名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

鈴鹿可奈子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鈴鹿可奈子のプロフィール

鈴鹿可奈子、すずか・かなこ。日本の経営者。「八ッ橋」で知られる老舗菓子メーカー「聖護院八ッ橋総本店」専務取締役。京都府出身。京都大学経済学部卒業、カリフォルニア大学サンディエゴ校留学。帝国データバンク勤務を経て家業の聖護院八ッ橋総本店に入社。同社でお菓子ブランド「nikiniki(ニキニキ)」を立ち上げた。

鈴鹿可奈子の名言 一覧

新しいお菓子を生み出す場合、安易に考え出したものはすぐに真似をされてしまいます。それに対して、職人が日々研究を重ねて、手間ひまをかけてつくり上げた新商品は、そう簡単には真似することができません。


つながりを大事にするからこそ、ずっと勤めていきたいと望むようになりますし、理念や想いも共有できるのだと思います。


おもてなしとは、一人ひとりのお客様の気持ちを考えること。


入ってみたけど、この店は自分のほうを向いていないと感じたら、お客様は悲しい気持ちになると思います。そういうことはしないのが、おもてなしの大前提。


なぜ、会社がこの場所で続いてきたのか。それは地元の方々が、会社があることを認めて、許してくださっているから。


私どもは、八ツ橋づくりを究めて、食べた方に「美味しい」と言って笑顔になっていただきたい。人を幸せに、社会を豊かにしたいと願っております。


「nikiniki」という新ブランドを立ち上げた時、それまで決まったお菓子だけをつくってきた方に、新しいお菓子を考えてくださいと言っても、なかなか案が出ませんでした。ところが新商品を出してみてお客様から「かわいい!」という反響をいただくと、みんな俄然やる気が出て、次々とアイデアが生まれるようになったのです。


nikinikiでは、私自身が本当に好きだと思うものをつくっているにすぎません。心がけているのは、自分の価値観から離れて、お客様受けを狙うようなことは絶対にしないということ。そういった考えは結構伝わるんですよね。


自分の会社だけ、自分の代だけ利益を上げればいいというものではありません。志を同じくするものが協力し、自分の子供たちの代、さらにその先までともに発展していくことを目指す。うちはそういう会社だと思っています。


八ッ橋を「お土産」ではなく、「日常のお菓子」と見てほしいと思いました。それなら、洋生菓子のように消費期限が短くても構わないし、水分が多いものも持ち帰りやすいように工夫すればいいわけですから。


京都は四季の移り変わりを存分に楽しめる街で、和菓子は昔からその色や形、名前でお客様に季節を感じてもらっていますので、それを八ッ橋でも感じてもらいたいと思っています。ひと月に一度訪れてみたら、先月とは何か一つ変わっている、というルールも設けています。


「伝統のある八ツ橋をこれからも多くの人に食べていただくにはどうすればいいか。どうすれば喜んでいただけるか」というテーマで商品づくりに取り組んでいます。


大学の友人たちに八ッ橋をあげると、「いつもよく食べてるよ」と言ってくれるのは他府県の人ばかり。地元京都の人たちは、「ああ、有名なお土産よね」と少し引いてしまいます。でも、そういう人に勧めてみると、おいしいと喜んでくれて、後々お店にも買いに来てくれますだから、お土産物として敬遠せずに、もっと八ッ橋のおいしさそのものを知ってもらいたいのです。


両親から店を継ぎなさいと言われたことは一度もありませんが、中学生の頃には、将来継ごうと決めていました。大好きな八ッ橋に携われますし、しかもマネジメントをできる機会などなかなか得られるものではありません。せっかく貴重なチャンスを持って生まれたのだから、それを活かしたいと思ったのです。


当社も、全社でも各部署でも忘年会や新年会をしており、宴会は多いほうだと思います。研修旅行にも毎年行っていて、「コストがかかるのでは?」と指摘されたこともありますが、それ以上に得られるものがあると思っています。


以前は従来の業務について何か変えようとすると、父と意見が食い違うことはありました。でも、新ブランドを立ち上げてからは、父はこちらには口を出さないでいてくれるので、かえっていろいろなことが相談しやすくなりましたね。もちろん父がいるから新しいことに挑戦しやすい面もあると思います。


