名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鍜治真起の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鍜治真起のプロフィール

鍜治真起、かじ・まき。日本の経営者。パズル雑誌を扱う出版社ニコリの社長。北海道出身。慶應義塾大学国文科中退後、溶接工、薬品翻訳、出版社、そのほか多数のアルバイトを経験したのち、印刷会社に就職。営業として同社に在籍中、日本初のパズル専門雑誌『パズル通信ニコリ』を創刊。数独パズルを世界的なブームに成長させた。

鍜治真起の名言 一覧

規模が大きくなると、どうしても商品やサービスが、自分の手の届かない読者やお客さんに向けたものになってしまいます。でも、手の届かないお客さんに向けた仕事って、どうなんでしょう。どうも僕にはピンときません。


あくまで自分が楽しいと思うものを、目の届く範囲で提供したいだけ。それが僕にとっての仕事の楽しみ方です。


好きなことが仕事なら、それが一番楽しんで働ける要素になるでしょう。孔子も、「好きなことを仕事にしなさい。一生働かなくて済む」といっています。


どんな人にも、仕事を楽しめる自分と、楽しめない自分との両面が存在すると思います。そのどちらかが表面に出てきているわけで、何かのきっかけで、仕事の楽しさは突然、逆転するものだと思います。


いま実践しているのは、会議をなくすことです。次々と会議をやめて行っても、とくに困ったことはありません。代わりに僕が知っておくべき情報は、現場から直接あがってくるようになりました。つまり、社員一人一人が自分の仕事に自覚をもって取り組んでいけば、必要に応じて主体的に集まったり相談したりと、意見調整できるものなのです。


「自分は何が好きか」などと、あまり真剣に考えすぎても、委縮して身動きが取れなくなってしまいます。ですから、「自分がやりたいのはこれだ!」などと頑なになりすぎず、「なんとなくこちらだと、やる気が出るな」といった感性にも目を向ける。そうして自分の尺度にあった仕事を求めていけば、いいのではないでしょうか。


ニコリも数年前までは、役員が集まって、書店のデータを分析したりする営業戦略会議をやっていました。でもよく考えると、細かい数字を知るべきなのは、書店周りをする営業マンで、役員全員が4~5時間もかけて話し合う必要はないことに気づいて、やめました。同様に制作会議も、長く続けると、次第に社長の僕に見せるためだけの資料が出始め、これではクリエイティブでないと、やめました。


目指す会社像は、ひとことで言うと「カッコいい会社」です。


売上や利益の数字が増えた方がいいとは思いません。毎年、決算数字が変わらないのが僕の理想です。その方が、税金の額もすぐにわかるし、突然仕事が増えたりもしないから楽ですよ。僕は根っからのギャンブラーで、お金なんてどれだけあっても、しょせんあぶく銭だって知っているから、お金のために働こうとは思いません。


『数独(大ヒットした数字パズル)』は神様のくれたご褒美です。それ以上のものではありません。正直言うと、数独のヒットはニコリにとって、決してプラスではありません。自分たちの手を離れて、どこか独り歩きしているような感覚ですから。潜水艦のように、深く沈んで静かにじっとしている方がいい。それが、間違って浮上しちゃっている状況なので、そろそろもう一度潜らなければと真剣に思っています。


僕にとってニコリというのは、デリバリー専門のセンターキッチン方式ではなく、奥の厨房でつくった料理を、カウンターで直接お客さんに手渡しする弁当屋のイメージなのです。ですから、お客さんの顔が見えている限り、わざわざお金をかけてマーケティングする必要もないし、読者の意見を聞きたければ、2か月に1度、読者が集まる会合を開いているので、そこで聞けばすぐにわかります。むやみやたらに拡大路線をとっていないので、十分な顧客情報が手元に集まるのです。


数独が大ヒットしても、非拡大路線は変わりません。いまでも書店一軒一軒の配本部数を合計して、刷り部数を決めています。こうすると、たとえば広島のある書店の配本が、5部から20部になったら、「この前、僕が広島のラジオに出演したからだな」などと、理由もちゃんとわかるんです。


日本初のパズル専門誌を創刊して3年目、パズル誌のジャンルに大手出版社の参入がありました。しかし、読者層の拡大を図ろうとすると、どうしてもパズルを解くと商品がもらえるような、プレゼント雑誌になってしまいます。それよりも僕らは、あくまで質の高いパズルを、自分たちの手が届く読者の方に提供したかった。そんなふうに拡大路線に走らなかったことが、結果的によかったと思います。


起業当時、僕はどんな書店でも、売り込みに行けば、すぐに置いてもらえるものだと思っていました。でも、行く先々で、「扱ったことがない」を断られる。いままでにない雑誌だから創刊したのに、断られ続けると、次第に書店を回るのが嫌になりました。ある書店で、「売り込んでも置いてくれない店で、頭を下げ続けてもしょうがない。見込みのある店だけで部数を伸ばせばいいんだよ」と助言をいただいてから楽になりました。それからは、あくまで直販にこだわり、自分の面識のある書店だけに、足を使って販売するという方針を続けました。


