出していくことが必要。


攻めの姿勢は打ち出しますが、守りも大事。今のOKIの弱点は財務です。自己資本比率が20%台では、我々の事業規模からすると脆弱過ぎる。会社を取り巻く経営環境は目まぐるしく変わるので、まずは厳しい状況になっても耐えられる財務基盤を作る必要があります。そのためには、自己資本比率をもっと上げなければいけません。


金融事業のATMや現金処理機、航空会社向けのチェックイン端末などの事業は手堅く稼げているものの、技術を応用して他の新事業に広げていかないと会社の未来がない。


今ではコンビニエンスストアなどにあたり前のように設置されているATMですが、開発当時は多くの苦労があったのです。なにしろ、世界で初めてのリサイクルATM(引き出しだけでなく入金もできるATM)開発です。事業所内は一大プロジェクトを成功させようと技術者の先輩たちが盛り上がっていました。そこに放り込まれた私も先輩方についていこうと必死です。毎日が残業で、給料も基本給より残業代の方が多かった(笑)。それくらい大変な部署でしたが、先輩たちの「俺たちの手で絶対成功させてやる」という意気込みを目の当たりにすると、新入社員が弱音など吐いていられませんでした。ここでの経験が私の企業生活の原点となりました。


鎌上信也の経歴・略歴

鎌上信也、かまがみ・しんや。日本の経営者。「沖電気工業(OKI)」社長。山形県出身。山形大学工学部卒業後、沖電気工業に入社。ハード開発第二部長、自動機事業部長、執行役員、常務執行役員、取締役常務執行役員、経営企画部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

BNF(ジェイコム男)

儲かっても、損しても精神的にかなりきつい。やっててつらいんです。1回この世界に入ったら、何をしていても株で頭がいっぱいになる。やめたいのに、やめられない。家族からも「やめたら」と言われる。でも、いつでも値動きがある。もうけのチャンスがそこにあるのに、失うこともつらい。出来たはずのことをしなかったことで仕事放棄のような気がしてしまうんです。


内田勝規

現地に足繁く通うことで、「実はこれが美味しい」「この材料を使いたい」など、商品開発のヒントが出てくる。現代は効率が求められますが、付加価値は手間暇をかけなければ生まれないと思っています。


太田彩子

気が進まない仕事はどうしても後回しにしがちですが、私はできるだけ早い時間帯に片づけることを意識しています。たとえばクライアントや上司への悪い報告は朝一番が最適です。朝は相手も元気で、精神的に余裕があります。そのため悪い報告をしても、いい方向に話が進みやすいのです。


宮沢俊哉

「どんどん失敗せよ」と再三伝えているので、当社にはクヨクヨ気分を引きずらない気風があるのかもしれません。


渡辺謙

超一流の仕事といえるのは、つまるところ、自分の仕事や人生にどこまできちんと向き合えたかじゃないでしょうか。


本庄八郎

本人も不退転の決意だったと思います。でも、そのくらいの覚悟がないとアメリカでやってはいけない。孤軍奮闘で誰も応援してくれないと思いますが、アメリカで人間関係を築くことができれば変わると思います。正直に言えば「よくやった」と。だけど本人の前では言わないです(笑)。

【覚え書き|米国籍を取得してまでアメリカでのお茶の普及に尽力した甥の本庄洋介取締役に対して】


ガー・レイノルズ

日本には「起承転結」という言葉があるにも関わらず、驚かせる部分やクライマックスがなく、ストーリー性がないプレゼンテーションも多い。情報を並べているだけなのです。


田中耕一

文系、理系を問わず様々なバックグラウンドをもつ人たちが率直に意見を交換できれば、凡人や素人であっても、イノベーションは起こせる。


片岡鶴太郎

私が筆を持ち始めたのは40歳になる頃です。ボクシングをやり、映画にも出演し、役者として様々な役を経験し、充実した30代でした。ところが、その終わりにかけて、生きていく核をすべて失ってしまったかのような無常感に襲われたんです。明日から40代、なにをしたらいいのだろう……。そんな漠然とした焦燥感を抱えて、京の寺で座禅を組んでみたんですよ。そんなある日、自然が目に飛び込んできたんです。花がきれいだ。月が美しい。夕陽に胸がきゅんとする。これを絵にしてみたいと思ってしまったんです。


小杉友巳

私は仲間こそが生涯現役の一番のキーポイントだと考えています。人は一人では生きていけませんし、一人でできることも限られています。仲間とはあなたのできないことを助けてくれる人たちであり、またあなたにしかできないことで助けてあげられる人たちのことでもあります。


アンドリュー・カーネギー

「私に全責任を負って支払うことができないものに署名しない」という方針にどこまでも忠実であるのをのべ、また、西部開拓者の一人である私の友人が語った言葉を告げた。「渡ることのできないところへ入ってはいけない」というのである。今度の川は私にとって深すぎた。【覚書き|仲間から持ちかけられた新しい鉄道事業の保証人になることを断ったときの言葉。自分の能力からかけ離れたものや、現実不可能だと思われるものに投資はしない。美味い話にすぐに飛びつかないこと。※カーネギーの読みどおり、この鉄道会社は軌道に乗る前に倒産した。】


加藤一二三

音楽は解説がなくても感動できるんですが、将棋の場合は解説が必要なんです。解説を読むと、将棋の奥深さが伝わり、感動を伝えられる。だから僕は自分の名局を解説して、より多くの人に将棋の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。