協力会社の皆さんと手を携えながら、日々の事業に取り組んでいます。「玄鶴会(げんかくかい)」という仕入会社の会を結成していて、強固な信頼関係ができあがっています。


私どもでも、懇親会で社長と新入社員が当たり前のように会話していますし、私が座っているところに新入社員がどんどんお酒を注ぎに来て、時には最近読んだマンガの話まで始まったりします(笑)。もしかすると京都企業の特徴といえる部分かもしれません。もちろんすべての京都企業が同じとは限りませんが、私もそういう土壌で育ってきました。


鈴鹿可奈子の経歴・略歴

鈴鹿可奈子、すずか・かなこ。日本の経営者。「八ッ橋」で知られる老舗菓子メーカー「聖護院八ッ橋総本店」専務取締役。京都府出身。京都大学経済学部卒業、カリフォルニア大学サンディエゴ校留学。帝国データバンク勤務を経て家業の聖護院八ッ橋総本店に入社。同社でお菓子ブランド「nikiniki(ニキニキ)」を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

高野秀敏

こんなことをやったら喜ぶかなという軽い気持ちでしたが、参加者には思いのほか感謝されました。以来、いろいろな人が僕のところに転職相談に来るようになったんです。
【覚書き|会社員時代、友人の要請で無料転職セミナーを開いたいきさつについて語った言葉】


ケリー・マクゴニガル

「この失敗は、私が成功(目標)に近づいているサインなのだ!」と考えましょう。それが、失敗や挫折に対処する「最初の一歩」です。


野口吉昭

仕事の遅い人は、考えずに悩む傾向があります。考えることと、悩むことは似ているようですが、まったく違います。考えることができる人は、自分の中に明確な判断の基準があり、決断した理由を論理的に人に対して説明することができます。一方、悩むだけの人は判断基準を持っていないために、問題の周辺をぐるぐるとまわり続け、必要に迫られて仕方なく決断したあとも、本当によかったのだろうかと悩み続けます。仕事のスピードを上げるには論理的な思考ができることが大前提です。


星野佳路

私が最も重視しているのは、一人一人のスタッフに「自分の意見が会社の意思決定に影響を与えている」「経営に参画している」と感じてもらうことだ。会議での決定事項に共感を引き出せたら、決定事項についての実行力も格段に高くなる。


齋藤賢一(経営者)

海外に赴任し現地に溶け込むには、現地の文化へのリスペクトが重要です。たとえばアメリカ人はアメフトと野球が大好き。だからミネソタで仕事をするなら、NFLの「バイキングス」とMLBの「ツインズ」の歴史は知っておいたほうがいい。逆にそうした興味がないと、人付き合いは続かない。


宇野郁夫

世界を構成する一員として、私たち一人一人が取り戻さなければいけないのは、やはり「精神性の高さ」なのだと思います。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

いつまでも若く、疲れない身体を手に入れたいと望んでも、それは「青い鳥」のように実現不可能なもの。しかしそれは、決して悲観することではありません。なぜなら、若い頃には持ちえなかった武器――スキルと経験があるからです。


小山田浩定

社員に何かを伝えるとき、表現に困ったら古典に立ち返ります。


真田茂人

日頃から上司との接触回数を増やしましょう。単純な会話でかまいません。毎朝、自分から近寄って挨拶をする。そして、仕事と無関係の雑談を交わすんです。話題は天気でもニュースのネタでも何でもいい。これを2週間ほど続ければ、上司の対応が変わってきます。


大塚正富

ヒット商品は思わぬ着眼点から生まれる。森羅万象を見ていれば、「ああ、これ何かに使える」っていうのがたくさんある。


土橋章宏

人を喜ばせたい、ということが僕を突き動かしているんです。人のために何かできるということは、自分にとっても楽しい。脚本も小説も、生み出すことの究極の喜びはそこなんです。


赤塚保

いろいろなことができるんですねと言われるが、商売の基本は一緒。お客様に認めてもらえるかどうか。それを見極める眼力が必要。