最初は、完全にパズルは門外漢でした。でも、たまたま目にしたアメリカのパズル雑誌が面白くて、そのころの日本にはまだパズルの専門誌がなかったので、「じゃあ、やってみるか!」と始めたわけです。ニコリの立ち上げメンバーは、僕を含めて3人。当時、全員パズルに関しては素人で、雑誌づくりのノウハウもないから、苦労しました。


僕はもともと、出版社や印刷所に勤務しているときから、「いつか自分で雑誌をつくりたい」という気持ちがありました。


鍜治真起の経歴・略歴

鍜治真起、かじ・まき。日本の経営者。パズル雑誌を扱う出版社ニコリの社長。北海道出身。慶應義塾大学国文科中退後、溶接工、薬品翻訳、出版社、そのほか多数のアルバイトを経験したのち、印刷会社に就職。営業として同社に在籍中、日本初のパズル専門雑誌『パズル通信ニコリ』を創刊。数独パズルを世界的なブームに成長させた。

他の記事も読んでみる

山崎章郎

いまは人間の死に方がおかしくなっている。救命の治療ではなく、延命の治療になっている。人間、死にたいように死ぬのが一番で、酒飲みは酒を飲みながら死んだっていいし、ヘビー・スモーカーはタバコを吸いながら死んだらいい。


田中愼一(田中慎一)

いま企業はブランドよりもレピュテーションに注目しています。まだ知られていない企業や商品に対しての認知度を引き上げてる来るのがブランドです。それに対して、ブランドの成長とともに膨らんでいくのがレピュテーション、つまり評判です。ブランドに対する期待値といってもいい。


ケリー・マクゴニガル

結果的に悪いことをしてしまった人のほとんどは、よいことをしたいと思うところから始まっている。


長島聡

良い製品を造れば、それを買って喜んでくれる人がたくさんいる。QCサークル(小集団改善活動)で面白い改善を実現できたら、それは充実感につながります。B2Bの素材メーカーの人であっても、最終的なユーザーが満足しているかどうかを知ることは大事です。自分の仕事の価値が理解できますから。会社の進化、製品の進化を現場の従業員が感じられる状態にしていく。そうすれば、現場で働く人のモチベーションは高まり、本質的に間違っていることをしないようになるはずです。


大橋未歩

経験は組織が与えてくれるものであると同時に、人が与えてくれるものだと思っています。私はこれまで番組スタッフや出演者、取材対象者など多くの人と出会うことで育てられてきたと実感しています。お世話になった人から頼まれた仕事は断らないと決めているのは、せめてもの恩返しです。


小杉俊哉

目標設定については、「50%ルール」がよく知られています。これは「達成できるかできないか、可能性は五分五分」というギリギリのラインで目標を設定すると、人は最も高いモチベーションで頑張るという法則です。ところが例外もあり、「誰も成功したことがないような無理難題ほどやる気が出る」というタイプが、どの組織にも1割から2割はいることがわかっています。この例外タイプには、とてつもなく高いアウトプットを求めたほうが、本人のやる気も成果もアップするわけです。よって上司は部下をよく観察し、どのレベルの目標を与えればその人の能力を最大限に引き出せるのかを見極めなくてはいけません。そのためには、最低でも週に一度、部下と一対一で話す時間を作り、仕事の振り返りと目標設定について話し合うことをお勧めします。


小沼大地

日本の企業は必死に変わろうとしています。真ん中の層がどう考えているのかわからないところがありますが、経営者はこのままではいけないと危機感を持っているし、若手は社会を変える仕事をしたいと思っている。出る杭は、むしろ歓迎されますよ。


川越達也

目の前のひとつひとつの仕事でヒットを打っていくことが大切。


野口美佳

時代を予測する感性を身につけるには、体感するのが一番です。業界や商材、ビジネスに関する感覚を現場で貪欲に吸収することが不可欠です。それと、私が実践しているのは、「なぜそれが欲しいのか」「なぜそう思うのか」を常に考えることです。そこに、ビジネスチャンスがあるのだろうか、と。


山内隆司

かつては作業所長の属人的な能力や人柄、人脈に負う面が多くありました。「あの人のためなら一肌脱ごう」ということで仕事が動いていった。しかし、当社が常時抱えているプロジェクトは国内外合わせて約2000もあります。属人的な能力だけに依存してそのすべてに最適な資材と労働力を投入するのは、限界があります。


坪田信貴

僕は学生時代を「個人主義の国」と言われるアメリカで過ごしましたが、あの国で学んだのはむしろ、「経済合理性を追求すると個人主義では駄目」ということでした。自分の成功のみを考える個人も企業も、意外に早く限界を迎えるのです。ライバルを蹴落とすような人や組織は、信用されないからです。


川辺清

私自身、現在は現場に入ることはないんです。飲食に限らず、業態開発に関しては、すべてを社員に任せています。1つ言うのは、発案者に勝算があるのか問うだけです。それも厳しい状況に追い込まれるようであれば、私を頼ればいいんです。私もそうでしたが、長い人生で失敗がないはずはありませんよ。