名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

鍋島直茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鍋島直茂のプロフィール

鍋島直茂、なべしま・なおしげ。戦国時代・安土桃山時代の武将。肥前佐賀藩の藩祖。豊臣秀吉に高く評価され、主君の龍造寺家に代わって国政を担うように命ぜられる。その後、龍造寺家家臣団を率いて朝鮮出兵に参加し、肥前佐賀の実権を握る。関ヶ原の合戦では尾張の穀物を買占め家康に献上し、西軍諸侯の城を攻める。これらの活躍が評され以後の鍋島家の礎を築いた

鍋島直茂の名言 一覧

下輩の言うはよく通じ難し、ゆえに助けて聞くこと肝要なり。下輩なれどその心は天の真を受けて、人と生れたる者なれば、その理は聖人君子の言に符合すること多し、あなどり、笑うことなかれ。


人間には上中下の3種類がある。上というのは、他人の良い分別を自分の分別とすることである。中というのは、他人から意見をされてそれを自分の判断に変えることのできる人物である。下というのは、他人から良いことを言われてもただ笑って聞き流す人間のことだ。


いかに知音(ちいん。自分の心をよく知る友人知人)を持つとも、頼まずに、ただわが身ひとつと心得べし。


時節到来すれば家が崩るるものなり。その時崩すまじきとすれば、きたな崩しするなり。時節到来と思わば崩したるがごときなり。その時は抱きとどまることもあるものなり。【意訳:時が来れば家や組織は壊れるものだ。その時に往生際悪く壊さないようにすると、かえって見苦しく壊れる。それよりも、家や組織が壊れる時が来たと思ってさっさと壊してしまえば、かえって持ち直すこともある】


鍋島直茂の経歴・略歴

鍋島直茂、なべしま・なおしげ。戦国時代・安土桃山時代の武将。肥前佐賀藩の藩祖。豊臣秀吉に高く評価され、主君の龍造寺家に代わって国政を担うように命ぜられる。その後、龍造寺家家臣団を率いて朝鮮出兵に参加し、肥前佐賀の実権を握る。関ヶ原の合戦では尾張の穀物を買占め家康に献上し、西軍諸侯の城を攻める。これらの活躍が評され以後の鍋島家の礎を築いた

他の記事も読んでみる

吉行淳之介

私は自分の持病と一生連れ添う覚悟を決めています。できるだけ病気を飼い慣らしておとなしくさせるという方針を立てました。


熊谷正寿

「50歳のときにはこんなことをしていたい。60歳になったときには、これを実現していたい。そのためには……」というふうに考えると、誰だって自分の健康を強く意識するようになるのではないでしょうか。


豊田圭一

僕は自分の能力に期待していません。自分で自信があるのはスピードだけだと思っています。だから考えすぎずにどんどん仕事を進めていけます。


桜庭一樹

今回は語ることや読むことを巡る小説になりましたから、やはり、自分はなぜ物語を描いているのだろうと改めて考えることになりました。それで自分の場合には「読まれるため」に書いているのだと再確認して、あとはやはり些末なことだと捉えたんです。


川田達男

リーダーは育てられるものではありません。これが私の持論です。ただ、企業として業容が広がり、規模も拡大しているのに人が育つスピードが追いつかない。ならばせめて「早く育ってくれるような環境づくり」をしようと、始めたのがセーレン塾(幹部候補育成のための社内研修制度)です。


高田明(ジャパネットたかた)

一所懸命にやらなかった仕事は実らない。死に物狂いでやったことは自分に返ってきます。


ハイネ

多くを所有する者は、なお多くを手に入れる。
わずかしか所有しない者は、そのわずかなものさえ奪われる。


金杉恭三

目標とする人は渋沢栄一です。よく、経営は理想を語ってしまいがちですが、同時に「算盤」の重要性も明確に言ってこられた。博学であると同時に、実務における度胸、見識をお持ちであることに非常に感銘を受けています。


水谷孝次

スキルというのは日進月歩するものなので、いま何ができるかというのは、あまり意味がないと僕は思います。


岡本則一

肉体面、精神面のいずれかで昔より間口が狭くなった感じたときが老化のはじまり。


前田正博(官僚)

「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


柘植康英

人は置かれた環境次第で能力以上のものを発揮するし、堕落もする。